« 手仕事の仲間たち展 | トップページ | 能登へ »

2008年7月14日 (月)

マガにもシャワー

Photo ← さすがに小さくなったマガ。紅茶の一番だいじなおざぶとんの真ん中で。

夏は外で寝ることの多いマーガリン、そんな夜は私も朝までぐっすり眠れる。きのうはひさしぶりに家の中にいて、夜中の2時に私を起こしに来た。

にゃ~~にゃ~~、

ドスのきいただみ声でひとしきり催促したあと、それでも動かない私に、こんどは前足の肉球で私の首すじを押す。

ねーってば、ねー、♪ごはん~~、ごはん~、

こうなるとこっちも根くらべだ。狸ねいりしてたら、次は私の耳たぶを甘噛み。

うひょ!こらかなわん、わかったわかった、ごはんあげるよ。

かくして、マガは夜中のごはんにありつけました。マガの勝ち。

    ****

Photo_2

← マガ、ご機嫌 Photo_3

← マガ、ぶっちょうづら

夏でもあり、それ以上に高齢でもあり、甲状腺の薬が効いてることもあるのか、マガの食欲は去年のように、食べても食べても空腹、ということはなくなった。その分、たべる量がまちまちだ。好みのシニア用キャットフードをお皿にのせても、ふん、とよこを向いてまったく口をつけない時もある。そんな時、

ほら、おいしいよ、いつもの好きなのだよ、食べてみ、おいしいから。

と声かけしながら横で見てると、いったん、ふん、とした時でも、もう一度鼻を近づけ、そんなに言うなら食べてみっか、という顔でたべだすことが何度かあった。

あ、えらいね~、よく食べるね~、おいしいもんねえ。

途中から、むぐむぐ、本格的にたべてお皿を空にすることもしばしば。どうも、お皿に盛って、私がその場をはなれてしまうと、食べないことが多いみたいだ。

マガの薬をとりにいったとき、そのこと、ナースさんに話してみる。

そうそう、猫ちゃんには多いみたいですよ、入院中の子でも、食べるのを応援してあげてるとけっこう食べますよ。

へえ~~!やっぱりそうなんかぁ。

確かに、翔の場合も、てのひらに乗せてごはんをあげると、食欲なさそうなときでもどうにか食べてくれたものだ。声かけすることで食べたかどうかは記憶にないが。

食べることを応援する、って、老猫にとっては、生きることを励ます、ってことだ。

ほめ言葉のシャワーのちからは、人間にだけではないらしい。

うん、マガにもシャワー、だ。

|

« 手仕事の仲間たち展 | トップページ | 能登へ »

コメント

マガちゃんも、いろいろ病気背負って生きてるんだね。家のわんこたちもそうなの。外で飼ってるわんこの白くて北海道犬の雑種のジョンは、今、12才と数ヶ月。去年からフェラリアという病気と闘っています。おとなしくて、賢くて子供にもやさしいわんこです。けど、少し甘えん坊。散歩の時間が大好きで、時間になると、いつも、夫を誘ってないてます。夕方の散歩は、舅の運動時間それにも、お付き合いの毎日てす。お薬飲み始めてからは、わりと調子いいみたい。食欲もあるし。小さかった頃よく抱っこしてたからまだ、その記憶残っているいるらしく、私たち家族が近づくと前足でねぇってばという感じで甘えてます。抱っこしてよねぇ。って感じでね。けど、彼は、中型犬なので、抱っことなると、もちろん座っててだけど、こっちが、ひっくりかえっちゃうこともしばしば。けど、コ満悦という感じにしてるよ。

家の中での飼い犬のベル。近頃、体調いまいちかな。いつの間に、背中をひねっちゃったのか、ある日突然、ジャンプ出来なくなって、慌てて病院駆け込んだら、背中をひねっちゃったみたいで、注射とお薬で、様子伺いしていたら
ある日、外におしっこさせに、連れてったら、あらら変。後ろ足がよろけてふらふらしてて座り込んでる。歩けないんですよ。大変とまた病院通い。注射とレーザー治療とお薬で様子見てるところ。家のベル小さい頃から食が細くて、
食べさせることには、とても神経つかったなぁ。スゥさんちのメガみたく、手のひらに食べ物をのせて口元に持ってくと食べてくれて。食欲あまりないときもこの方法だと食べてくれるよ。今でも。歯並びも悪いらしいので、小さく小さくちぎったものしか食べなくて。いつものフードも粒が小さいのにしてからやっと普通に食べ初めてくれて。ほっとしてます。後は、後ろ足ひどくならないことを祈るのみです。
スゥさんちのマガちゃんも、少しでもちゃんと食べられて元気にしてられたらいいね!また、時々ブログに登場してね。実は、ネコ大好きなんだけど、なんせ先住民が、二匹もいるので、飼えなくてそれに姑に家はネコは育たないからって釘刺されてるし。長男、次男は人間だけと゛。三男、四男はわんこで、家は、オールボーイズなんだ。女の子のわんこ飼いに行ったのにね。ははは。

投稿: 津軽・today | 2008年7月18日 (金) 04時51分

犬も猫も長年暮らすとすっかり家族ですね。翔もずっとフィラリアのお薬を毎年飲んでいました。途中からは心臓の薬もね。
ベルさんは、とくに息子さんにとっても大事な存在なのでしたよね。後ろ足が快方に向かいますように。

投稿: sue | 2008年7月18日 (金) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手仕事の仲間たち展 | トップページ | 能登へ »