« .年末年始と紅茶玄関shopから | トップページ | hello & goodbye 2007年 ありがとう »

2007年12月28日 (金)

天使っぽいgod dog

Oさんちのジェスちゃんが、翔と同じ11月に、天国の犬になった。

16歳5ヶ月というから、翔のちょうど一つ年上。
あの小さなからだで、本当に長い間、ずいぶんがんばってきた。
         ****
若くして亡くなった娘さんの犬でもあったので、
その肩代わりもしてくれていたという。
そのこともジェスはきっと十分わかってて、
ジェスのはたらきをせいいっぱいしてくれていた、
Oさんが一番つらいときそばにいて。
ずっと、ありがとう、ばかり言ってるの、というOさんのきもち、
ああ、おんなじ、おんなじ、って思う。
お母さんを励まし続けたジェスに
わたしからも、ありがとう、です。
          *****
私の携帯には、去年の出前紅茶のときにうつした、
うしろ足で立ってるジェスが今もいる。
ジェスと翔とは、娘さんを偲ぶ上毛高原でのつどいのときに出逢った。
彼女が出逢わせてくれた2匹は今ころ、
やあ、ジェス、やあ、翔、って再会をよろこんでるな。
もちろんその横には、ジェスの本当のご主人である娘さんが
笑顔でいて、ジェスが、これまでの家族の話を
いっぱいきかせてあげてるに違いない。

                  ******

津幡図書館で毎月一緒に詩をよむきりりんさんが、
てづくりのミニミニ本 ーーー きりりんさん選、
犬をうたった詩だけを集めた一冊きりのアンソロジーをくださった。
まどみちおさんの、東くんぺいさんの、工藤直子さんの。
とりわけくんぺいさんのは、
「紅茶の時間」という詩集のなかの、「紅茶の時間」という詩。
知らなかったよ、そこに一匹の犬が登場してたなんて。
       *****
Photo_2 表紙の翔の字には、ほんとに羽がはえている。
ウラ表紙には DOG とちぎり絵文字でかいてあり、
逆から読むと、GODですね、ってきりりんさんが教えてくれた!
ジェスも翔も、天国に行って、
GOD(きっと天使っぽいGOD DOGね)になった。Photo_3
犬とは思えない犬、そのたしかな存在。
Oさんちにとっての、ジェス。
私たち家族にとっての、翔。

|

« .年末年始と紅茶玄関shopから | トップページ | hello & goodbye 2007年 ありがとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« .年末年始と紅茶玄関shopから | トップページ | hello & goodbye 2007年 ありがとう »