« 来週は木曜日においでませ | トップページ | 東京からただいま »

2006年10月12日 (木)

詩の時間

月一回の「詩を楽しむ」時間 in 津幡図書館、今日は、はじめてのひとや、ひさしぶりのひとなど、小さな「みんなの部屋」がほっこりとにぎわいました。いつも不思議に思うこと、さまざまなジャンルの詩を好き好きに読むのだけど、かならず、いのちや平和やセンスオブワンダーのきもちに、毎回ゆきつく。

城山三郎さんの「そうりになりたいぞうり、、、」「旗」、とてもこころにずしんと響いた。

鎌田實さんの「この国が好き」を輪読。いろんな人の声でよまれるひとつのものがたりは、一人で読むのではけっして味わえないsomethingを、いつもこころに感じさせてくれる。

めずらしく、おわりの10分を「ふりかえり」にあてて、一言づつ感想をもらいました。いつも図書館でしていて、気になるけど、敷居がたかそうな、、と思ってた人がきてくれて、いっぱい感じてるのがわかって、こっちの方がもっとうれしくなる。うまいへたなく、声に出して読む気持ちよさ、人の声を聴くゆたかさ。

今日は最後の最後に、谷川俊太郎さんの「生きる」を、一行ずつ輪読。まるでお堂にあつまったおばあちゃんたちが輪になって、お数珠をまわすように、一冊の本をぐるぐるとまわして。

ではでは、東京にいってきまーす。メールに、大手町時代の紅茶に、中学、高校生の時にきていた女の子が今は東京にすんでいて、、偶然、紅茶のHPをみつけて、もしかもしかしたら、西東京紅茶にこれるかも、って!実現したら15年ぶり。こういうとき、ネットはすごい、って思います。

出前の入ってない日が1日あるので、そのときに、銀座月光荘にいってきます。もうじき銀座の別のところに移転するそうですが、今月はまだ、去年寄ったのと同じところ。今回はきっとおじちゃんの娘さんにもお逢いできそうです。

月光荘のHP,とってもおしゃれできれい、そして、言葉が、むかしのように、やさしくて、センスがよくて。おじちゃんスピリットは今のお店で働く若い人にも引き継がれてる気がして、う・れ・し・い。お気に入りのリストにいれたので、このブログからどうぞのぞきにいってみてください。

|

« 来週は木曜日においでませ | トップページ | 東京からただいま »

コメント

スウさんへ

今日は西東京 紅茶の時間に参加させていただき
ありがとうございました。

さっそくブログに今日のことや、写真を載せさせて
いただきましたのご連絡いたします。
http://onlyonecrew.ameblo.jp/

ありがとうございました。
http://only-one-crew.com

投稿: 鈴木つよし | 2006年10月16日 (月) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/3780289

この記事へのトラックバック一覧です: 詩の時間:

« 来週は木曜日においでませ | トップページ | 東京からただいま »