« うなづき | トップページ | ふつうだけど、とくべつっぽいふつう »

2008年3月24日 (月)

あったかい磁場

Photo 22日、23日、と松浦さんのSSTワークショップ。一日目は、団さんと家族面接を学ぶ会の仲間たちや、紅茶つながりのひとたちと、二日目は、ともとも・結とも・ともさん、という3つのともの時間の仲間たちと。

ともの時間では、松浦さんが一年前から学んでるというサイコドラマを、今回はじめてしていただいた。SSTとはまた違う、心の深いところにふれてゆく、それはそれは不思議な体験だった。

なにより、今、苦しみのただなかにいる一人の仲間のために、そこにいる全員がきもち一つにして、ちからをあわせて、それぞれの役になりきる。ともの時間でよく感じる、たがいに助けあう空気、といったものがいつもの何倍も濃くなり、もっと集中して、その場に、あったかい磁場が生まれる、、そんな時間だった。

私たちは日ごろ気づかずにいるけど、実はなんて多くのものに見守られ、助けられ、支えてもらっていることだろう。一人、だと思っていても、本当は、一人、じゃなかったのだと。

この日のワークショップでは、自分への感謝状、というものをそれぞれに書いた。これもふだん味わったことのないきもち。夫が書いた、彼への感謝状。私が書いた、私への感謝状。何度でも読み返したくなる不思議な、自分への手紙。

|

« うなづき | トップページ | ふつうだけど、とくべつっぽいふつう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うなづき | トップページ | ふつうだけど、とくべつっぽいふつう »