紅茶の時間のこと

この記事は常にトップに表示しています。
最新記事をご覧の方は、お手数ですが下にスクロールしてくださいませ。

-------------------------------------------------------------

1983年から毎週、水曜の午後は、わが家をひらいて「紅茶の時間」。
きもちを語りあい、聴きあい、そして私たちをとりまく社会についても、
学びあっています。
ゲストのお話を聴く「とくべつ紅茶」や、私がおはなしに行く「出前紅茶」も、時々。
著書に、『きもちは、言葉をさがしている』、『ほめ言葉のシャワー』、
『いのちの未来と原発と』他。
紅茶の時間や本についてのお問い合わせは、水野スウまでどうぞ。

E-mail :sue-miznifty.com(★を@にかえてくださいね)
TEL: 076-288-6092  FAX:076-288-6093

>>>最新作 : 『わたしとあなたの・けんぽうBOOK』についてはこちら→
>>>定番作品 : 『ほめ言葉のシャワー』についてはこちら→

紅茶の時間の作品一覧&インターネットでのご注文は
mai works の WEBSHOP  からどうぞ!

|

2017年5月30日 (火)

国連人権理事会で

藤田早苗さんのFBから。

「ここで政府が書簡にきちんと対応しなければ、6月6日から始まる人権理事会で必ず問題になります。日本は理事国ですよ」

******

書簡、というのは、国連特別報告者のケナタッチさんが、共謀罪によってプライバシーや人権がそこなわれるのではないか、という危惧を安倍首相あてにだしたお手紙のこと。

去年7月、この藤田さんが金沢にお話しにきてくださいました。テーマは「どうなってるの?私たちの、知る+表現の自由〜〜国連特別報告者が日本に来たわけ」。

その時の報告者はデビッド・ケイさん。総務大臣が、電波停止もありうる、と発言したことをとても問題視。日本のメディアに取材して、メディアがいかに萎縮しているかということを調べて、国連に報告しました。

報道の自由は、私たちの知る権利とも人権とも深くかかわっています。だからこそ、ケイさんが国連人権理事会から派遣されて、去年4月に来日されたのでした。

ケイさんも、今回のケナタッチさんも、国連から特別の任務をおっている専門家、他の国からは干渉をうけない、という意味で、独立した方です。官房長官がいうような、国連とはなれて、勝手にうごいている個人、というわけではありません。

国連のサイトに書かれていることと、官房長官の言ってることのくいちがいも、6月6日の人権理事会できっとふれられることでしょう。藤田さんがいってらっしゃるように、日本は理事国なんですものね。

|

公共放送で

参議院で共謀罪の審議、はじまりました。

公共放送の夜のニュースで、キャスターたちは、この法案に懸念懸念、って、言葉でも顔でもいっている。
ところが、映像となると、首相が「テロを防ぐためだ、この条約を批准してないのは先進国では日本くらいのものだ」ということを力説してるとこが流される。

ああ、これを多くの人が信じるのか、、メディアのちからは強大です。


テロ等、と名前がついてるけど、この法でテロは防げないし、この法を通さないとオリンピックできないわけじゃないのに。


日本のカトリック教会も、真宗大谷派も、共謀罪に反対の声明を。この国のおおきな宗教団体がどうしてこれに反対するのだろう、それも多くの人に知ってほしい。

本来なら、創価学会こそ、学会の成り立ちを思えば、真っ先に反対してほしい。治安維持法で逮捕され、獄死された方が、この学会をはじめられたのだから。

|

2017年5月28日 (日)

モリにしますか、カケにしますか

お蕎麦やさんで、お店の人から「モリにしますか、カケにしますか」と言われてあわてふためくお客さん。

175_2

北陸中日に載ってた、佐藤正明さんの3コマ漫画。

その続きが載ってました。
ピンボケですんません。読めるかな。

あまりに秀逸、目のつけどころがすごい!

