« お泊りWOW | トップページ | 歌・旗、のこと »

2006年9月21日 (木)

再会紅茶・初紅茶

まあまあ、なんとにぎやかな、新・旧・初のひとが、紅茶で一堂に会する時間だったことでしょう!

Wさん。どのくらい振りだろう、懐かしい!もう何年も前に、小杉町のおかあさんたちといっしょにふつうの紅茶にきて、思えば、それが今に続く、小杉のほっころろ~んや、結とものひとたちとのつながりの、はじまりのはじまりでした。私のしらないところで「きもち」の本も読んでいて、娘の文章がそのときの彼女の心に響いたという話をじかに聞けて、うれしかったなあ。

ちょうどお米の配達に来たレイジくん。そうそう、12月3日(日曜日)には、とくべつ紅茶「山下兄弟のトーク&ライブ」でおおいに語り、デュオで歌ってもらいます。@紅茶にて。2:00~5:00、そのあとの放課後夕食会もあり。19年間、無農薬でお米をつくりつづけてきたお父さんの仕事を引き継いだシンくんとレイジくん。彼らの、土と太陽と水と(あら、「恋するトマト」の映画の言葉みたいだなあ)お米と竹やぶと野菜たちと、がっぷり四つに組んだ田んぼと畑の日々は、シンくんがいきいきとブログ「農園日記」で綴っています。お気に入りから飛んでいってみてね。

「ま」っことまっしょうじきで漫画ちっくな「ま」さえさん・「け」ろっといやなことは忘れる「け」いこさん・みんなを「よ」しよししたい「よ」しこさん・「じゅ」んすいな目と心をもちつづけたい「じゅ」んこさん・「ゆ」めみる「ゆ」きちゃん、、と、またまたポジティブニックネームにみんなをつきあわせちゃったね。でもそれくらい珍しい顔ぶれだったので。

この前からわが家にきているうちのおばあちゃんには、フルネームのひと文字ひと文字で言葉をつくり、みんなでそれをつなげて「名前でつくるラブレター」にしあげて、プレゼントしました。

読売新聞のTさん。21年前に、紅茶のお母さんたちが星野とみひろさんの「花の詩画展」を準備する様子を、どの新聞社より先に取材して、記事にしてくれた記者さんでした。全国各地をまわり、福島を経て、再び北陸へ。福島、と聞いて、思わず、知り合い二人の名前を出すと、もちろんすでに出逢ってました。ふたりともいのみら通信読んでるひとで、かの地で同じような想いで動いているひとたち。Tさんは、ずっと「食」のことを追い続けてる人でもあって、20数年前に新竪町にあった食べものや「結」も、取材してるそうですよ、>ちょろさん、覚えてますか?

そのTさんがお仕事でかかわってる講演会のお知らせ。

読売文化フォーラムいしかわ講演会・小倉千加子さんのお話「恋愛と欲望の方程式」

10月7日(土) 午後2:00~ 石川県立音楽堂 邦楽ホール

入場無料ですが、整理券が入ります。券は紅茶にありますので、どなたでもどうぞ。私も以前、彼女のお話きいたことがあります。刺激的でおもしろかったよ。今回の題もかなり過激ですね。いま、「ジェンダー」という考え方や言葉がひどいバッシングにあってるので、よけいに聞きに行きたいな、と思ってます。

虹の祭で知り合ったばかりのめぐちゃん。さっそくalに行ったんだね。

おいしいかぼちゃケーキの作者は、10年前に出前に行った保育園の保護者さん。めぐりめぐって、お友だちが紅茶を知ってて、やっと再会。

小松のOさん。上野のピースナインコンサートではったんとも出会い、その後、はったんの書いた「長良川」読んで感動して、お友だちの分もほしくて、と時間をひねり出して久しぶりの紅茶にきたのでした。>はったん、ご本が2冊、私の元からまた旅立ちましたよ。

