« はじめてのニュースレター | トップページ | 3月の雪 »

2007年3月 7日 (水)

3月議会

昨日とはがらりと変わって、雪の舞うさぶ~い一日。20人近くで朝から夕方まで、議会を傍聴しました。
初日の一般質問で、
町民の過半数がこれだけ、「ボ」いりませんと言っても、町長は、「ボ」の設置会社?運営会社?推進会社?の(株)グットワンとの同意は撤回しない、と答弁しました。
この会社、ボートピア推進本部に、本来ならすべきはずの手続きを何にもしていないではないか、という議員からの質問に、そういう手続きの必要なことすら町は知らないというのです。 「業界のことについて、良い悪いは町として申し上げられない、関与する立場でないので。適切に進めていただくよう伝えているところです」と、役場の責任者が答えていました。手続きの必要なことも知らないで、適切に、ってどうしていえる?
今日の議会では、河合谷小学校の存続問題についても質問が出ました。ごくごく一部の人にしか話をしないでいきなり、19年度で閉校する、とまるでもう決まったこととして発表する、そのやりかたは、まるで「ボ」の場合と相似形です。
河合谷小って、本当にすてきな学校なのです。山の奥にあって、この地域の大人たちが80年近く前に禁酒宣言をして、子どもたちのために学校をつくったという、ものすごい歴史と物語があります。10年以上前、ここの6年生と娘のクラスとで何度も合同授業をして、私にも特別な想いのある学校。数年前から、地域外からの子どもたちも受け入れて、この学校のおかげで救われた子たちが現実に何人もいます。
地域のひとやこの小学校PTAが残してくださいと願う、町の誇りともいえるものを無くそうとして、誇れないものを何が何でも持って来ようとして、これっていったいなんだろ。

23の請願の採決は、議会最終日の13日です。

|

« はじめてのニュースレター | トップページ | 3月の雪 »