« 宇宙のくすだま | トップページ | あたりまえのことが »

2007年6月22日 (金)

満15歳

Photo_42 珠洲鉢ケ崎のキャンプ場にすてられていた仔犬は、けがした左の前足が痛むらしくてあまりうごこうとせず、じっとしてるとまるでぬいぐるみのおきものみたいだった。
その子を家に連れて帰り、翔と名づけ、一緒に暮らすようになった。

出逢ったときがたぶん生後2、3ヶ月だったろうから、

この6月で満15歳だ。
ひと年齢にしたら85歳くらいだろうか、
春ごろからめっきり足がよわって、
ふらついたり、急にへたり込んだり、
そして庭から縁側まで、自力ではもうあがれなくなってきた。
思えばかなりの段差を、
よくこれまでジャンプしてのぼりおりしてきたものだ。
あらたに階段を工夫して、いまはそれで一段づつあがってくる。
庭に降りる時は、抱っこしておろす。
前からあまり丈夫でなかった心臓にくわえて、
腎臓もよわってきたねえ。
寝てる時間がふえたけど、
でもしっかりたべてくれるのが、幸い。
そして、大きな丸い目でじいっと家族を見つめる時間が多くなった。
翔は若いときからほとんどほえない、おとなしい、やさしい子。
言葉ではあまりしゃべらない分、
瞳と表情で、語りかけるたちだったけど、
近ごろは前にもまして、ひとみでしゃべる。
だから私もじいっと翔を見つめて対話する。
なんてなんて大事な家族だろうと、一緒の時間を共有して
生きてることの想いをかみしめつつ。
Photo_43
翔があんまりよわってしまわないうちに、
とこの前、娘が逢いに来た。
帰ってからメールが届いた。

「今回翔を見てて思ったんだ。
翔は、前みたいに、元気に走り回ったり、じゃれたり、
はもうしない。
それでも、私達は、
翔が生きている、というその存在にすごく救われてるし、
その存在以上、何も望んでいないよね。
疑いようもなく、今の翔を愛しているね。
生きている、ってそういうことなんだね。
翔、ありがとう!」
生きている、ってそういうことなんだ、ほんとに。
前にも一度書いたことがあるのだけど、
<present> は、プレゼント、であると同時に、
現在、ある、いる、存在してる、という意味もあわせもつ。
あなたが生きて、今いること、その存在そのものが、
すばらしい贈りものであり、ギフトだということ、
老いた翔も、同い年のマーガリンも、
家族のひとりひとりも、
そして私のだいすきな、なつかしいひとたちも。

|

« 宇宙のくすだま | トップページ | あたりまえのことが »