« はい、いいえ | トップページ | あの日の夕日 »

2007年7月31日 (火)

カナカナカナ

ここに越してきた15年前は、庭に一本の木もなかったんですよ。

というと誰もがびっくりする。今は、栴檀、ネム、クヌギ、 コナラ、ウワミズザクラ、藤、それに名前をしらない木たちもおいしげって、外から見るとみどりのドームのよう。家のなかからの眺めは森のよう。それが年を追うごとに濃くなって、おかげでみどりのエアコンがとてもよく効く。

じいぃっ、じいぃっ、じいぃ~~~~、じいぃ~~~~~。

にいにいにいにい、、。

みいい~~~ん、みいい~~ん。

ちょいっ、ちょいっ、ちょいっ。

セミたちをBGMに鳥の声がかぶさる。ちいさな森のアカペラ。ときどきは、ホーホケキョ、ケキョ、も聞こえる。

夕暮れにちかづくと、すきとおった高音の、カナカナカナカナ、、、、、
こっちのこころまで共鳴してふるえてしまいそうな、ヒグラシ。

ときにはすぐ隣にいるかのような近さで、大きく、カナカナカナカナ、、、、

目を閉じて聞きほれる、夢の中にいるみたいなきもち。

一週間前、10日前、にきいたカナカナカナ、、、の主は、まだ生きてるか。カナカナカナと呼んで相手を見つけて、生まれてきた役目をもう終えたろうか。毎朝、縁側に倒れている何匹ものセミのなかに、耳見知りは、いるか。

セミも、鳥も、風がならすはっぱのざわめきも、夏の日のいのちのアカペラ。

夏のいのちの間に、その美しい音をせいいっぱい聴こう、味わおう。

|

« はい、いいえ | トップページ | あの日の夕日 »