« おしらせあれこれ | トップページ | 龍平さん  のりこさん »

2006年4月 1日 (土)

これで十分

ナナオサカキさんは、美しい銀色の髪と長いおひげの、やさしい深い目をした詩人さんでした。大好きな「これで十分」の詩は、英語でも歌ってくださって。こころに抵抗なくはいってくる、すごくきもちのいい声。

1時間ほどの詩の朗読のあと、参加したひとたちからの質問にこたえる、ナナオさんとの時間が心地よくってたのしかった、いっぱい笑った。自分を生きてる自然さ、というのが詩を読むときも、話してる時もからだ全体からにじみ出てるナナオさん。

            +++++++

   ホラは大きいほどいいよ、健康にもいいよ。どこまでがホラで、どこまでがホントか、           もうわかんなくなっちゃったよ。オナラもね、大きく、がまんしないで。そう、景気よく。

   ぼくは何人(じん)か、って? I’m ほもせいぴぁんす、人類、さ。

   あしたのことは思い悩まないよ、あしたのことはあしたにまかせる。

   旅してるとね、食べ物はたいてい、道の途中におっこってるもんだよ。

   ぼくらは仲間に会うとまず、腹、へってないか、飯じゅうぶん食ってるか、って聞く。そ れがぼくらの仁義。

             +++++++

「どこか 水の惑星の上で」は、長良川をうたったものだそうです。源流から河口まで、8回も歩いた。そうやって川をずっと歩くとね、たくさん学ぶよ、とも。

「これで十分」の歌をアンコールでお願いしたら、今度は日本語で歌ってくださった。拍手すると、ご自分は5本指くつしたの足で拍手して、ほら、こうすると楽しいでしょう、って。

誰かと話すたびに、ありがとう。拍手に、ありがとう。詩の朗読会で、詩人さんからこんなに何度ものありがとうを聴くのははじめてだ。ご本人は、それをまったく気づいてなかったけど。

青いジーンズと手編みのセーターがとってもよく似合ってたナナオさん、83歳。帰り道、私の心も軽やかになってメロディかなでてるみたいでした。

「ココペリ」と「犬も歩けば」買いました。しばらくの間はmy本棚におさめて、声にだして詩の響きを楽しもう。

|

« おしらせあれこれ | トップページ | 龍平さん  のりこさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/1235347

この記事へのトラックバック一覧です: これで十分:

« おしらせあれこれ | トップページ | 龍平さん  のりこさん »