« いくつものシンクロニシティ | トップページ | すっきり »

2008年4月 1日 (火)

翔のスミレ

Photo_3 翔のお墓の目じるし、白い大きな貝殻。そのぐるりを囲むように、ふちどるように、紫のスミレが咲く。

能登の友人が、冬に咲くスミレを翔のお墓に、と去年12月に分けてくれたもの。冬のスミレは、春にも咲いてくれた。枯れ葉を敷きつめたお墓がふかふかの土になって、たくさんの花を育ててる。

Photo_4

 ← 一輪だけでも、ほら、こんなにやさしい翔のスミレ。

                   ****

 いのみらを10日かかって書きました。以前は3日で書けた!などと、速さを自分で自分に自慢していた私がいる。今は、味わいながら書けるようになったんだな、と変化に気づく。

ここ10日間は、松浦さんのSSTや、お泊りや、福井さんとのランチや、ナイト紅茶、と4回も玄米を炊く日があって、現実には忙しかった日々の中で、毎日少しずつ little by little いのみらに向かえた自分がうれしい。

明日水曜日に刷り上ったいのみらを届けてもらえるので、午後はいのみら組み作業の紅茶になりそうだ。明日くるひと、ご覚悟のほど。

印刷に出した後で、間違いに気づきました。いのみらが届いたら探してください、ヒントは鳥の名前です。

気づけば、東京への出前は来週でした。発送も少し急ピッチで。

|

« いくつものシンクロニシティ | トップページ | すっきり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いくつものシンクロニシティ | トップページ | すっきり »