« 着地点 | トップページ | 贈りもの »

2007年11月20日 (火)

火がはいりました。おしらせあれこれ。

          

   今日、まきストーブに今年はじめての火がはいりました。

           紅茶からお知らせまとめていくつか。

                *******

今週土曜日の24日は、ひさびさのサタデーナイト紅茶。@水野宅。

夕ご飯をご一緒に。夕方5:30~9:00。 持ち寄り一品でも、手ぶらでも。手ぶら参加費は500円。要予約。

ほんと言うと、ナイト紅茶は、5:00ころからopenして、来たひとと一緒に夕ご飯をつくりたいのだけど、24日は、西田幾多郎哲学館に鷲田清和さんのお話(2:00~4:00、誰がいってもOK)をききにいくので、やっぱり5:30からに。

鷲田さんを知ったのは、「聴くことの力」という本で。もう10年ぐらい前だろうか。それまでは私自身も、聴く、ということをそんなに深くはとらえてなかった気がする。以来、鷲田さんの本はいつも気になって読んでいる。臨床哲学、という分野の扉をひらいてくださったひと。

12月のサタデーナイト紅茶は、12月15日 5:30~  お料理作りから一緒のひとは、もう少し早めにどうぞ。我が家の玄米の炊き方を知りたいかたは、5:00までに。 ナイト紅茶は、原則、ご予約ください。

                   *******

11月28日(水)のふつう紅茶の日に、

り・さいくるマイ封筒作りワークショップをします。みなさんにお送りするいのみらを入れる封筒の半分くらいは、お古封筒のり・さいくるです。おしゃべりしながら、マイ封筒を作りたい方、どうぞ。2:00くらいから。

ふつう紅茶も、1:00~6:00 ふつうにあいてます。封筒をつくらずにただ紅茶にいるだけも、見てるだけも、もちろんOK.

                ******

       とくべつ紅茶 12月1日(土) 

  風の吹くままカメラマンこと、マスノマサヒロさんの

       写真とことばとおはなしと音楽と。

1:30 open 2:00~5:00 @水野宅 参加費500円

放課後 もちより一品夕ご飯。

マスノさんのHPは、kazesan。光と風を感じる写真たち。だいすきです。

  →   http://plaza.rakuten.co.jp/kazesans/3000

どうぞどうぞいらしてくださいませ。

                    *******

紅茶玄関本屋のただいまのラインアップ

・「生きてみようよ!~心の居場所で見つけた回復へのカギ」

  松浦幸子さん、編著(教育資料出版会 1700円)

 不思議なレストランの20年。メンバーたち47人が、自分の病気のこと、ク   ッキングハウスにきて仲間たちと出逢えたこと、自分の不安や孤独が安心に変わっていった軌跡を、ありのままに。ひとりひとりの文章のなかに、回復へのすばらしいカギがあって、いま、3度目を読んでるところ。松浦さん自身、この本のことを、「私を導いてくれるバイブルとなるだろう」と書いています。希望と勇気をプレゼントされた気持ちになる本。

ほかに、すでにご紹介したけど、

・細川律子さんの、「風と光の散歩道~宮沢賢治の植物を訪ねて」

                  (椋鳥書房 1800円)

・金森俊朗さんの、「いのちの教科書」「希望の教室」

                  (角川書店 どちらも 1200円)

・一時品切れでしたが、また入荷しました。

  中西万依の、「コトノハ在中」   (mai works 200円)

・ちいさんの「つぶやきカレンダー」もはいりました。 (500円)

    *****

紅茶や本などに関するお問い合わせは、

「紅茶の時間」HPhttp://www12.ocn.ne.jp/~mimia/sue.htm

のトップページから、E-mailでどうぞ。

|

« 着地点 | トップページ | 贈りもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着地点 | トップページ | 贈りもの »