« 一巡り | トップページ | 紅茶じるし。 »

2008年6月 9日 (月)

shoppeの一日

4回目の紅茶shoppe、無事終了。5歳から60?歳まで、20人の店長さんが風呂敷サイズのお店をだした。

shoppeは風変わりなお店、という意味。どこが変わってるかというと、

店長の数の方がお客の数より多いかもしれないことや(最終的にはいつもお客さんの数がお店を越える。今年も越えました)、

一時間前から準備にかかり、開店時間の11:00になったら、自分のお店をほったらかして、いっせいに買い物がはじまることや、

布ブローチ出すつもりが仕上がらなくて、途中だけど見てもらいたいから一応持ってきました、お店は、朝つくった皮も種もはいってるかぼちゃケーキです、というひとや、

初めて参加するひとが文字通り風呂敷をもってきてひろげたりすることや、

まあ、お店というより手作り縁日みたいな空気の、shoppe。

                *****

ひととおり買い物をして、お客さんと出逢って、ランチも食べてひと段落したころ、毎回するのが、店長紹介コーナー。初参加のひとが半分以上。

shoppeの日をどきどきしながら待っていました、子どものころにしたお店屋さんごっこみたいでわくわく、というひとのお店屋さんは、3日がかりで炊き上げたきゃらぶきとらっきょう。

イラク戦争の、戦火の中の家族を描いた映画「リトルバーズ」をモチーフに、祈りをこめて染め額にした「リトルバーズ」、鯉の滝登りの図柄の花嫁のれんなど、友禅作品のポストカード屋さんをしたのは、能登のヒロさん。

そのヒロさん友禅の下絵を描いているのが、毎回、すぐ売り切れになるチーズケーキ屋さんの店長の、たかちゃん。

言葉遊びのしおり屋さん、たとえば9条シリーズはこんなふう。9の表側は「ツタエちゃん」、裏は「タイナちゃん」。9条あって、の表は「ウレちゃん」、裏は「シイナちゃん」。伝えたいな、うれしいな、のしおりはきりりんさん作。

森にはいればそこはごちそうの宝庫。ワラビの塩漬けをもどして炊いたのや、夏ハゼのジャム、オニグルミの赤ワイン糖衣(とうごろも)・白ワイン糖衣、塩グルミ(おつまみに最高!)など、町のお店では買えない品ばかり。店主のひさえさんは、この日のshoppeに来るために、田んぼや炭焼きのだんどりを詰めて詰めて、時間をやりくりしたのだという。

彼女は、パートナーで植木屋もしてるしゃいと一緒に、うちの金沢のお里の庭を毎年手入れしてくれるひとでもあるのだけど、なりっぱなしの庭の夏みかんをぜんぶもいで、それでジャムをつくったそうだ。

友人のひさえさんからそのジャムをもらって、米っ粉のなかに入れて、パウンドケーキを焼きました、と初参加のお母さん。お店を出したいけど出すものが何もないので、いつも子どもと一緒に作るこのケーキにしました、と。

どきどきやわくわくや、何もないのでいつもつくってるものを、というあたりが、紅茶shoppeのおそらく原点だ、といつも思う。ふだんはプライスレス、当たり前に口にしたり、使ったりしているものが、shoppeの日にだけ、お値段つけて、ちょっとよそいきの顔して、誰かに買ってもらう。そこが楽しみ、ちいさな自信。

          *****

店長コーナーで、作品それぞれのちいさなものがたりを聞くと、いっぱい買ったつもりが、また買いたくなる。で、儲かった分だけ、またお財布から出てゆく、という図式なのだけど、+-=0、にはならないで、何かが残ってゆく。お店屋さんをした一人ひとりの、キャラクターや、暮らしている時間や、想いや願いのようなものが、手仕事の作品のなかにしっかりはいっているからだ。

今回の私は、紅茶手縫い屋のポット帽子となべつかみ、ビー玉アクセサリー屋にくわえて、mai worksの店長もしたので、台所かたは、すっかり夫にまかせきり。ほとんどずっと立ちっぱなしで、おかずを盛りわけたり、使ったお皿をまめに洗って、水切りかごをいつもからにしておいてくれたりしてた。

毎週のふつう茶もだけど、ほんとにどれだけ彼に助けてもらってるかしれない。会社をやめて自由なひとりのひとになって6年。今の紅茶は、彼ぬきでは考えられないくらいの、大事な存在。シャワーのように、ありがとうを降らそう。

shoppeの日が発行日の「ほめ言葉のシャワー」は、おかげさまで完売。mai worksのレターセット、シールも売り切れ。蔵書票は、まだ少し在庫あり。

同じ日、娘は西宮で「ほめシャワ」2刷目の製本を。印刷所の断裁機の調子がよくなくて、家で一枚一枚、はさみで切りそろえたとのこと。一回ごとに、製本の腕も上がってきてるよう。本は水曜の紅茶までには届きます。

            *****

予定といえば、たった今、福井幹さんから電話。

福井さんと小川由美子さんの、 とくべつ紅茶「森のひびき」コンサートが

Photo 8月9日(土曜日)午後に決定。また、あらためておしらせするけど、心待ちにしてた方、カレンダーに★印を。ちいさなホームコンサートなのに土曜の日の、しかもナガサキの日に。

ちなみに、昨日の紅茶shoppeで流れていたのも、お二人の演奏による「光の森」でした。

|

« 一巡り | トップページ | 紅茶じるし。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一巡り | トップページ | 紅茶じるし。 »