« 原始林窯展もうじき | トップページ | あ!!翔とマガだ! »

2006年10月26日 (木)

わが家の鳩

Photo_16この丸い青い布は、 川越紅茶でいただいたプレゼントの中のひとつ、ジュンコさんが縫ってくれたもの。水色のは、わが家で愛用している鳩の箸おき。4羽、あつまって、平和の創り方を相談しているところです。

この鳩、5羽、松浦さんちにも住んでいます。にじの祭のとき、獅子吼で見つけたもの。

*****

ありがたいことに、眠れない、という悩みが日ごろほとんどない私ですけど、昨日はさすがに口惜しくて、朝3時ころから目がさえてしまいました。自分の町の町長が、「700人委員会」の、ボートピア反対の要望書を手渡した翌々日に、ボートピア容認の立場を表明するなんて、信じられなかったです。町の人たちがこの計画に気づく前に、どんどん既成事実をつくっていって、反対の気持ちを早々にあきらめさせたいのでしょうね、きっと。

今日26日の北陸中日にでっか~~~い記事出ていましたね、「町長が容認、突然の表明」と。2日前にはじめて、ギャンブル場のボートピアに反対する人たちがいることを知った町長が、それを知ったから総合的に判断した、と言うのは、どうかんがえても意味がわかりません。反対する人がいるので、早く決断しました、としか思えないのですが。

賛成議員の言葉として、「ボートピアを通じて全国に津幡の名が発信できる」と紹介されていました。競艇場外舟権売り場を通じて、津幡が有名になるのです!!

津幡町に、ギャンブル場をつくることを許すおとなに、私はなりたくありません。そして、ジュンコさんの縫った青い布の上の、4羽の鳩のように、みんなで力を寄せ合います。この写真に、一番励まされてるのは、私かもしれないね。

|

« 原始林窯展もうじき | トップページ | あ!!翔とマガだ! »

コメント

鳩さんの箸置きかわいいですねっ♪
私も一時色んな箸置きにはまってしまい
集めたことがありました…。

投稿: 森下 | 2006年10月26日 (木) 18時36分

ボートピアを、もう少し詳しく知りたいと、HPを見てみました。言葉にならない気持ち・・。700人委員会の方々 長く住んでいる地域を愛する人たちにとっては、あの美しい自然がいっぱいの森林公園のそばに、巨大ギャンブル場が建つなんて、どんな想いかと・・・。平和の鳩さんたちの相談に、私も加えてもらえているような気持ちです。スウさんがいらっしゃる日を楽しみに、チクチク縫った想いを重ねます。

投稿: ジュンコ | 2006年10月30日 (月) 08時29分

>森下さん
箸おきへのコメントありがとうございました。川越紅茶からのプレゼントは、それぞれの人がえらんでくれたいろとりどりの、バラエティ豊かな箸おきでした。

>ジュンコさん。
ボートピアという名前がそも、よくないですね、勘違いさせるような、ネーミングです。まあさんは、東京の情報誌「ぴあ」をおもいだして、あ、ボート(競艇)のぴあ(券)だ!と、発見しておりましたが。

投稿: sue | 2006年10月30日 (月) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/3958207

この記事へのトラックバック一覧です: わが家の鳩:

« 原始林窯展もうじき | トップページ | あ!!翔とマガだ! »