« ただ、それだけのことが、やさしいんだ | トップページ | きもちの一枚 »

2007年12月 9日 (日)

じてんしゃ図書館

ここ数日間、石川県内を、水車をうしろにつけた不思議な自転車が走っていること、ニュースなどでご存知かもしれない。
じてんしゃ図書館。
館長の土居一洋さんは、28歳の若者。
20世紀の100年間で、人間が地球に何をしてきたかリアルにわかる
「百年の愚行」という写真集を、全国の図書館においてもらいたくて、
土居さんは自転車で日本を巡っている。
積んでいる本は、環境に関する本たち。
道々出会うひとで、図書館の本を借りたいというひとには、
じてんしゃ図書館の本を貸して「あげちゃう」、
つまり、返却しなくていい、そのかわり、その本を誰かにまわすことが条件。
             ****
その土居さんが、今日、内灘、かほく、宇ノ気、七塚とまわって、
もう暗くなった夕方遅くに、津幡図書館に到着。
水車つき例の自転車と土居さんが見えたときは、
思わず、わあーーい!と叫んでた、
ほんとに首なが~~くして待ってたからね。
冷たい風のなか、鼻をまっ赤にしてあらわれた彼、
待ちかねてた前図書館長の前田さんとも会えて、
紅茶のNさん夫婦とも会えて。
        ***
それから土居さんは図書館にはいって、
職員に、自分の紹介と、「100年の愚行」の本の紹介、
なぜこういうことをしているか、
そしてこの本を図書館でぜひ購入してほしいことを、
熱く、でもていねいに、お願いしていた。
                  *****
今日の津幡町立図書館で、訪ねた公立図書館は1、674館。
すっごい意志の力だ。
いろんな人から彼のこと、聞いてはいたけど
ほんとにとってもきもちのいい青年、そして何より謙虚。
もう真っ暗になった町へ、一路、今夜お泊まりするお寺のある
野々市へと自転車をこぎだす。
彼に会って、もっとゆっくりお話聞きたい方は、
             ↓
12月13日(木)19:00~21:00
  じてんしゃ図書館 土居一洋さんのお話を聴くつどい   
   常讃寺 (野々市町三納145-2)     
     TEL 076-248-7203
      参加費 500円 
土居さんのこと、もっと、は
       ↓
じてんしゃ図書館あそブック
  http://asobook.nomaki.jp/

全国行脚の自転車図書館(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/photonews/photo.htm?ge=1&id=5136

「じてんしゃ図書館」が町田を通過-環境問題関連の書籍普及目
指す (町田経済新聞)
http://machida.keizai.biz/headline/50/index.html

動画もあります!
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=242423
    

|

« ただ、それだけのことが、やさしいんだ | トップページ | きもちの一枚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ただ、それだけのことが、やさしいんだ | トップページ | きもちの一枚 »