« 紅茶ギャラリー・原始林窯展 | トップページ | おおしろだい小学校で、そんごくう »

2006年10月30日 (月)

原始林窯展の、紅茶の時間

二日目の日曜日は、前日とまた雰囲気がまったくちがって、一人見えて、ゆったり出逢って、お話しして、お茶碗も見て、お茶の時間もして、そのかたがお茶碗を買ってかえられるとほぼ入れ違いのタイミングで次のかたたちが見え、それが何度か繰り返される、という、静かで濃い時間がながれました。

げん+こりんさんの器には、一個からでも、こちらからいっぱい注文というかリクエストと言うか、わがままが言えるのです。このかたちにこの絵をかいてほしい、これとあれのちょうど中間の大きさで、模様はこれで、と使い手の希望をいってつくってもらえます。

昨日、紅茶にはこれがデビューとなる、生後3ヶ月の赤ちゃんが若いご両親といっしょに。お父さんは自分用の大きめマグカップを予約し、それに息子たちの名前をかいてほしい、とリクエスト。どういう字ですか、ときいて、次に、いつがお誕生日ですか、ときいて、びっくりくり。同い年、同じ誕生日、同じ名前、同じ漢字の、坊やの名前いりの器を、その子のおばあさまからの注文で、げんこりんさんがつくったばかりだというのです!

紅茶ギャラリーに見えたお一人ひとりの、人生の物語を垣間見させてもらえる、しあわせと感動とで胸が満たされるような、2日目の時間でした。

Photo_21 今回の作品の中には、9のお皿もありました。こりんちゃんがいのみら通信をずっと読んでいて、9teaのことも知り、ちょうど能登のヒロさんが、友禅をしてきた自分に何ができるだろう、とかんがえて、「little birds」の染めをつくったように、こりんちゃんはこのお皿をつくったのだという。ふちどりの9、お花の入ってるカップも9、って気がつきましたか。

こりんちゃんは、そのことを私が気づくまでは、自分からはいわないひとです。だから、私が尋ねて、そうなの~、とうれしそうに言って、それで私もうれしさが倍にふくらみました。げんさんもそこがそっくり、(なので、まあさんが器の解説係をかってでてやっておりましたです、由美子さんのぶろぐにも書いてあったね)。

Photo_22 離乳食のはじまった赤ちゃんの手にちょうどの耳つきカップ、これも子育て中のおかあさんからのリクエストから生まれた作品だそうです。穴のあいた持ち手だと、指がぬけなくて、中味をこぼすことが多いんだって。もうじき姪っ子が赤ちゃんを産むので、ひとつ、買いました、犬年の赤ちゃん用に。

もうひとつうれしい話。夜にもらった電話で、この11月に式を挙げる若いカップルから。結婚の贈りものをいただいた人へのおかえしの品に、原始林窯の器を使いたいのですが、と。このブログの写真をみて、あ、スウさんちでいただいた紅茶の、あの湯呑みだ!と、ぴんと来たそうです。またまた、うれしい、がふくらみました。

********

この2日間に見えたお客さんの口から、たくさん、津幡のボートピアの話がでました。町長さん、あんまりだよね、とか、はじめて知ったわ、ボートピアってそういうもんだったの?と、報道の大きな記事で、津幡町は有名?に。このまま黙っていれば、北陸初の競艇場外舟券売り場が、森林公園のすぐそばにできてしまう。中高生がはいっていけない施設を誘致して、町の活性化、っていう考え方自体が、はずかしいです。行動する時間は限られています、どうか、このこと、津幡のひとにお知り合いがいたらしらせてね。署名用紙、うちにいっぱいあります。

|

« 紅茶ギャラリー・原始林窯展 | トップページ | おおしろだい小学校で、そんごくう »

コメント

お騒がせしました、やっとブログの要領がわかったかも・・???
まあさんもスウさんもボートピア問題でひと息つく間もないご様子、風邪引かないで下さいね。
栃木に戻ってみたら3日までに金谷ホテルに納品しなきゃならない物があるのを知って、あわてて昨日は日光行きでした。日光は紅葉のシーズン、うちのあたりも木の葉が落ち始めていて、腐葉土作りに、近所から届いた籾殻の燻炭作りにと、いっそがしいことになってきました!
夜はこの前お会いした人たちの顔を思い浮かべて、お礼状を書いています・・・といってもほんとに書いているのはこりんです。
きゃさんには送って頂いた花かごの写真も添えて。
3回目の紅茶ギャラリー、ホントよかったです。
津幡に出かける直前になって思いついた「いつかどこかで」も、持って行けて良かった!
あの「おあしす」は昭和56年の9-10月号でした。今度は原本を持って行きます。
それから翼くんにメールを送りました。
ではまた・・・・そうし〜ん

投稿: げん | 2006年11月 2日 (木) 18時08分

げんちゃん、あ~~、よかった、ちゃんと届いた!私もうまく説明できずにごめんね。これからはときどき書きこみにきてね。でも、名前、のとこにニックネーム入れて、あとは内容の箱の中に書いて、送信なので、けっこう簡単でしょ。

かえってすぐのかなやホテルに納品、まにあってよかったです。

おあしす、56年でしたか、まだ万依、生まれてないころだ!ほんとに長のおつきあいになるよねえ。

翼のリクエストにも応えてあげてね。

投稿: sue | 2006年11月 3日 (金) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/4006240

この記事へのトラックバック一覧です: 原始林窯展の、紅茶の時間:

« 紅茶ギャラリー・原始林窯展 | トップページ | おおしろだい小学校で、そんごくう »