佐藤さんの描き続けてこられた、政治漫画のあたらしい本がでたばかりのようです。
この10年の総理大臣を漫画にしたものらしいよ。


|

キッズドアの渡辺さんが書いていること

「あったものをなかったものにできない」

キッズドアの渡辺さんから見えている前川さんのこと。
    ↓

前川前文部科学省事務次官が、加計学園をめぐる文書で記者会見をされた。

様々な憶測が流れていて、何が真実か見えづらい。

実は、前川氏は、文部科学省をお辞めになった後、私が運営するNPO法人キッズドアで、低所得の子どもたちのためにボランティアをしてくださっていた。素性を明かさずに、一般の学生や社会人と同じようにHPからボランティア説明会に申し込み、その後ボランティア活動にも参加してくださっていた。

私は現場のスタッフから「この方はもしかしたら、前文部科学省事務次官ではないか」という報告は受けていたが、私が多忙で時間が合わず、また特になんのご連絡もなくご参加されるということは、特別扱いを好まない方なのだろう、という推測の元、私自身は実はまだ一度も直接現場でお目にかかったことがない。

 

担当スタッフに聞くと、説明会や研修でも非常に熱心な態度で、ボランティア活動でも生徒たちに一生懸命に教えてくださっているそうだ。

「登録しているボランティアの中で唯一、2017年度全ての学習会に参加すると○をつけてくださっていて、本当に頼りになるいい人です。」

と、担当スタッフは今回の騒動を大変心配している。年間20回の活動に必ず参加すると意思表明し、実際に現場に足を運ぶことは、生半可な思いではできない。

*****:

渡辺さんの文章はまだ続くので、できたら最後までよんでくださいね。
憲法で高等教育無償化、にするまえに、もっとするべきこと、があると思う。
かけ学園のへの優遇がいかにおかしなことか、くっきりと見えてきます。

|

2017年5月27日 (土)

貯蓄月間

Photo 消費月間と貯蓄月間。
いえ、かけい(家計)の話じゃありません。(加計とかいてカケ、と読む学校問題でもありません)

4月いっぱい、あたまとからだをつかいすぎてしまったら、月末に電池切れしました。ほんで、5月はエネルギーの貯蓄月間にしようと自らに宣言、ひたすら、充電につとめました。
とにかく家でよく休み、一度にいくつものことをしないようにし、たくさんの人と会う場所にもできるだけ行かないように心し。

ひと月かけて溜まった疲れは、回復するにも同じ時間がかかるのは当たり前、と思っていたので焦りはなかったです。しんしん(心身)ウォッチをしていろんなからだの変化に気づいたのもよい経験でした。

からだが緊張して、交感神経でっぱなしだと、寒さを感じなかったり、あくびがなかなかでないものなんですね。
あくびするの大好きな私としては、そのこともとても不自然に思えました。今日あたりからあくびがいっぱいでてきて、きもちいいです。

あくびは古い空気を押し出してあたらしい酸素をからだに入れることかな、と思ってたら、あくびは脳の温度をさげてくれる効果もあるんだって。脳幹にもとてもいい作用をするそうですよ。脳幹っていったら、生命維持装置のある大事な場所だよね。ならなおさら、もっと積極的に、堂々とあくびをしようっと。

|

2017年5月26日 (金)

提案で〜〜す。

Photo 共謀罪国会答弁リーディング、あなたも読んでみませんか。水野スウからの提案です。

平成の治安維持法とよばれる共謀罪。衆院で採決されたけど、国会でどんな議論があったのか、どんな中味の法案なのか、一体どのくらいの人が知っているでしょう。
金沢の友人の小原美由紀さんが、国会での答弁を日頃からたんねんに書き起こしたものがあって、それを輪島の友人が、声に出して読んでみようよ、と提案し、5月15日にわが家に集まった5人で、それぞれ、金田法務大臣や民進党の山尾しおり議員や安倍首相になりきって、音読してみました。すると、見えてくる見えてくる。大臣が質問に何も答えていないことや、この法案をまったくわかってないことや、法案の危険性や、安倍さんの答弁のごまかしなどなど、おかしいほどに実感します。まるで喜劇のようです。

