« 開いている | トップページ | わが家に来てくれた »

2007年7月13日 (金)

提案スイッチ

Photo_45 じぶんにダメだしを出しまくってた時期に、娘からひとつの提案。
「あたしのこと想うみたいに、じぶんのこと想ってみて」

以後、じぶんの否定スイッチがはいりそうになるたび、この提案を実行した。

相手のこと想うように、
相手のこといとおしむように、
相手のこと慈しむように、じぶんを。

じぶんのことはいっとききらいになれても、
こころから大切なひとのことは、なにがどうあっても
決してきらいになれない。
だから、相手を想うように、じぶんのこと、想おう。

娘からの提案スイッチは、おりおりに私にはいって
私にちからをくれました。

ある日、車のなかでCD聴いてて、
あ!と思わず声をあげた。小田和正の「たしかなこと」

♪自分のこと、たいせつにして
  誰かのことそっと想うみたいに

いってるのは、おんなじこと。


娘の提案スイッチに何度も助けられながら、あらためて、
決してきらいになれないひとがいること、
愛せない理由をさがせないほど大切なひとがいること、
その存在のありがたさに、深くふかく感謝。

|

« 開いている | トップページ | わが家に来てくれた »