« ちいさいおうち紅茶 | トップページ | 4つの紅茶 »

2008年4月14日 (月)

ともの時間@川越

3つ目の出前は、川越紅茶。
ここでも、「ともの時間」のようなコミュニケーションの練習をはじめてゆきたい、ということなので、その出発点になれればいいな、
の願いをこめてワークショップのプログラムを考える。

          *****

ウォーミングアップは、
「今日ははるばるどこからきましたか」
「ご飯のおとも」、
それに今の気分を短く語ってもらうことから。

川越紅茶でこれからはじまってゆくこの場所に必要なもの、
いわば、こうあってほしい約束、ルールを、
おもいつくかぎりみんなから出してもらうブレーンストーミング。

続いて、ほめことばのシャワー。
聴く練習・聴かない練習。
「聴くこと」という詩の輪読。

そして、もちよりおいしいランチをいただきながらの、ふりかえり。

文字であげればこれだけの約3時間だけど、笑いあり、涙あり、拍手あり、へえ~~!や、なるほど!の歓声あり、で、しながら私もどんどん解放されてゆくのがわかる時間になった。

二十人もいる場で、実際の練習場面を作るのはむずかしいだろな、
あまりよくばらずに今日はこのくらいで十分、と思っていたら、
ふりかえりの途中で、はからずも課題になりそうな話をだしてくれるひとがいて、おかげで、そこにいるひとたちみなにとっても、いい気づきの時間になって、感謝感謝。

          ***

考えれば、きのうの川口といい、今日の川越といい、どちらもあたらしいことのスタート、という特別な日なのだった。場がゆるやかにそだって、階段をしぜんにあがったのだ、一歩分の一段。

川口のちいさいおうちの紅茶の時間、川越紅茶の、名前はまだなさそうなコミュニケーションの練習の時間。どちらにも、おめでとう!と心から。


|

« ちいさいおうち紅茶 | トップページ | 4つの紅茶 »

コメント

うわッ・・・・もうブログに~”ありがとうございます。場がゆるやかに育って 階段を自然にあがる・・・あ~いいなぁ そういうの いいなぁ。「紅茶の時間」にそして私の気持ちにも とてもフィットする言葉でした。ほめ言葉が小さい紙にいっぱい書かれたものを 何度もながめて あったかくなっている私です。ありがとうございました。

投稿: ジュンコ | 2008年4月16日 (水) 22時00分

ジュン子さん
階段、とか、段階、という言葉がすきです。一足飛びにはいかないもんね。川越がちょうどそんな段階にきたんだなあ、って感無量でした。

今回の出前シリーズは、わたしにとってもとくべつなトライアルだったので、まっさきにきもちブログに残してゆきました。ほめ言葉のシャワー、待ってますね。

帰ってから、紅茶をはさんでまた、木、金、土、とワークショップが続いていたのですが、どの場所でもとくべつな用意はせずに、そこにいるかたたちとの心の行き来を大切に、私は水先案内人という立ち位置でゆるやかにすごしました。

投稿: sue | 2008年4月20日 (日) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちいさいおうち紅茶 | トップページ | 4つの紅茶 »