こんな身もふたもない答弁で、テロ対策を口実にしたアブナイ法律ができ、仲間とのコミュニケーションが監視され、おかしいことにおかしいと声あげることがためらわれるようになったら、ものいう自由はどんどん小さくなっていきます。その結果、政府のすることに何も文句を言わない人だらけになった社会を想豫するとぞっとします。

その日以来、石川では毎日のようにどこかしらでこの国会答弁リーディングが行われています。誰かの家で、金沢のカフェで、公園のピーステント前で、共謀罪反対の集会で。それを知った人たちがまた全国各地でこのリーディングをはじめました。

完全ノンフィクション国会答弁書き起こしのシナリオは、パソコンで「コッカイオンドク」と検索すればでてきて、「台本はこちら」というところから、誰でもそれをプリントアウトすることができます(PDFに娘が起こしたのも載っているので、それをダウンロードしてお使いください)。

一回分は読めば5分から10分以内。これは、と思う日のを自分たちで選び、たとえば試しに3日分を読んでみる、というのもいいですね。一回読み終わるごとに、感じたことなどシェアしあうのも大事。つながっている方たちの間でも、どうでしょう、このリーディング、気軽にやってみませんか。共謀罪を知るためにできること、これもふだんの努力の「12条する」の一つ、と思います。

https://believe-j.jimdo.com/台本はこちら/

*******

来週、東京にいくので、6月3日午後、娘の家でもこじんまり音読会をします。定員は10名ほど。参加ご希望のかたは私までご連絡ください。詳しい場所など、お伝えしますね。

|

2017年5月24日 (水)

今日の草かふぇ

Photo 今日の草かふぇ、参加者は4人。5月19日のもっきりやさんでの音読会の様子の録画(石川テレビさんの夕方のニュース)をまず見てもらってから、音読会スタート。

今日読んだのは、2月27日の金田大臣と山尾さん(通信傍受にかかわるところ)と、4月17日の金田大臣と山尾さん(キノコ採りも共謀罪?)と、4月19日の安倍内閣総理大臣と山尾さん(「そもそも」発言がはいってるところ)の3日分です。

役を入れ替わって読み、1回ごとに感想を言いあって。
こんなこと、国会で話してたんだ!いや、何にも答えてないよねまったく大臣はわかっていないんだね。
それがリアルにわかります。

国会答弁の第一次情報を、こうして読んで、国会のひとかけらを自分ごとにしていくこころみ、全国にひろがりますように!

来週の草かふぇでもまた、今日のと違う日のをよんでみるつもりです。

|

今日の草かふぇと、6月のけんぽうかふぇ

17522 5月19日の東京新聞に載った記事が、ていねいな「前文」つきで、22日の北陸中日新聞社会面に。

去年、憲法の授業を大学でさせてもらった時、取材に来てらした中日の記者さんが、一人一人がpeaceの pieceになる、という言葉を覚えててくださって、この記事の前文や見出しに、それを活かしてくださいました。ありがとさんです!

******

6月の日曜日けんぽうかふぇのご案内。

ぼちぼちと、はじめてや2回目の方たちからお申込みいただいています。

今週火曜日にルビーナさんでひらいた、けんぽうかふぇ。主催者は私。人数は17人ほど。初めての方が3分の2、残りの方が、2回目の方たち、という新鮮な顔ぶれ。

これと同じ方式、スウが主催のけんぽうかふぇ、6月に2回目をすることにしました。前回平日だったので、今度は日曜日に。会場は津幡のわがやです。

こじんまりでも、こんな種まきがきっと、ひとりひとりがけんぽうを自分ごとにしていくこと、12条することにつながっていくこと、そう実感できる時間になったものですから。

