« 詩の時間に | トップページ | 満15歳 »

2007年6月20日 (水)

宇宙のくすだま

六月の町は、くすだまみたいなあじさいがあのかどに、このかどに。
あじさいはそれひとつで宇宙みたいだ、といつも思う。

ずうーっと前、紅茶にいらしたかたからいただいたひと鉢のあじさい、鉢植えのときにはピンクだったけど、
うちの庭の花になったら、水色になった。
くすだまが、まだかたい蕾のうちは、
赤ちゃんがぎゅっとにぎったげんこつをてんでんにのばしてるみたい、
そのげんこつがほどけてゆくと、
花びらは(ほんとはガクなのだそうだけど)
どんなちいさな涙もすくいとれそうな、
まるみをおびたてのひらのかたち。

うずあじさいとか、おたふくとか、おかめ、とよばれるあじさいらしい。
くすだまがすこしずつその輪をひろげ、色づいてゆくさまを、
毎日、庭にでては確かめている時間がいとおしい。Photo_41
どなただったか、もうお名前もさだかでないけど、
あなたがあの日持ってきてくださった贈りものはいま、
雨のわが家で、
一年中で一番美しいときをむかえています。

|

« 詩の時間に | トップページ | 満15歳 »