« 怒っています | トップページ | いのみら発送中 »

2007年1月18日 (木)

心の学校

今日の紅茶は、はじめてのひとや久しぶりのひとがみえて、にぎやかでした。七尾や珠洲のお寺からも若いお坊さん、初参加。お菓子は、京都紅茶のかつこさんが送ってくれた紅茶のはっぱいりケーキや、金沢一おいしい!抹茶クリームいりのたい焼き、、などなど。

12人で、ポジティブニックネームと、ほめ言葉のシャワーをしました。いろんな人と何度もしてるほめ言葉のシャワーだけど、そのたんびに、あ、こんなすてきなことばがあるんや、っていつも感心する、こんなこといわれたらうれしいよなあ、って思う言葉、なかなか自分一人じゃ思いつかないもん。

   ↓

「自分を持ってるね」

「あなたの心はすてきだね」

「一緒にいたらがんばれる」

「苦労したのが報われてきたね」などなど、、、。

今日あらたに知った言葉を、また、ほめ言葉貯金箱にためておこうっと。

誰かに心からほめてもらったとき、てれくさいけど、はずかしいけど、こそばゆいけど、「うれしい」って、「ありがとう」って、いえる自分でありたいよ。悪いとこは、簡単に見つけられる。いいとこ見つけるのは、それにくらべたら難しいのです。せっかく誰かがみつけてくれた自分のいいところ、ディスカウントしないようにしないと、ね。

紅茶にいつもきてる小学生のさおちゃん、彼女の、今日のポジティブニックネームは、「さあ、行こう、心の学校へ、のさおちゃん」でした。それにもみんな、おお~~~、っていったんだけど、夕方なにか真剣に書いてるなあ、って思ってたら、最後にそれを朗読してくれました。「心の学校」という作文でした。

それによると、紅茶って、心の学校なんだそうです。小学校では学べないことが学べる時間で、すごく小さくて、時間の短い学校だけど、たくさん心がのびられる学校なんだって。さおちゃんのだけじゃなくて、おとなたちにもそうなんだって。

朗読きいてたら、うれしくって涙でちゃったよ、すご~~~い、ありがとう、さおちゃん!いっつもおとなたちの話、宿題したり、遊んだり、折り紙おったりしながら、しっかりきいてるもんね、みんな覚えてるもんね。

そう、わたしにとっても、すごい心の学校なんだよ、紅茶って。人生に必要なこと、今もここで教えてもらってるもの。今日はさおちゃんからいっぱい学びました。

|

« 怒っています | トップページ | いのみら発送中 »

コメント

さおちゃん、ステキ!!抱きしめたくなっちゃうなぁ。
ホントに紅茶は 心の学校。う~ん、あなたは素晴らしい!!です。

投稿: ジュンコ | 2007年1月18日 (木) 08時00分

>ジュンコさん、そうなの、さおちゃんはなにげなく紅茶にいて、たくさんのすてきなものを貯金箱に蓄えていってると思う。近ごろはその表現力の豊かさにおどろかされます。もともと持ってた感じるこころが、いつのまにかよりふかふかに耕されていったのかなあ、きもちをかたりあうおとなたちの中に身をおいてる間に。

いつかお許しをえて、昨日のさおちゃんの作文の言葉をそのまま、なにかのかたちでみんなも読めるようにしたいです。

投稿: sue | 2007年1月18日 (木) 16時19分

心の学校、いいなぁ!
作文、読みたいなぁ!
さおちゃんに逢いたいなぁ!!

投稿: きりりん | 2007年1月18日 (木) 19時30分

さおちゃん大好き!!
こんな小学生がいるんだなあって
いつも会うと嬉しいです。
何気ない言葉におおおおって思います。
また、きっと会えるね。

投稿: 由美子 | 2007年1月18日 (木) 20時55分

はい、今度さおちゃんにお許し得て、作文、ブログに載せさせてもらいましょう。なにげなく書いてたとこがすばらしいんだなあ、、!

オキナワニッキの増刷、できたそうで、あした発送するといっていました。ちょうどいのみらができたところ、はがきサイズなのでいのみらと一緒に入れて送りますね。ご予約いただいたかたに。

ところで!きのう、七尾の若いお坊さんがパソコンいじってくれたら、なんと、へんてこメールがはいってこなくなりました。
不思議ですが、、。そして、みなさんのはちゃんと入ってくる、どんな魔法をかけたのかなあ、、、。

投稿: sue | 2007年1月19日 (金) 01時12分

ほめ言葉のシャワーってうれしいくせにこそばゆくって、「はい、実は私、そこは自信あったの」とかは言えなくって、「え~、そんなことないです、ほんとに」とかって言ってしまう、そんなのは私だけ、かしら。
クッキングハウスでほめてもらうのはかなり慣れているくせに、つい今までつちかった?謙虚な日本人に戻ってしまう。
なんでだろうなあ。
ほめてもらった自分をしっかり認めて「ありがとう!」っていつでも笑顔で言える、そんな私になりたいです。

投稿: maki | 2007年1月19日 (金) 06時13分

>まきちゃん
ほめ言葉のシャワーの元祖?!はクッキングハウスですものね。「え~、そんなことないです、ほんとに」は、みんなの言うよ~。まきちゃんだけじゃないんです、そして、それがだんだんとね、はずかしいけど、照れるけど、受け入れてゆく自分になるみたい、、だよ。

自分を認めてあげようよね、せっかく誰かが、自分のきづいてないいいとこを見つけてくれたときは特に。

投稿: sue | 2007年1月19日 (金) 09時22分

スウさん、はじめまして。いえ本当は2度目かしら・・。ずっと前に、滋賀の野洲という小さな町に講演に来られたこと、覚えていますか?あの時だっこの娘がもう小学3年生。今日はじめてスウさんのブログに来て、こんな素敵な記事に出会って、スウさんの変わらぬ活躍をかんじて、心に優しい風がふきました。いつか津幡の紅茶の時間に行って見たいと憧れながら・・・パソコン前にひとり紅茶してマス。紅茶の時間って、きっと私みたいに全国にいっぱい、そして月日を経ても生き続けているんですね・・・(^_-)

投稿: karin | 2007年1月19日 (金) 22時53分

karinさん、野洲へは、2度うかがってますね。生協さんがよんでくださったときのことかな?。だっこの赤ちゃんが3年生、ということは8年位も前?野洲のつながりも、始まりは、大津のIさん。そこから、野洲のKさん、その後、Hさんへとつながり、野洲の小学校へと。

その延長でしょう、1月26日には、大津の夢っこ、というところへゆきます。Iさんも見えるそうです。いかがですか?

投稿: sue | 2007年1月20日 (土) 00時47分

この前、ブログに「心の学校」を書いたさおちゃんことさおです。
皆さんから凄く支持を頂いたのでこのコメントに書きたいと思いました
スーさんがブログに作文の続きを書き込むと言っていたので、どうぞお楽しみください
今度、紅茶の時間に来てくれればいつでも私に会えます。
会いたい方は水曜日のスーさんの家の紅茶の時間に来てください

投稿: さお | 2007年1月24日 (水) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怒っています | トップページ | いのみら発送中 »