けんぽうきほんのきを中心に語りますが、12条する、の例としては、直近の共謀罪国会答弁かきおこし音読会の話もしましたよ。きっと6月のけんぽうかふぇでもね。

紅茶の時間けんぽうかふぇは、
6月18日(日)開場は1:30 話は2:00〜4:30
参加費は、お茶とおかしつきで500円
参加資格は、スウのけんぽうばなしを初めて聞く方か、2回目の方、または久しぶりに聞く方。定員は15人くらいまで。(私の声が小さいので、大人数の会にはしないのです)
@紅茶の時間 津幡町水野宅

要お申し込み。ご希望のかたは、どうか私までご連絡くださいね。

|

今日草かふぇで音読会

共謀罪、きのう衆院で採血、もとい、採決!

国会答弁音読会、(リーディングという人もいるけど、同じだよ)は、5月15日の津幡からはじまって、全国でひろがってます。東京の多摩、新潟、北海道でも。
その様子が、今朝23日のこの北陸中日の社会面に、多摩でのリーディングの様子の写真入りで載っています。
今日23日は、紅茶内、草かふぇ(3:00〜4:00)でも、3日分くらいを読もうと思っています。国会音読のこれまでの流れを説明するのに、この記事もとっても役立ちます。だれでもどうぞ〜〜。

|

2017年5月21日 (日)

きょうぼうざいに、NO!

175 金沢の四高記念公園に、もっていったボード。
表に、「わたしの心を見張らないで わたしの言葉を奪わないで
私たちの信頼を分断しないで」
裏に、「NO!  きょうぼうざい conspiracy crimes」と書きました。

175no

この法は、私のこころのうちを取りしまろうとするもの。私がなに考えてるか知ろうとするもの。常日頃から、ひととひとのコミュニケーションを監視するもの。
警察があやしいと思ったら、計画段階でそのひとを取り調べることができる、ってことは、日々ふだんから監視の網をかぶせておかなきゃできない、ってことだよね。

一般の人には関係ありません、という。だんだんわかってきたぞ、その一般のひとって、政治に興味ない、私に関係ない、エライさんにおまかせしとけばいい。政府のすることに疑問いだかず、文句いわず、おかしいことにおかしいといわず、国会前なんかにいかず、おとなしくしている人のことなんだ。
ってことは、私、一般の人じゃなくない?

*******

集会の前には、またまた、国会答弁書き起こしの音読会(リーディング、っておしゃれに?呼ぶ人もいるけど。要は、どちらでも)
すっかりはまり役の早苗ちゃん(山尾議員役)、そして、金田大臣役の高田さん、委員長役の森市議さん。

私が公園についた時には、メディアと議員との関係のとこ、山尾さんが発言してるとこでした。
安倍首相が答弁する別の日のもありました。

国会答弁をくりかえし声にだして読んでいく中で、いかに担当大臣が質問に答えていないか、いや、答えられないでいるか、だからはぐらかすか同じ言葉をくりかえすしかないのか、が、まざまざ実感できます。
そして、こういう虚しい30時間のすえに、審議は十分尽くされた、とみなす人がいて、強行採決とあいなったのでした!

ぜひ、各地でもとりくんでくださいね。今日だけでも、多摩や新潟や北海道で、同じかきおこしを共有して、リーディングが行われてる由。すごいねえ!

