« どうして急ぐの | トップページ | 「私の平和のつくりかた」 »

2006年11月16日 (木)

「ボ」は、いらない!ウォークをするよ

「700人委員会」のひとたちをはじめ、たくさんのひとが津幡の町を歩いて、対話を重ねて、お一人ひとりから、津幡町のギャンブル施設・ボートピアの誘致計画中止をもとめる署名のお名前をいただいています。こんなことするの、まったくはじめてのひとたちが、自分から団地を歩き、自分のかかわるサークルやスポーツの練習の場所で、「ボ」の話をして、署名して、っていうの、とっても勇気を要することだと思うのです。みんな、すごいっ!

まだまだボートピアがなんだか知らないひともたくさん、そして、ちらしで予定地を確かめて、えっ、そんなに近いの、緑が丘から一キロも離れてないの、気楽に森林公園に遊びにいけなくなるじゃない、なんてもったいないことするんだろ、こんなに豊かな自然のある町で、といいながらお名前かいてくださる方が多いです。

今日、夕方にはあたらしいちらしが刷り上ってきます。シグナスでの「子どもの未来を語る会」7:00~にも、おかげでまにあいます。「私の平和のつくりかた」というタイトルで話しますが、「ボ」の話も少しします。そのちらしにもお知らせが載っていますが、

11月23日(木曜日、でも祭日) 11:00 町役場集合

「津幡町に、ボートピア(ギャンブル場)は、いらない!ウォーク」をします。

一時間ぐらい、集まったみんなで商店街などを歩き、また役場にもどってきます。道行く人たちにも、何で歩いてるのかわかるよう、先頭を行く人が、バナー(横断幕)をもちながら。

こんなことするの、津幡町でおそらく前例のないことでしょう。しろうと集団ですが、「700人委員会」メンバーがアイディアや知恵をどんどんだして、それぞれの力が引き出されてくるような動き方をしてるのがすてきだなあ、ってうちあわせのたびに思います。

「ウォーク」には、子どもたちもきっと参加します。やさしい、楽しいウォークにしたいですね。昨日の紅茶で、カーテン見本生地をつかって、その場にいた人たちとおしゃべりしながら、当日持ち歩くバナーを作りました。まだ子どもなので、700人委員会にははいれないけど、気分はすっかり委員会メンバーのSちゃんもいっしょにクレヨンで字をぬるの、手伝ってくれました。

ウォークには、私たちを応援してる町外のひとも駆けつけてくれます。津幡町民じゃないから署名はできないけど、何かしたい、と自分の手つくりミニレター本のなかで「ボ」のこと取り上げてくれたりして、こういう外からの応援団、ほんっとにうれしいです。

新しいちらしは、地図もさらにはっきりし、イラストもはいってわかりやすいです。ちらしもみんなの知恵で進化するのだね。自分の団地でまくよ、というかたいらしたら、どうかご連絡くださいな。

|

« どうして急ぐの | トップページ | 「私の平和のつくりかた」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63669/4206493

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボ」は、いらない!ウォークをするよ:

« どうして急ぐの | トップページ | 「私の平和のつくりかた」 »