« いってきます。 | トップページ | つばらつばらに »

2008年3月 3日 (月)

ふうさん紅茶

京都のおうちカフェふうさんでの出前紅茶。ちいさなおうちにいっぱいのひと・ひと。その分、濃く共有したきもちと、互いに交差するきもちとが、ともにいっぱい重なりあったなあ、と思う。

5年ぶりの、4年ぶりの、2年ぶりの、そしてはじめての、お顔にむきあった。自分のこころの内側を話すときは、聴いてくれているひとたちの存在がかかせない。聴いてくれている、と実感できるから、わたしも話し続けられる。そのことを一瞬一瞬、確信しながらの、ふうさん紅茶だった。

紅茶なwowでした「期待する・されること。あきらめること・あきらめないこと」のワークショップを、ふうさんでも少し。

「あきらめることは、あきらめないこと」、哲学のようなこの言葉を発見してくれたのは娘だったけど、あらためて、これはなんて大きな、大事なテーマなんだろう、って思う。ワークショップしながら、そこにいるひとたちとそのことに気づいていく道のりが、それぞれの人生を反映して浮かび上がってくる。

場をつくってくださった店主のふうさんが、今回は前回よりずっと紅茶に参加してくれてたこと(一回目は、緊張しすぎて楽しむ余裕なんてなかったものね)。以前からわたしを知るひとたちが、愛をもって逢いにきてくれたこと。はじめてのひと同士がつながっていく瞬間を何度も感じられたこと。幸せな時間、ありがとう。

|

« いってきます。 | トップページ | つばらつばらに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いってきます。 | トップページ | つばらつばらに »