集会後の、デモの列はとても長かったですよ。5月の風吹き渡り、気持ちよく歩き、懐かしい顔にもいっぱい会えました。歩きおわって、解散地点の向かいのお茶やさんで食べた、抹茶ソフトフロートの美味しかったこと!!



|

2017年5月20日 (土)

6月のけんぽうかふぇ

096 今週火曜日にルビーナさんでひらいた、けんぽうかふぇ。主催者は私。人数は17人ほど。初めての方が3分の2、残りの方が、2回目の方たち、という新鮮な顔ぶれ。

これと同じ方式、スウが主催のけんぽうかふぇ、6月に2回目をすることにしました。前回平日だったので、今度は日曜日に。会場は津幡のわがやです。

こじんまりでも、こんな種まきがきっと、ひとりひとりがけんぽうを自分ごとにしていくこと、12条することにつながっていくこと、そう実感できる時間になったものですから。

けんぽうきほんのきを中心に語りますが、12条する、の例としては、直近の共謀罪国会答弁かきおこし音読会の話もしましたよ。きっと6月のけんぽうかふぇでもね。

紅茶の時間けんぽうかふぇは、
6月18日(日)開場は1:30 話は2:00〜4:30
参加費は、お茶とおかしつきで500円
参加資格は、スウのけんぽうばなしを初めて聞く方か、2回目の方、またはひさ〜〜しぶりに聞く方。定員は15人くらいまで。
@紅茶の時間 津幡町水野宅

要お申し込み、ご希望のかたは、どうか私までご連絡くださいね。
076−288−6092の水野まで、またはメールでも。

|

たまtsukiの高坂さんのブログから

池袋でオーガニックバーをひらいている、今は週休3日のお店、「たまにはtsuki でも眺めましょ」店主の高坂勝さん。

前に3年近く金沢に暮らし、その時にであって、ピースウォークも一緒にしたね!紅茶にもきてくれたね。

その高坂さんも東京新聞よんでたんだ。
ブログにこんなふうにかいてくださいました。

その中に、高坂さんの出会った金沢の仲間たちの名前もいっぱいでてくるので、うれしくて、シェアさせてもらっていい?ってお訊きしたら、はずかしいみたいなきもちだけどもいいですよ、とゆるしてくださいました。

彼は、たまtsukiの店主さんしながら、いろんなお客さんのおはなしきいて、うなずいて、そっとそっと、たくさんの人のきもちを支えてるひと。彼の生き方、働き方が、いろんなひとに、大事なタネを蒔き続けてるとおもいます。

あ、ブログの中にでてくる、高坂さんに自給のヒントをくれたひとは、藤田祐幸さん、でした。自分もそう思っていたことを、祐幸さんが言ってくださって、それが高坂さんの確信、自信、になったのだそうです。
祐幸さんはもちろん私にたくさんの大事なタネをまいてくださった方だけど、そうか、高坂さんもそのタネをひろっていたんだね。

|

今日の東京新聞、言わねばならないこと

今日5月19日の東京新聞、一面にこんなふうに。

先週の紅茶の時間の草かふぇに、東京新聞政治部の竹内さんが取材にみえました。たいせつなことをとても簡潔に、きっちりと文章にしてくださってて、感謝!


もっきりやさんで共謀罪国会書き起こし音読会をしてる真っ最中に、このめちゃくちゃ問題だらけの法案が、衆議院の委員会を通過した、と、もっきりやさんに取材にきてたメディアの方から知らされました。

この法案の中身がよ〜〜くわかる、というか、いかにむなしい国会答弁だったのかが実感できる、この音読会、全国で多発してほしいなあ。金田法務大臣のセリフを読むこと、山尾さんのセリフを読むこと、で、この法案がどんどん自分ごとになってくよ。
こんな答弁の積み重ねをもってして、審議はもう十分つくした、はい、採決、ってことにされちゃうってこと、どうぞしってくださいな。

|

2017年5月18日 (木)

現代のぬえ

ぬえ。 夜の鳥、とかいて、鵺。妖怪のこと、正体不明のよくわけのわからないもの。

私にとっての現代のぬえは、世論調査として報じられる、内閣支持率。
いったいどうして支持率がこうも高いままなんだろ、とごく素朴に、自然に、疑問を抱く。

今の内閣。目に余る憲法違反の政治をして、憲法違反の法律をどんどんつくって、自分たちだけに都合のいい政治をして、主権者をばかにしきって、他国との緊張を高めて、どんなめちゃくちゃな法律も、数の力で成立させてしまう。

