« アレンさんのお話 in 輪島 | トップページ | 思う、と、感じる »

2006年5月24日 (水)

坂本龍一さんのメッセージとラジオ番組

静岡でいつもしなやかに、ねばりつよい活動をされてる馬場利子さんが、
六ヶ所村の再処理工場運転に関しての、坂本龍一さんの呼びかけを転送してくれました。
彼女は、まだ、まにあいます、って常に信じながら行動している人、祈りながら、ね。
もう読んでる方もおられるとは思うけど、坂本さんからのメッセージをどうぞ。
~~~~~~~~~
坂本龍一です.

本日、みなさんの貴重なお時間を頂戴して訴えたいのは、青森県六ヶ所
村にある核燃料再処理工場による、甚大な放射能汚染についてです.

なんと、この再処理工場からは通常の原発から出る放射能の一年分が、
一日で出るというのです.
美しい縄文の地と恵みをもたらす三陸の海が汚され、その被害は何百世代先にまで及びます.

こんな異常なことがまかりとおっていることが、にわかには信じられません.
しかし、もっと問題なのはほとんどの人がこの事実を知らないということです.
これは大手メディアに責任がありますが、PSE法についてはあれほどリアクション
があったのに、もっと重大で命に関わるこの問題については、社会全体が奇妙なほど
静かなのです.

そこでぼくはインターネットと音楽をもって世界にこのことを
知らしめようと思いました.

ぼくと、若い友人である日本人ラッパー、shing02は今、音楽を制作中です.
ぼくたちはその音楽をwebに載せ、人々がそれを自由にダウンロードし、
リミックスし、サンプリング、リサイクル、リモデルなどをして、再処理工場の
ことが世界に広まるように、クリエイティブコモンズのライセンスを取得するつもりです.

幸い、友人のクリスチャン・フェネスが賛同し、音をダビングしてくれましたし、
また英国の有名なデザイナーであるジョナサン・バーンブルックはwebサイト
www.stop-rokkasho.org)のデザインを引き受けてくれました.
そこでは、人々が音楽を聴き、ダウンロードをし、またビデオを見たり、六ヶ所再
処理工場についてもっと情報を得ることができます.

みなさんにもぼくたちと共に、音楽、写真、動画、美術作品、詩など、
どんなジャンルでもけっこうですので、寄付していただくことを呼びかけたい
のです.
そうすることによって、世界がこの問題を知ることになり、ひいては危険な
再処理工場が止まることを願って.ちなみに、ぼくたちにはどんな財政
的な基盤もありません.
これは人々に気づいてもらうことを目的とした、100%ボランタリーな活動です.

みなさんの貴重なお時間をさいて、これを読んでいただき、またこの問題を
考慮していただいたことに感謝して.

坂本龍一拝
*****
坂本さんは、911のあともすぐに声をあげたね、そして「非戦」という本も生まれたね。
***
また、金沢のピースつながりのmilkyさんは、radiosakamoto、というラジオ番組があること、それがパソコンで聞けること、を教えてくれました。
5月17日放送分の中味は、坂本さんが鎌仲ひとみさんに六ヶ所村再処理工場について聴く、29分間のインタビュー。
そこには、5月はじめに高岡でみた、鎌さんの映画「六ヶ所村ラプソディー」のメッセージがぎっしりつまってた。
鎌さんは、声をあらげることなく、静かに、すっごく大切なことを語ってくれています。だからよけいに心にはいってきます。
   ***
再処理する過程で、原発の原子炉のなかだけでしか生まれないさまざまな種類の放射能が、かならず環境の中に、つまり、大気に、海に、人びとの暮らしの中に出て行ってしまうとわかっていて、なぜ?
使われる見込みもないプルトニウムをなぜとりだそうとするの?日本も核武装がしたいの?(きっとそうだよ)
イギリスのセラフィールド再処理工場のまわりの海は、通常の70倍もの濃度の放射能で汚染されていて、しかも、海藻や貝類、ロブスターにより濃縮されてゆく。でもイギリスの人は、海藻はあんまり食べないからね、と映画の中でも言っていた。わかめもこんぶも、日本人の食卓のレギュラーメンバー、すくなくともわが家では。
映画をみれなかったひとも、ぜひぜひ聞いてみてください。坂本さんもこのインタビューのなかで、こんな大変なことが、まだまだ多くの人に知られてないといっておいでです。
   ***
電気は原発でなくてもつくれるし、そもそも、どうしてこんなに大量の電気を使った生活しなきゃならないのだろう。余りすぎた深夜電力を消費してもらおうと、地元の北陸電力さん、つい先日、わが家にもその宣伝にきましたよ。志賀原発2号機の電気はあまり過ぎて売電してます。その電気をつくることで毎日、原子炉に放射能がたまり、それが六ヶ所村に運ばれて、という負のサイクルに、加担しているのはほかのだれでもない、自分です。

|

« アレンさんのお話 in 輪島 | トップページ | 思う、と、感じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/1919196

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍一さんのメッセージとラジオ番組:

« アレンさんのお話 in 輪島 | トップページ | 思う、と、感じる »