« wow-netの夜 | トップページ | ふしぎなご縁の手話 »

2006年3月29日 (水)

元気BOX

「結とも」の時間で、「私を元気にさせてくれるもの、こと」「落ちこんでるときにこういうことすると、元気がでるもの」を書き出す、「元気BOX」をしました。それぞれが小さな紙に何枚も書き出した元気のもとや種を、全部並べたのが、これ↓↓↓です。いっぱいあるねえ! 

        ++++++ *** +++++ 

      空を見る・空と会話・海へ、じーっと眺めている・海を、ぼーっと眺める・山へ、森へいく・ 緑を見る・河原でボーッ・深呼吸する

      大好きな音楽を聴く・いい映画をみる・おもしろ本を読む・心温まる本を読む・好きなビデオをみる・手紙を読み返す・花を買う・ウインドウショッピング

      おいしいものを食べに行く・おなかいっぱい食べる・チョコレートを食べる 

      歩く・散歩する・小さな花、けなげに咲く花に会いにいく・無心にちゆゆ(自力整体)する・ドライブする・お風呂に入る・土をいじる・山菜採り・春      

      日常のすることにうちこむ・床をみがく・音楽を聴き、折り紙をする

      おしゃれなリサイクル封筒をつくる・どんなちいさなことでもいいから、したいこと、してみたいことを書き出してみる 

      叫ぶ・車の中で叫ぶ     横になる・寝る

      安心のひとに会いにいく・誰かに手紙を書く・気のあうひととしゃべる・話をきいてもらう・友だちと話す・犬に話す・しゃべりまくり 

      娘を抱く・娘に電話して声を聴く・家族の笑顔・大好きなひとを想う

      ひたりきって泣く・楽しい思い出にひたる

      今日もしあわせ、って声に出す(呪文みたいに)

      ひとり静かになる

              

ひとり静かになることと、元気になれることがどうつながるんだろ、って質問しました。

目に見えてることは少ない。しんどいことばっかり与えられて苦しい時、ひとりで静かになって感じる、ということをすると、いろいろ見えてきて、なんだか少し元気がでてくる気がして、、、と。

           +++++ **** +++++

「ほっころろん」という場から生まれたコミュニケーションの練習の場、結とも。この日にした元気BOXのなかに、「ほっころろんに行く」というのも複数枚、ありました。自分が元気になれる、と思える場を持ってること、うん、とっても大事!

結ともで、コミュニケーションについて前より考えるようになったら、「自分は今、どう思ってるのか」「どうしたいのか」「本当は、何を相手に伝えたいのか」「それをどんな表現で」といったことを、日ごろから自分に問うくせが、それぞれについてきたみたいです。この日も、そんな実例がいくつもでてきて、お~、それって「私」メッセージじゃん、パチパチ(拍手)、となる。     

私たちは日ごろから、相手を非難したり責めたりする「あなた」メッセージにとり囲まれてるから、これはいまさら練習しなくてももうしっかり身についちゃってる。だからこそ、自分の思い込みや表現のくせに気づいて、「私」メッセージできもちを相手に伝えていきたい、って思うんなら、そこはやっぱり練習が必要なんだ、相手のことは変えられないもの、ってそこでまた確認しあいます。how to じゃないよね、自分がどう感じて、何を言いたいか、だよね、ということも。

感じるちから、うん、これもいろんな場面を経験して、育ってゆくものなのかもしれないね。

 

          

|

« wow-netの夜 | トップページ | ふしぎなご縁の手話 »

コメント

「落ち込んでる→元気になる」っていろんな種類があるよね。
いきなりテンションをあげたいときは、ノリノリな音楽を大音量で聞いて歌います。
それをする元気すらないときは、リリィ・シュシュのサントラとかの、
静かだけど力を持つ音楽を聞きます。
それでどぎまぎと動揺していた心の振り幅を穏やかにしてから、
ようやっと元気になれるような行動に移ります。
美味しいものを食べることも元気になるひとつだけど、
動揺したまま食べても、せっかくの美味しさが心に伝わりにくい。
それは美味しいものたちとの出逢いに対して失礼だし、とてももったいないことだから、
できるだけ、心を落ち着かせた、その次の段階で、お世話になることが多いです。

投稿: まいまい | 2006年3月30日 (木) 09時30分

>まいまいさんへ

心の振り幅を穏やかにしてから、っていう表現がいいなあ、って思いました。それに、動揺したままの心で食べても、その味わいってほんとにしみてゆかないものです。同感。
まいまい流の元気BOX引き出し、ありがとさんでした。

投稿: sue | 2006年3月30日 (木) 13時45分

私は元気がなくなると、高い場所に行って町を眺めます。それから、山に行って散歩をします。早起きして、ラジオ体操します。お寺に行ってお線香をあげます。それから、ハワイアンを聴きます。アメリカンカントリーもエンヤなども聴きます。それから、二十歳くらいから書いてきた私の私のための私のノートを開きます。お花に水をやったり、・・。やっぱり基本は一人になって、静かに心を澄ますことかな・・。自分の中の魂の声を呼ぶというか・・。ハイアーセルフといか・・。私が私を励ます癖は、高校生の時の一人暮らしから始まりました。でも、そのおかげで、結構強くなったような気がします。強くなりすぎているかも知れませんが・・・。

投稿: Mikko | 2006年3月30日 (木) 22時15分

>mikkoさん、
元気BOXは、100人いたら100様なんでしょうね。
ほんとに苦しくなったら、ほんとはいっぱい持ってるはずの元気のもとが、一つも思い浮かばなくなっちゃうかも。
そのためにも、点検、点検。

投稿: sue | 2006年3月31日 (金) 03時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/1212060

この記事へのトラックバック一覧です: 元気BOX:

« wow-netの夜 | トップページ | ふしぎなご縁の手話 »