今が今も、共謀罪という、わたしのこころの内やコミュニケーションをとりしまる法律を、まったく不誠実な国会答弁のあげくに通そうとしている。
自由にものいえる社会を、きゅうくつな監視社会に変えようとしている。

このところ、いろんな方からお手紙やメールで、とてもよく似た文面、内容のものをいただくんです。
なぜこんなことになっているの?この流れはいったいどういうこと?こんな危険な内閣が、どうして支持され続けるの?信じられないよ。なぜみんな気がつかないの?いったいどうしたらいいの?これが時代の空気なのでしょうか、もう今は戦前です、などなど。

世論調査では、内閣支持の理由も訊いている。
他の人より良さそうだから、っていうのがいつも大きなその理由。
消極的なこの理由、ほんとにそうかな、とここらでもっと突き詰めたほうがいいんじゃないのかな。
ほかよりまし、という理由で、ほかは頼りないもん、という理由で、このまま、安倍内閣独裁全体主義の国にしてしまっていいの?明治憲法のような憲法につくりかえていいの?

森友学園問題の次(もちろん、未だ終わってないけど)に、やっと加計学園問題が表舞台にでてきた。
おかしなことがぼろぼろでてきてる今だからこそ、ほかよりまし、という理由で、今の内閣を支持し続けていいのかどうか、マジで考える時。
内閣支持率というぬえのかたまりでもって、今の政権を支え、私たちの未来を委ねてしまわないために。
すくなくとも今の憲法があるかぎり、主権者は、私たち一人一人なんだからね。

|

日々、音読会

書き起こし音読会、このページをたどっていくと、ほぼ毎日、ピースリーディングという名でこの国会答弁を読む会が石川で繰り広げられてるのがわかります。

すこし下のほうまでいくと、思考危険公園、(きゃ!!四高記念公園、とかきたかったのに、パソコンがかってにこんな字に変換したっ!私のあたまんなか、読まれたかしら?)もとい、四高記念公園横のピーステントの前で演じられた路上音読劇?が動画でみれますよ。全国の方もこれ、ご参考にどうぞ〜〜。
路上がむずかしいかたは、まずはご自宅で仲間数人と。

シナリオ(完全ノンフィクション国会答弁書き起こし)は、このピースリーディングのページをたどっていくと、「共謀罪って何だ?」のページでよむことができるし、プリントアウトもできます。

明日19日は金沢のもっきりやさんにて、1:00〜3:00 国会答弁書き起こし音読会あります。飯森弁護士さんの解説付きです。読むの恥ずかしい人は、与党野党議員の一人となって、そこにいてきいてるだけでも。

|

2017年5月17日 (水)

