« 明日15日は、紅茶shoppe | トップページ | ただいま!と紅茶へ »

2006年7月15日 (土)

shoppe 満員御礼

ほんとにたくさんの方がご来店、でした。親子3代のお店屋さん、母と子、それぞれのお店の店長さん、最年少は年長組みさん、だったかな。お店は出さなくても、毎年楽しみにきてくれるかたたち、そして、今年はじめてきてくれたお客さんたち、ありがとうございました。

ランチのあとで、お店紹介をしてもらったら、全部で17店、ありました。3回目のバングラchaiやさん、チーズケーキやさん、はしふくさや縫い物小物やさん、初出展のアクセサリーや、玉子ボーロやさん。いつものことながら、ひとりひとりのアイディアや手の技に感心します。ちいさなたべもの、水まんじゅうとか、わらびもちとか、はったいこのおやき、とか。いろんな意味での、自分表現の場だね、そして、確かに、ひとと出逢う場だね。

スウ’s cafe の、夏野菜いっぱいの辛い辛いタイカレー、みなさん汗を流して食べてくれてありがとう。玄米ごはんが15人分くらいしかなくて、ごめんね。ちいさな笹の葉ずしは、もうすこしは多くの人のおくちにはいったでしょうか。

ことし初参加のシンくん、レイジくんは、「もず農園」というお店をだして、とれたてのほうれん草やお豆、なす、たまねぎやジャガイモを。そして、ランチのあと、ミニコンサート。ギターをひくシンくんの、ふしぎな高い声、そしてボンゴをたたくレイジくんの低めの声、二人がはもると、独特の歌声がひびいて、ほんっとにすてきでじ~んとしました。ひととようさんのはなみずきや、シンくんオリジナルの「青鬼伝説」など。

こんなきもちいい若者たちの、農業で生きてゆこうとする姿勢がまぶしいくらいで、とても応援したくなる。シンくんの8ヶ月におよぶモンゴルの話も、もっと聞きたい。いつか、とくべつ紅茶で、ふたりにきてもらって、トークいっぱいのコンサート、してもらおうって思いました。

紅茶shoppeの子ども店長さんたち、みんな、いきいきしてて、うれしそうで、ちょっぴり誇らしげで。う~ん、いいなあ、いつも見る顔とまたちがう顔。子どもたちのそんな様子を、mizuhoさんがカメラで追っていました。19日、今度の水曜日、夕方のMROニュースの「わいわいキッズ」でon air だそうです。お時間忘れなかったら、どうぞみてくださいね。

ナイト紅茶は、愛知からのchaiやさんの酒井くん夫婦、富山の八尾からの森ファミリー、そしてshoppeには間に合わなかったけど、ナイトを楽しみにきてくれたTさんと、私たち夫婦とでゆっくり夜を過ごしました。

いい1日でした。生きててうれしい日でした。ここのところ、いのちのあることって、奇跡のようにとおといことだ、と思う出来事がつづくので、こうしてたくさんの笑顔をみれる一日をすごすと、よけいに一人ひとりのいのちがいとおしいです。

*****

明日から京都に行ってきます。もどるのは水曜日のお昼ごろ。

|

« 明日15日は、紅茶shoppe | トップページ | ただいま!と紅茶へ »

コメント

笑顔がいっぱいの楽しいshoppe,
いろんなお店が不思議なshoppe,
みんなと出会える嬉しいshoppe,
初めての紅茶ショップは素敵な時間でした。
ありがとうございました。
次回は店長さんになりたいと思っています。


投稿: きりりん | 2006年7月17日 (月) 20時58分

きりりんさん、お客さんできてくださってありがとう!どの人も自分を表現してるときっていきいきしていて、その表情が、大人も子どもも美しい!と感じる紅茶shoppeでした。来年はぜひ、店長さんで来てくださいね。辛いカレーも召し上がってくださってうれしかったよ(確か、そうでしたよね)

今は西宮です。明日の紅茶に間に合うようにもどります。北陸の雨、だいぶひどかったみたいけど、みなさんとこだいじょうぶだったかなあ。

投稿: sue | 2006年7月18日 (火) 19時15分

わ~ぁ 楽しそうな、みなさんの笑顔やおいしい、シアワセの声が聞こえてきそうな、紅茶SHOPPEだったのですね。
生きててうれしい一日だった・・・・スウさんのその気持ちは、きっといらした皆さんが心のなかで つぶやいたひと言だったでしょうね。川越紅茶でも10月27日、2回目の紅茶SHOPPEをします。楽しみです!

