« あの10年 | トップページ | 日本のこれから »

2007年8月 8日 (水)

等身大の僕の、今

紅茶の時間に、何年ぶりかで宮川くんがやってきた。4年前の夏からこの5月ころまで、隣の県にある、子どもの権利支援センター「ほっとスマイル」のセンター長をしてた彼。

はじめて彼が来たのは、14年前。そのころは自転車で毎週のように。

こじんまりしたとくべつ紅茶で、「不登校だった僕から」を語ってもらった。

その後、「不登校の真実」という映画のつくり手の一人になったり、大学の非常勤講師をしたり。

彼が管理人をしてるネット相談の掲示板は、安心して書き込みのできる、まれなピアサポートの場に。

かつての自分と似たようなことで困ってるひとがいたら、何か自分にできることはないか、と考える。でも自分ひとりじゃとても無理、だからどうか力を貸してください、って謙虚にお願いする。表方、より裏方、の彼の生きかたスタイル。

そんな彼がいま、自分のために使える自由時間ができたのも、きっと誰かのおはからいでしょう。

彼の話をゆっくり聞きたくなって。とくべつ紅茶に10年ぶりで再登場。

9月22日(土)14:00~ 宮川正文くんが語る、「等身大の僕の、今」。

|

« あの10年 | トップページ | 日本のこれから »