けんぽうかふぇ@ルビーナさん

昨日5月16日、ルビーナさんで、私が主催者になっての、けんぽうかふぇ。
096 お二階でみな靴をぬいであがります。くっつけた3つのテーブルが、細長い大きな一つのテーブルとなり、その真ん中に私がすわって話します。
参加人数17人、というのは、テーブルの大きさからも、私の声のちいささからも、ちょうどよいサイズ。
4月末からのどの調子がイマイチよくない私にとって、声を張るしゃべり方しちゃうとかならず、後のち尾をひいてしまうので、その意味でもこの人数でありがたかったです。
私の話をはじめて聞く方が3分の2、残りが2度目に聞く方たち。
きほんのきの話の中では、憲法を守る義務をおっているのは誰?からはじまって、5月3日の安倍さん発言がどういう意味で憲法違反なのか、今の憲法24条がもたらしてくれてるものや、97条の基本的人権が永久の権利として認められていることにもふれて。
13条の発見のとこでは、自分を卑下することは、「国にとって有能な人は尊重するよ、役にたたないひとはいらないよ」という空気(戦前しかり、そして現代、この空気は一層強まってる)に、自ら一つ加点してしまうこと、という話も。
大人の命令のままに行動してきた幼稚園の子どもが、小学校にはいって、好きに絵を描いていいよと言われても何も描けなかった話。それって全体主義みたいだね、と、参加してる人の方が即、この日のキーワードの一つをだしてくれました。
全体主義では、個人は考えることは許されない、個人の意見もない、みんな一緒、を求められる。そいういう時、踏みつけにされ、ないがしろにされるのは、一人一人が身の丈に認められたいと願って生きている、基本的人権そのもの、って思う。
一時間半ノンストップで話したあと、下のレストランにおりて、みなでカレーランチ。
ランチ後、みなさんのひとこと感想を、いつもよりゆっくりとシェア。一時半まで。
まるで授業のあと、いい雰囲気のレストランで、おいしいカレーをたべながらの放課後シェア会みたい、お一人一人が深い話もしてくださって、充実した時間になった、って感じた。
ルビーナさんのお二階は予約すれば誰でもどんなふうにでも使えるので、ちいさなおはなし会に、打ち合わせ会に、勉強会に、どんどん利用してくださったらいいなあ、と思います。
会場はフリーで借りられ、お茶とかデザートとかランチとか頼んで、そのお代をルビーナさんにお支払いすればいいのです。
******Photo_2
オーナーのタラちゃん、お仕事の合間にすこし私の話も聴いててくれました。
それから大学で授業するためにでかけたタラちゃん、13条と12条のことをさっそく、その日の授業で若い学生さんたちに伝えてくれたそうです。うれしいね!
参加してた由美子さんから、とってもうれしいメール。みなさんにもお見せしていい?って尋ねたら、そのままどうぞどうぞ、っていってくれたので、ここにおすそわけしますね。
「スウさん  お会いできて本当にうれしかったです。
スウさんにであった、自分一人で好きなところへ行けたあの頃を思い出しながら、また視覚障害者になり、一旦すべてをもぎ取られたような思いから、いろんなことを考えたり思ったりしながら生きてきた、そのなかで 大切にしてきたものが、ひとつに繋がるような時間でした」
ああ、こんな言葉をきかせてもらえる私、めっちゃしあわせもんです、伝えることのよろこびです。
これからも地道に淡々と、平和のひとかけら。そうやって続けていると、きっと誰かがどこかで、またあたらしいひとかけらさんになっていく気がするよ。

|

律子さんのおはなし会

今日の紅茶にはちかくのもりもりの小学生たち、20数人がきてくれました。26年目となる律子さんのおはなし会。もりもりの子どもたちがくるようになってからだけでも、10年になります。

律子さんの手遊びは、「木が伸びた」や「こけこっこ」、本は「オオカミくん」と、大型紙芝居になった「おぼえていろよ おおきな木」、最後のすばなしは「ふしぎな太鼓」で、琵琶湖にゲンゴロウブナがいるわけ(!)のおはなし。

「おぼえていろよ おおきな木」は、佐野洋子さんの作。だいすきな絵本。
ずっとじゃまものに思ってて、ついに切り倒してしまったおおきな木が、実は実は、、、たくさんの大切なことを、ものを、よろこびを、しあわせを、おじさんに贈ってくれていた。


これ、木のはなしだけど、木だけのはなしじゃないよね。
佐野さんの絵本は、深くて、哲学的で、よみおわったあとの余韻が、長くこころにとどまりつづける。
この絵本もそうでした。