投稿: ジュンコ | 2006年7月19日 (水) 09時07分

>ジュンコさん
はい、ほんとに楽しいshoppeでした、暑かったけど!
から~いカレーで、また別の汗もかいてもらって。川越は今年2年目かあ、いいね、こういう何気ないものが場の恒例になり、やさしい文化を育ててゆくことにつながること。
川越紅茶にいくと、いつもその文化のことを思うのです。

投稿: sue | 2006年7月20日 (木) 00時23分

スウさん。ありがとうございました。

あれから息子も来年は僕もお店を出したいと言ってます。
クッキーを作るんだそうです。
お兄ちゃんたちにも会いたいと言ってます。
すごく楽しい時間だったようです。

番組用に、みなさんに集合してもらって「わいわいキッズ!わ~!」と言ってもらった映像、すっごく一体感があって、みんなの笑顔が輝いていました!場の楽しさが伝わってきます。(これってカメラマンの自画自賛?)でも、場にいるみんなの心が作ってる空気が映像を輝かせるのです!やはり、みなさんのおかげです。本当にありがとうございました!

来年の紅茶ショップが、はやから楽しみです~。

投稿: mizuho | 2006年7月20日 (木) 09時57分

mizuhoさん

はい、紅茶の水曜日の夕方、しっかりテレビみました。ほんとにみんなの顔がきらきらしてたね、そういうところを的確にとらえていて、さすが、と思いました。それぞれの短いコメントも、シンくんレイジくんとのやりとりもほほえましく。紅茶shoppeの記念すべき映像です。

来年は、店長さんがふえそうですね。一人ひとりの自己表現の場、として、地道に続けていきたいです。ほんとに楽しかったもの。

ところで、魔法瓶の忘れ物あり、おもちゃのミニカーも。もしお心当たりありましたら。

投稿: sue | 2006年7月20日 (木) 21時54分

ありがとうございます~。
すみません。。
忘れ物、心あたりのあるものばかりです。
近々、取りに参ります。

VTRを見直してみると、いろんな物語が生まれていたことにあらためて気付きました。紹介できなかった素敵なことがいっぱい。

モノを通して、人を感じて、そして、今度は、直接出会ってゆっくり話をしたいという大人の方もたくさんいました。

次にまた、みなさんとお会いできるのが楽しみです。

投稿: mizuho | 2006年7月20日 (木) 23時33分

はい、mizuhoさん、お預かりしておきますね。傘を忘れたり、本を借りたり、って次にそこへいく意味づけ、っていうのきいたことあるけど、いやいや、mizuhoさんはそれなしでくるもんね、あはっ。

その場では見逃してることも、VTRだと、あら!こんなところで、ひえ~、ここにも、っていうことあるでしょうね。ノーカットの映像は、きっとそういう物語の宝庫かも、そういうのこそ、いつか見てみたい。

ふつうの紅茶をしていて、やはり、そういう物語がいくつも生まれては、見逃してるんだと思うなあ。もちろん、他の誰かがうけとめてくれてるからそれでいいんだと思いますけど。

投稿: sue | 2006年7月22日 (土) 01時22分

sueさん、あのね、私もあの場所にいたのに
mizuhoさんの映像を通して
ひろっちがK君といつのまにか
あんなに楽しそうに遊んでいたことを知りました。

5月に初めて会って大好きになったお兄ちゃん。
私よりずっとずっとたくさんのことをお話ししていると
思います。

よーこさんがつないでくださった出会いを
ひろっちはひろっちで一回きりではなくて
あの場所でも大切にしていたようです。
しかも、母の後ろに隠れてではなく
一人の人間としておつきあいしていました。

とっても嬉しい映像でした。

sueさん、mizuhoさん、あの場所に居てくれたみなさん
ありがとうございました。

投稿: 由美子 | 2006年7月23日 (日) 19時26分

由美子さん、そうでしたね、私もあの場面みてて、あ!ッて思ったのですよ。そこをとらえたmizuhoさんもさすがだ、と。これもまた、物語の一つですね。

投稿: sue | 2006年7月24日 (月) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/2669990

この記事へのトラックバック一覧です: shoppe 満員御礼:

« 明日15日は、紅茶shoppe | トップページ | ただいま!と紅茶へ »