« 虹の祭へ | トップページ | 虹の祭 2日目土曜日 »

2006年9月 9日 (土)

虹の祭 幕が開きました 空の幕も開きました

白山虹の祭りは、昨日が初日。スカイ獅子吼に張られたいくつかのインディアンティピのひとつで、厳粛なオープニングセレモニー。お祈りの歌を歌うのはこうちさん。火おこしの役はまたべさん。みんなが見守る中、木と木のあいだからうっすら煙が立ちのぼり、さらに立ち、それを吹き、小さな火が生まれ、その火を、重ねた小枝の上に置き、それが、またちいさな炎になったときはおもわずみんなで拍手。

この4日間、ここで出逢う人たちとの間によい風が生まれますように、よい風が巡りますように。いろいろな気づきが未来をかえてゆくきっかけになってゆきますように。

祭の前日はどしゃぶりの雨の中で、実行委員のひとたちが必死に準備をしてたそうです。初日が晴れて、ほんとのほんとによかった。

全国から、テントかついでやってくる若者たち、いい年のころのひとたち、白山を登ってるときみたいに、ここで逢う人たちと、目があえば、互いにあいさつ。

昨日、駐車場で会った若いカップルは、横浜からやってきた。4日間の時間をなんとかひねりだして、スカイ獅子吼で最終日までキャンプするとのこと。ゴンドラが一緒になった若い女のひとは、4歳の子どもと、自転車で日本一周の旅の途中。石鹸修行です、廃油から自分でつくる石鹸の技術をたかめたくて、全国の、そういうところをまわってます、という。はんぱじゃないよなあ。すっごいひとたちがくるんですよ!と彼女が目をきらきらさせて言う。

屋久島から、沖縄から、北海道からきてるひともいる。あ、去年のクッキングハウスの9の出前のときに聞きに来てた男の子、上野の憲法フォークジャンボリーにも来ていたという彼、確かテルさんと、獅子吼でも再会!

スカイ獅子吼はいろとりどりのミニテントがはられてとってもカラフル。日本海を見下ろしながらのキャンプインは、気持ちいいだろうなあ。夜は寒そうだけども。下のパーク獅子吼にも木々の間にさまざまなテントが張られています。土曜日の今日は、昨日以上に、上にも下にも、いろんなお店や食べものやさんがでるそうです。

何人かの顔見知りの実行委員のひとたち、ここにこぎつけるまでどんなにどんなに。でもみんないい顔してるわ。こうちさん、メロポチの熊野さん、たまにはTSUKIを、の高坂さん。食べたお皿を洗って使うための食器洗い機「みずすまし」をもってきたまりこさん、スタッフたちのまかないを準備する、alのあっこちゃんやぐっちやal仲間のすが~らくん。たくさんのたくさんのボランティア。そうだ、会計係はoliveさんだった。こんなすごい祭なのに、県内ではまだまだ広報がたりませ~ん、って書いてた。どうぞ足をお運びください。駐車場が遠くてめんどくさいかもしれないけど、一番遠い十八河原公園からは、07分、37分、と30分ごとに無料シャトルバスが出ていますよ。

ステージでのライブが楽しみなひともいっぱいいるでしょう。私のお目当てはとくに、パーク獅子吼ふれあい館(高原レストランがあります、ここの、酒種をつかった高原アンパン、おいしいよ。以前からお名前きいてた、スカイ&パーク獅子吼・総支配人の紺清さんにもやっと逢えました、彼女も今日11時からのトークにまざります)でおこなわれるトークの時間です。今日は田中優さんや辻信一さんの話、優さんとalのくずはさんや、milkyことみゆきちゃんのかけあいトークを聴けるのがわくわく。こんなすごい顔ぶれが石川に集まるってさ!しかも無料で参加できるなんてさ!地球大学の生徒になったみたいな気分ですわ。

今日の予定は、http://hakusan-niji.jp/の、プログラムをクリックしてね。

|

« 虹の祭へ | トップページ | 虹の祭 2日目土曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/3373991

この記事へのトラックバック一覧です: 虹の祭 幕が開きました 空の幕も開きました:

« 虹の祭へ | トップページ | 虹の祭 2日目土曜日 »