« イラクで | トップページ | 涙と笑いの時空間 »

2006年4月25日 (火)

翔’s adventure の続き

翔の冒険のこと、ブログに書いたし、とこの間の電話のおり、娘に言ったのです。そしたら、読む間がなく寝ちゃったけど、でも、その晩、翔の冒険の夢を見たよ!と。

翔がヘルメットをかぶり、ゴーグルをつけ、まあさんの運転するバイクに乗っている。耳も、長い毛も、風にびゅんびゅんなびき、翔はそんなに長くない手で、必死にまあさんの腰にしがみついているーーーという夢!めっちゃ笑えた!!   あたたかな春になって、やっとバイクで街を走れる季節になったので、娘もときどき風になっているのでしょう。社会に出て、初めての春です。

    ***

鉢植えのチューリップのつぼみがどんどんふくらんで、部屋にいけたらまたみるみる赤く色づいて。今年の春は温度差がはげしくて、まだストーブをたくことも多いけど(こたつはまだ出てるよ、もちろん!)、でも確実に春です。あけびの花が満開、白いスミレの花、忘れな草の水色。くろもじの木に咲いてるきいろいかわいい花(くろもじ、は枝がとてもいい匂い。楊枝につかわれます)。桜は、家のまわりの山桜の木が今、花吹雪です。

この季節、花もだけど、木々の新芽が花以上に美しい。14年前越した時には、ただ一本の木もなかった庭に、近くの雑木林から小さいシャベルでとってきた苗木が、どれも見事に大きくなって、もうじき若葉のシンフォニーです。

明日は4月26日。チェルノブイリから満20年。巡り巡る四季のなかで、ニンゲンの傲慢さを忘れないでいたいよ。

     ***

今週も出ることが多い週になりました。でもフルタイムで会社に勤めることを思えば、すきな”しごと”ばかりです。だから、続いてるんだと思う、きもちもからだも。

 結とも、紅茶、ともとも、と続き、金曜日はふたたび珠洲の飯田高校。去年は生徒さんたちのところへの出前でしたが、今回はスクールカウンセラーの先生からのご注文で、親ごさんたちに。

|

« イラクで | トップページ | 涙と笑いの時空間 »

コメント

ちょっとご無沙汰してしまいました~~~。
4月のナイト紅茶は、気がついたら日が過ぎてました、、、残念! 次回は行けたらいいなと思っています。

「ニンゲンの傲慢さ」のところでドッキリ。仕事が忙しい、忙しい、と、ここしばらく自分のことしか考えていなくて、本当に傲慢。ちきゅうのことも、社会のことも、ほとんど意識の外で、「生かされている」という感覚を忘れていました。反省。

「仕事」といえば、つい最近友人から、「kanakitaの仕事は、あなたにとって天職度高い感じだよ」と言われました。ベルーフに近い、ってことかしらん? 今週末から、その友人のところへ遊びにいくので、そんな判断をした根拠(!大げさ?)を聞いてこようと思っています。

あ、そうそう、県への申し入れ(原発)のエントリーも、半ば唖然、半ばやっぱり、、、という気持ちで読みました。お疲れさまでした、という気持ち以上に、スウさんたち、申し入れに足を運んでくださった方々に、ありがとうございました!の気持ちでいっぱいになりました。

投稿: kanakita | 2006年4月27日 (木) 22時49分

kanakitaさんのしていること、うん、ベルーフっぽい、と私も思うよ。ひとつだけこれ!と限定しないでも、いろんなことの中にリンクしあっているのかもしれないしね。ベルーフを、そのまま天職、と訳すよりも、この方の言う「あなたにとって天職度高い感じ」って言葉が、すっごくいい感じがする。
ベルーフ、って、探すものじゃなくて、してきていることが、ふりかえってみたら、いつのまにか、あ、これって、わたしのベルーフ?と思えてくるものなのかも。

自己実現とか、アイデンティティとかより、今の私には、気持ちに近い言葉=ベルーフ。自己実現、なんて言葉は、あまりに使われすぎて、逆にその言葉から脅迫受けてるみたいな気さえするのでした。

県への申し入れ、私に声かけてくれる人がいたから行けたの、全然先頭じゃなくて、しっぽなの。でも、行ってよかったよ。

5月のナイト紅茶は27日だよ。先月はね、なんと、お一人の貸切だったの!うふ。

投稿: sue | 2006年4月28日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/1530545

この記事へのトラックバック一覧です: 翔’s adventure の続き:

« イラクで | トップページ | 涙と笑いの時空間 »