にぎやか紅茶のスイーツは、栗の渋皮煮・お庭のぶどう・めっちゃおいしいチーズケーキ、と豪華けんらんでした。大人数でゆっくり話ができなかった初紅茶の若いお母さんたち、またどうぞ、いつもはあんまりはやってないふつう紅茶ですので。

***

紅茶が終わってテレビをつけると「美しい国をーー」と言ってるひとが、新しい首相の椅子にすわることに。谷川さんの「生きる」の詩の中の、「隠された悪を注意深く拒むこと」を、今まで以上にしなくちゃ、とますます思う。美しい言葉には、きっと隠されているものがいっぱいあるのだ。ほんとうのことを知らせない仕組みに、まず気づかなきゃ、ね。

|

« お泊りWOW | トップページ | 歌・旗、のこと »

コメント

本当のことを知らせない仕組み・・・
本当ですね。
平和といって戦争する大国あれば
美しいといって汚い行いする偉人あれば
しあわせといって実は苦しむ市民もいる・・・
嘘はあかんね

投稿: きぼう屋 | 2006年9月21日 (木) 14時29分

きぼう屋さん、ってもしかすると11月にお世話になるところのかたでしょうか。もしそうでしたら、どうぞよろしく。
平和のために闘う、愛する人を守るために戦う。一見美しそうだけど(いえ、私にはそう思えませんけども)、待てよ、、と考えないとね。

投稿: sue | 2006年9月21日 (木) 20時22分

スウさん、伝言ありがとうございます! 「長良川」喜んで頂いたようでうれしい限りです。あの中で子どもの頃のはじけるような日々を描いたのは、それを温かく見守ってくれた平和が後ろにあったからだということを、今ひしひしと感じます。時が輝くのも、人が喜ぶのも、花たちが美しいのも、すべて平和という確固とした後ろ盾があってはじめて現実になるのだということ…新しい首相になってまたさらに9条が脅かされようとしている今、そのことを痛切に思うのです。「長良川」の筆者として、そのことをお伝えしたくて♪

投稿: はったん | 2006年9月21日 (木) 22時56分

はったんの書いてること、平和の後ろ盾があって、と言うのが痛いほどわかって、、。そうなんです、なにげない暮らしの一こま一こまが、今の私には切ないくらいにいとおしいんだよ。その暮らしのそこに、私は、9が踏み台になってくれてることを思うの。
もちろん、現実には、9があれば平和に生きれる、とか、happyだ、とかいえない、ひどい現実社会があるわけなんだけど、9がかたちだけでもあって、こうなんだからね、9がなかったら、ほんとにどうなっちゃうんだろう、って思うんだよ。
また、はったんははったんのできること、私は私のできることをする、そして時には一緒に行動しよう、これからも、ね。

投稿: sue | 2006年9月22日 (金) 09時27分

拝復の拝復です──「はったんははったんのできること、私は私のできることをする、そして時には一緒に行動しよう、これからも、ね」に深く共感!そうだよね、それぞれが出来ることをやる、持続的にやる、時には一緒にやる、決してやめない、ね♪

投稿: はったん | 2006年9月22日 (金) 19時53分

はったんが、そうそう!!って私の想うこと、書いてくれてるから、またまたお返事したくなるのだ。
一人ひとりできることは違う、私にはできない、ことを、ほかのひと(たち)がいつもしている、すごいなー、ありがとー、って思いつつ、私のできることをさがして、しています。

今日の朝、テレビ見ていたら黒柳朝さんのことばが紹介されてて、「思っていても行動しないなら、思わないのと同じ」に、どきっとしました。う、、、キビシイ。中立は賛成と同じ、とも通じるなあ。

投稿: sue | 2006年9月22日 (金) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/3522694

この記事へのトラックバック一覧です: 再会紅茶・初紅茶:

« お泊りWOW | トップページ | 歌・旗、のこと »