« 虹の祭のトーク・プログラム | トップページ | ap bank fesーエコレゾ »

2006年9月 1日 (金)

げんぱつしんさい

「原発震災」って言葉、きいたことあります?
地震大国日本で大地震が起きたとき、原発はどうなるんでしょう。
3月24日の「志賀原発2号機差止裁判」では、「大地震が起きたとき、志賀原発の耐震基準では耐えられない。放射能がもれて住民たちの被爆はさけられないだろう、よって運転はとめるように」という、原発の裁判でも画期的な判決が出ました! でも、北陸電力は高裁に上告し、志賀原発をそのまま運転し続けてた。その後、同じタイプの原発のタービンに欠陥が見つかり、志賀原発も調べたところ、ひびがたっくさん見つかりましたね。とうぜん運転は休止中です。

そういう危ない原発をかかえてるわたしたちに、もし大地震→原発大事故→放射能被害 というような事態が起こったら、いったいどうしたらいいのか。

その対処法を古長谷(こながや)稔さんから学ぶ会を、能登、金沢、内灘の、原発に深い関心を寄せてる人たちが開きます。
古長谷さんは「原発震災を防ぐ全国署名連絡会」事務局長で、 「放射能で首都消滅・誰も知らない震災対策」(三五館)の著者さんです。
******
原発震災講演会
講師 古長谷 稔 (食と暮らしの安全基金 原発震災を防ぐ
             全国署名連絡会事務局長)

9月2日(土)19時半~21時 内灘町役場 1階町民ホール
9月3日(日)13時半から  石川県生涯学習センタ-
2階22号室(旧県庁舎1号館パスポ-トセンタ-があった棟)
 (金沢会場は9月から冷房を止めるそうで、うちわ持参のこと) 
        *会場で、資料代500円をいただきます。
志賀原発の現地から市民団体「命のネットワーク」の方たちによる、ヨウ素の配備や防災訓練についてなどの報告。内灘の消防署からは「防毒マスク」やその他の防具をお借りして展示。内灘町の普段の放射能測定値やよう素剤・防塵マスク・民間の放射線測定器その他の展示も。
どちらの会場にも、内灘、金沢の消防署から何人かが参加されるようです。
原発事故がおこったら真っ先に駆けつけなきゃいけないかたたちだものね。

鎌仲ひとみさんの「六ヶ所村ラプソディー」のデモテープ(5分)も会場で流す予定。もちろん、9月16日からシネモンドではじまる「六ヶ所村ラプソディー」「ヒバクシャ」の宣伝もするよ。     私は、2日の内灘町の講演会に参加します。
*****
ちなみに、原発震災がもっともリアルにおそれられてるのが、東海地震の巣のうえに建つ浜岡原発。その浜岡の事故が起きてしまうまえに原発をとめよう、という運動が広がっていますが、へえ~このひとも、というようなかたたちがお名前だして、意志を表明されています。

稲盛和夫 京セラ名誉会長/梅原猛 哲学者/鍵山終三郎  イエロ-ハット相談役/マキノ正幸 沖縄アクタ-ズスク-ル会長
/水野誠一 元西部百貨店社長/広中和歌子 元環境庁長官 /田中康夫 元長野県知事/坂本龍一 音楽家/喜納昌吉 音楽家

原発震災を防ぐ100万人全国署名のサイト現在87万人→
*******
2日は、平和サークルむぎわらぼうしで、フェアトレードクラブal代表のくずはさんが、
7月のap-bank-fesに参加してきたことの報告会、教育会館2F。10:00~12:00.
白山虹の祭でもそのお話聞けるかもしれないけど、獅子吼までいけない、という人はぜひ。どなたでも。参加費300円。

|

« 虹の祭のトーク・プログラム | トップページ | ap bank fesーエコレゾ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/3282178

この記事へのトラックバック一覧です: げんぱつしんさい:

« 虹の祭のトーク・プログラム | トップページ | ap bank fesーエコレゾ »