« 坂本龍一さんのメッセージとラジオ番組 | トップページ | 紅茶玄関本やのラインアップ »

2006年5月25日 (木)

思う、と、感じる

月いちのコミュニケーション・ワークショップ「結とも」のウォーミングアップで、「こころカード」というのをしました。心、の入った漢字をおもいつくままカードに書いてもらって、たくさん出たその中から、今日の自分にいちばんあった文字を選んで、みじかくスピーチしてみる、というもの。

たっくさんあったなあ!優 思 悲 想 愛 惑 恋 感 忙 悠 息 縣 聴 意 怒 ーーー まだまだ、、。

思う、と、感じる、の違い。思う、って自分で作り出すものかも。不安やら心配やら。もっとすなおに、ただ、感じるっていうことができるといいのだけどなあ。

ふ~ん、そういえば、思いに囚われる、とはいうけど、感じにとらわれ、はあんまりしないか、、、。思いは、勝手に自分でつくってしまったり、さらにそれをどんどんふくらませちゃって、自分で自分を苦しくさせることもありそうだ。思いの囚われ人になっちゃうと、ほかの考え方ができなくなるから、もっと苦しいよねえ。

思う、と、感じる、と、考える、と、行動する、って、よく考えたら、ひとつひとつ別のものだったのかも、今まで全部ごちゃまぜにして、ひとつにくくってた気がするなあ。みんなの話を聞いてて、今ふっとそんなふうに。

ーーーと、こころカードから、話がずいぶん深いところへと、大事な気づきへと、発展していって。

いつも、どんな言葉がとびだすか、どう展開するか、かちっとしたシナリオのない結ともだけど、こんなことをゆっくり語れて、それぞれが自分の、今まで知らなかった気持ちにきづいてゆく時間を持つと、ここは単に、コミュニケーションの練習の場所だけではやっぱりないんだ、と思えてうれしくなる。共通体験を持たない同士の、セルフヘルプグループだと実感できて、こんな場をもっと大切にしてこう、って思うわけさ!

あ、この文章の中にも、思う、と、感じる、ってでてくる。わたしはどうつかいわけしてるんやろ、またあらためて考えてみようっと。

|

« 坂本龍一さんのメッセージとラジオ番組 | トップページ | 紅茶玄関本やのラインアップ »

コメント

そうか~。
この結とものおすそわけを
昨日もらったんですね。
ナイト紅茶は行けるといいなあで
行けるかどうかはっきりしなかったので
時間が作れた昨日伺って
とってもいい時間を過ごせて嬉しかったです。
大学の後輩が判明したなおちゃんも
とっても素敵な女性で
またきっとお会いしたいです。

今日、座席が隣のお寺のおじょうさんの同僚に
とっても優しい気持ちで接することができました。
SST以来、私の中の流れがまた一つ変わったかな。
いい流れです。

土曜日は母娘孫娘三代でおじゃまします。
母は「何を作っていこうかしら~?」って
ちょっとうきうきしている感じ。
ゆみさんとも仲良しの母です。
まいちゃんの本は一冊はゆみさんに送ろうと思っているんです。
週に2度も紅茶に行けるなんて、幸せ~。

投稿: 由美子 | 2006年5月25日 (木) 21時02分

由美子さん 
ナイト紅茶お待ちしていますね。万依の卒論冊子も明日、刷り上ってくると印刷やさんから連絡ありました。

昨日はちょうど深い話し合いになったところに紅茶にいらして、一杯感じていただけてよかったです。他者に逢い、またいつもと違う視点をもったり、不思議な体験?をしたりすることで、すこしずつ自分の考え方や思い方の幅がひろがってゆきますね。そんなことを重ねてゆくうちにある時ふっと、あ、今の自分は前より優しいきもちになれてる、って感じれるの、自分でもうれしいことだよね。

ところで、「心」のつく漢字、悲しいとか憂えるとか怒るとか
慈しむとか愛おしいとかいろいろあるけど、どうして、うれしい、よろこぶ、たのしい、の字に「心」がはいってないんだろー、と今朝、ふっと不思議に思いました。

投稿: sue | 2006年5月25日 (木) 23時04分

私の専門分野ですね。
気にして情報を収集してみます。
何かわかるといいなあ。

投稿: 由美子 | 2006年5月28日 (日) 07時41分

きのうも楽しかったね!
そうか、文字や言葉は専門分野でしたね、うん、なにかわかったらまた教えてください。卒論の感想もまた教えてね。

投稿: sue | 2006年5月28日 (日) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/1919432

この記事へのトラックバック一覧です: 思う、と、感じる:

« 坂本龍一さんのメッセージとラジオ番組 | トップページ | 紅茶玄関本やのラインアップ »