« 出かけてゆく哲学 | トップページ | 今咲くすみれ »

2007年11月28日 (水)

サタデーナイト

12月が近づいてくる。はやいなあ、ことし最後の月。その月の初めに

とくべつ紅茶 12月1日(土) します。

  風の吹くままカメラマンこと、マスノマサヒロさんの

       写真とことばとおはなしと音楽と。

1:30 open 2:00~5:00 @水野宅 参加費500円 放課後 もちより一品夕ご飯。マスノさんのHPは、kazesan。光と風を感じる写真たち。だいすきです。  →   http://plaza.rakuten.co.jp/kazesans/3000

どうぞどうぞいらしてくださいませ。

                    *******

ひさびさのサタデーナイト紅茶は、薪の火も入って、とっても懐かしい匂いがした。ナイト紅茶は、ひるまのふつう紅茶と、匂いが違う。夜だからこれるひともいる。土曜だからこれるひともいる。ちいさな子が3人、しまいぎわに走り回っていた。それを眺めてるおとなたちのしあわせそうな顔を見てるわたしのしあわせ。

この日の顔ぶれも一期一会。いわゆる自己紹介はしないけれど、ともともや結ともでしてるようなウォーミングアップをかわりに。この夜のお題は、紅茶つながりと、住んでる町と、「子どものころのおやつの想い出」。

こんめ、と呼んでたゆすらうめ。もも、ぐみ、いちじく、桑の実。お芋のふかしたの、井戸でひやしたスイカ、カバヤのさいころキャラメル、、、。けっこう若いひとの思い出のおやつのなかにも、こんなものがあるんだね。

ナイト紅茶で、私は玄米をたく。おかずをいつもよりは多めにつくる。一方、夫の冬場のおもてなしは、なんといっても、薪ストーブの火。これ、おいしいね~、と言われてつくったひとがうれしいように、あったか~い!って言われることが、いちばんうれしいそうだ。火は、彼の用意するごちそう。

来月のナイトは、12月15日です。

            *****

今日は紅茶で、「り・さいくる マイ封筒作り」のワークショップを。手作り封筒やお古封筒のりさいくるは、もう40年来の、趣味をこえた、私の大好きな時間。こんなこと楽しいと思うのはわたしだけかと昔は思ってたけど、いや、そうでもないみたいで。

何も知らずに紅茶にきたひとが、いつのまにか手を動かして、一緒に作業できたら楽しいな。リサイクルした封筒のほとんどは、次のいのみらをいれて誰かのもとへ。

|

« 出かけてゆく哲学 | トップページ | 今咲くすみれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出かけてゆく哲学 | トップページ | 今咲くすみれ »