« ハツユキカズラ | トップページ | かみさまからのおくりもの »

2008年7月29日 (火)

川が暴れた

昨日の朝、テレビをつけてびっくり。全国放送のニュースで、見慣れた金沢の浅野川大橋あたりが映っている。しかもごうごうと音がしそうな濁流の映像。

その前の晩、たしかに津幡でもカミナリが何度もとどろき、雨も激しい降りだった。でもいつものように午前3時ころマーガリンに起こされた時は、たまたま雨はやんでいて、その後、熟睡。朝起きたときは何も知らず、ひと雨あったから、おかげで涼しいねえ、などとのんきなことを言っていたのだった。

大橋からすこし低い位置にある主計町(かぞえまち、と読む)あたりの、料亭や旅館の被害がかなりひどそうだ。何度か東京や京都のお客様にとまっていただいた、ちいさな旅館も泥だらけになっていた。

浅野川は女川とよばれるくらい、普段は水量も少なくて、友禅流しや灯篭流しもする、おとなしい川のはず、だった。よもやその川がこんなに急に暴れだすとは、思ってもいなかった。

夜、月いちのwowの勉強会で金沢にでた。帰りにおそるおそる、浅野川大橋までいってみる。橋の近くも大通りも、朝はあったのかもしれないがもう泥は見えない。大橋から近いしら井昆布さん、被害はなかったろうか。

川の上流では、3時間に254ミリもの雨が降ったそうだ。50年に一度、100年に一度、のことが、防ぎようのない速さで、here&there 起こっている。兵庫県では、川遊びの子どもたちが何人も水に連れさらわれた。痛ましすぎる。一つのいのちのまわりには、かぞえきれない涙と悲しみがあるのだから。

                

|

« ハツユキカズラ | トップページ | かみさまからのおくりもの »

コメント

少し前まではアメリカの干ばつと局所的な大雨、サイクロンに地震と、ニュースをみてても『あぁ、外国は大変やね。日本も危ないなぁ』なんてなんの不安も対策準備もしないでテレビの『むこう』を見てる人が多かったけど、
とうとう日本にも。
本来はかなりのスパンがあるけど現実はもう開幕。すでに被害がでています。
ただ、わずかでもレアトリアムがあったから、等身大に受け止めてる人は強いと思います。また言い方は悪どいけれど今回は災害のサンプルが多いので科学(国)としては対策をたてやすいはず。ここで自然に対して過度に意識するんではなく、どこにでも書いてある[災害時における行動]の本に載っているそれに従えば良い。発生時にアクションをおこすのではなく発行以前にアクションして、待つ。のがよいのでしょう(一般論ですが)

さて、日本中国アメリカと経済大国が被害にあったそしてあい続けているなか、食料問題も要素点があります。

バイオエネルギーとかいって、かなりの量のトウモロコシが搾取。実はこれ搾取した分と機械を動かすエネルギー比がちょっと……って耳にします(そんなこと言ったら省エネ製品って良いとこの数字しかしめさないからなぁ)
アメリカは干ば

投稿: ショウジ | 2008年7月30日 (水) 04時52分

こちらでも、前の日の夜10時ころ大雨が、降ってあけて
午前3時ころまた、降って今年は、こちらでは、雨が少ない
ねぇと言ってた矢先の雨。こちらの地域にとっての恵みの
雨も別な地域にとっては、災害を引き起こすってことの事実に呆然としています。怖いことですが、テレビで商店の
商品が泥まみれになっているのを目にして、家でも、ささやかながらお店やっているので、人事には、思えませんでした。なんかすごいショックでした。

こんな北国なのに、年々夏場の気温も上昇している様子。
今年は、この辺の地域だけわりと低めだけど。
まったく、この先どうなってゆくんだろうと、心配になるよね。悲しくなるような災害も日本のあちこちで起きているし。お天気には、関係ないかもしれないけど、地震もやたら多いしね。こっちでも、揺れたし。たいしたこと、なかったけど。人の命が、一瞬にして奪われる。災害。なんか言葉が、続かないのが、はがゆいなぁ。津軽・today

投稿: 津軽・today | 2008年7月30日 (水) 14時54分

ショウジさんのお住まいの近くは、雨の被害はありませんでしたか。スコールのように、ある場所にだけどーっと降るみたいですね。
とうもろこし、という本来食べるものを燃料にする、ということが、そもそもどこか違うような気がしてなりません。バイオマスのことも、はじめはいいとこだけしか宣伝しませんでしたものね。

todayさん
そちらでもいっときは大雨だったのですか。山が少なくなると、いちどきに下に来ますね。天災と人災と合わさってるような気がします。

金沢の大雨の翌日、関西でもスコールのような雨、天気がいいからいまのうち印刷に、と出かけた娘、印刷所についてから、どどどーッと降り、帰りどうしよう、、、と思っていたら、印刷終わったころにはもうすっかりやんでたそうです。ほんとにいつ、どこで、スコールになるかわからない、そういう日本になってしまったのかしらね。

投稿: sue | 2008年7月31日 (木) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハツユキカズラ | トップページ | かみさまからのおくりもの »