すばらしい贈りものをうけとっていても、それにきづかないですごしてることおおいね。きのうのけんぽうおはなし会でも、まったく同じこと、考えてた。

律子さん、毎年毎年、おはなし会してくださって、ほんとにありがとう。
ちいさなひとたちのための、と銘打ってのおはなし会だけども、じつはおとなの私たちのためのおはなし会でもあるんです。

|

今日は、ちいさなひとたちのおはなし会の日

昨日のルビーナさんでのけんぽうかふぇ、自分でいうのもなんだけど、いい〜〜時間でした。その報告はまた追って。

Photo 今日17日は、紅茶の時間の5月恒例、細川律子さんの、「ちいさなひとたちのためのおはなし会」の日です。近くのおおしろだい小学校の学童の子どもたちがわっさわっさとやってきます。3:45〜小一時間。
もちろん、かつてのちいさなひとたちも、どうぞどうぞ。
緑に囲まれた紅茶の部屋で、おはなしや絵本や紙芝居をおたのしみください。

紅茶はいつもどおり1:00から開いてます。おはなし会の時間とかぶるため、今日の草かふぇはありません。

|

2017年5月15日 (月)

べんさんコンサート

昨日14日は、たかはしべんさんのコンサート@市民芸術村の里山の家へ。

11月に紅茶に見えた時は(賢治さんの時間の日に合流してくださって)「星めぐりのうた」にちょっぴり「雨ニモ負ケズ」の言葉入りのをうたってくださいました。

東北最高(東北さ、行こう)は歌いやすくて覚えやすくて。
釜石小学校校歌は、何度聞いても本当にいいなあ。いのうえひさしさんの歌詞。

ごきぶりの歌は、何度聞いてもホロリと切なくなるし、ハエをのみこんだおばあさんはどうかんがえてもヘンテコすぎる歌で、そこが、おもしろい。

はじめてきく、ベロ出しチョンマの歌。

ぎゅってして、の歌。
ぎゅってして、ってきもちになること、あるあるある!

30歳で歌手になって、38年歌いつづけてるべんさん。
一時間半あまり、水ぜんぜんのまないでうたいつづけ、しゃべりつづけてって、すごすぎる。
お願いだから、べんさん、できたらのんでね。私はもう、水分なしだと語り続けられないよ。

175_2 このお人形、べんさんが50歳の時に、25年後のべんさんをつくってください、ってお願いしてつくってもらったんですって。だから、今のべんさんより年上の、75歳のべんさん人形です。

紅茶の賢治さんの日にきてべんさんとはじめてであえた、能登の二木さんと3人で。

なんでだか、ブログに写真つけると、こんなふうに横になっちゃうの。
顔を90度曲げて見てね。

175_3

|

今日の音読会

本邦初!の共謀罪書き起こしの音読会。

完全ノンフィクションシナリオを、集まった5人で、ある人は議員になりきって、ある人は法務大臣に、ある人は安倍さんになりきって、声に出して読んでみる!

誰でもできます。
ちなみに今日の私は、法務大臣になりきりましたぞ。

国会が自分ごとになるこんな方法があったなんて!

でっかいおだんごも輪島のお菓子も、ありがとう!

気づきがいっぱいの、美味しい音読会でした。

朝日さん、中日さんが、取材に来てくれました。

*******

みゆきちゃんの報告をどうぞ。

共謀罪国会書き起こしを音読する会@津幡、大成功!!

明日の新聞が楽しみだな~(*^_^*)

輪島から来てくれた山上幸美さんのコメントを読んで、一昨日「やろ」って決めたこの会。

スウさんも二つ返事でステキなご自宅を会場提供してくださり、

新聞記者さんたちも、あうんの呼吸、電話一本で、行くってお返事下さいました

市井 早苗ちゃんと、山尾しおり議員になりきる爽快感に酔いしれ・・(ホント 快感!)

スウさん、出口さんの金田法務大臣には、怒りともつかない笑いがこみ上げ。

きょうは、二月の答弁を読んだのですが、これからほぼなにも解消されてない問題点。
野党議員や、マスコミや、国民に対する姿勢。

声に出すことによって、より実感することになりました。

ぜひともあちこちで取り組んで見て。五人いればじゅうぶんですから。

|

«5月3日の愛媛新聞