« 西東京 いちごいちえ紅茶 1日目 | トップページ | ビー玉どんぐり »

2008年10月16日 (木)

西東京 いちごいちえ紅茶 2日目

2日目の紅茶。

午前中は、札幌で逢って以来、20年ぶりに!再会できたひとと、ちゆゆ。平塚から3時間もかけて、リュックにいっぱいのお昼ご飯を持って来てくれた。
    ***
午後の紅茶には、30年前の本がご縁でメールがはじまり、
でも逢うのは今日がはじめて、というかたが二人もみえる。
ひとりは、本の中の風船かずらの種のことで昔々にお便りくださったひと、もうひとりは古本の「てのひらごよみ」がつないでくれた、古本屋さんをお仕事にしてるひと。

この春から大学院で学んでる宮川くんは授業の合い間をぬって、駆けつけた。

川口の「ちいさいおうち紅茶」の落合さんは、この日、ちいさいおうちの仲間や山梨のひとたちと、春に亡くなられた石井桃子さんの追悼会に出て、桃子さんのお墓参りもして、それから遅めの紅茶に。

落合さんのお顔見るなり、お願い、なにかひとつおはなし聴かせて、と、姉妹紅茶のよしみで、ずうずうしくおはなしのおねだり。
いつ聴いても何度聴いても大好きな、落合さんのおはなし。
とつぜんのリクエストだったけど、落合さんは「こすずめの冒険」を語ってくださった。

岡田京子さん、お忙しくてきっと無理、と思ってたけど、お仲間と一緒にはじめから終わりまで参加。
京子さんは、クッキングハウスへ歌のつくりかたを教えに行ってたかた。クッキングハウス20周年で歌われた「♪とりあえず生きてみようよ」は、京子さんとみんなとの合作の歌。ピース9フェスティバルの最後に歌った「ピース9」の作曲も京子さん。

京子さんには、2年前の西東京紅茶でも歌っていただいた♪猫ねんね犬ねんね、の子守唄をお願いした。
一人ひとりの名前を間にいれながらの
♪猫ねんね 犬ねんね ○○ちゃんも お母さんとねんね
  猫ねたよ 犬ねたよ ○○ちゃんも お母さんとねんね~
の子守唄を、一人ひとりの背中にやわらかいショールでもかけるように、みんなできもちをこめながら歌っていく。
12の声がひとつになって響きあう部屋のなか。にんげんの声って、ほんとになんてうつくしくって、あったかいんだろう、、。
           
                ******  
最後に、ひとこと感想をいれながら、きもちボウルをまわす。
「生きてていいんだよ、って言ってもらえた気がした。
 みなさん、生きててくれて、ありがとう」
「てのひらごよみから始まって、今、ここにいる不思議」
「いのちのしずくの時間」
「ここにいるのが、まだ夢みたい」
                 ***
Photo_2 2日間の、いちごいちえ紅茶、こうして無事に幕をとじました。
いらしてくださった、のべで26人のかたたち、ありがとう。

|

« 西東京 いちごいちえ紅茶 1日目 | トップページ | ビー玉どんぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西東京 いちごいちえ紅茶 1日目 | トップページ | ビー玉どんぐり »