« ふたつのいのちの日 | トップページ | お知らせ特集 »

2008年11月11日 (火)

家族の肖像画

曇り空っぽかったけど、この日曜日は家族ですこし遠出しようと決めていた。といっても金沢からほんのすこし出ただけ、それで十分。

山側環状線を西に走る。イチョウもケヤキもアメリカ楓の並木も、ことしは特に紅葉が美しい。

Photo_2いつ行っても木の香りいっぱいのお店、鶴来のもく遊りん。行くのは2年ぶりか。 レストラン横の、大きな木材がならべてあった空間は、木や家具のほか、薪ストーブや、いろんな人の作品を展示するギャラリーに変わっていた。レストランの席が空くまでの間、見るともなしに見ていたら、午後に行きたいと思ってるところのひとが創った絵本も並んでいる。

よしっ、これはやっぱり、行け、ってことだ。

                    *****

Photo

この9月に寺町から泉野出町に場所がかわったという「宇吉堂」さんは、絵本と石けんの、おうちお店。泉が丘高校テニスコートの真向い。この看板ですぐにわかった。

うきち、は、店主のうきこさんのこと。西宮でお店をはじめてから21年。おうちお店にあがって、ぽそぽそ話すうちに、遠くに住むいろんな共通の友人・知人がつながっていく。写真のノデラさん、染めの斉藤さん、お洋服のはるじおんさん、きっとまだまだ続きもありそうだ。

もく遊りんのギャラリーで見た絵本「ありがとう」の作者は、色鉛筆画家のミツル・カメリアーノさん。うきちさんのパートナーだ。

そういえば、フェアトレードのalさんでも、お洋服とアジア雑貨のアチャさんでも、カメリアーノさんの絵をみたことがあったっけ、と想いだす。

「ありがとう」の絵本は、やはり、作ったひとの手から買いたかったので、ここで一冊わけてもらう。そしたら、絵を描きますか?ってカメリアーノさんが聞いてくれた。Photo_4

えっ、うれしい、お願いします。

言うそばから、表紙の裏にカメリアーノさんが色鉛筆でするすると描いてくれた、ひさびさに再会した家族の肖像画。翔とマガのポストカードを見せると、そのふたりも描きこんでくれて、いっそうこの絵本はわが家のたからものになった。

うれしいことはもうひとつ。おちかづきの印にと「ほめシャワ」をプレゼントすると、その場で即、ほめシャワをこの絵本のお店においてくださることになった。

はじめての場所にでかけるのには、いつだって大なり小なりの、えいやっ、がいるけど、今日のそれは、楽しい、えいやっ!でした。

|

« ふたつのいのちの日 | トップページ | お知らせ特集 »

コメント

ただいまってきもちいっぱいだよ。溜まってたブログを
やっと読めたからよかった。あら、なぁにえっあっ偶然ね。
今ね、ご注文したほめシャワ届いたよ。あっ翔ちゃんだ。
あらら、まあ、おまけまで、お心遣い感謝します。
ありがとうね。けどあれっまあ飛騨高山じゃないですか?
これも偶然、次男が金沢を拠点にひとり旅したとこだ。
なんかうれしいこれもおまけだよね。思い出の扉が開かれるっていう。これを書き終えたら、すぐに代金お送りしますね。ほんとにいろいろとありがとう!

「ふたつのいのちの日」にあわせて万依さんお帰りになったのね。ご家族で大切な日をいろんな思いの中過ごされたのだろうなあ。ほめシャワに入ってた翔ちゃんの横顔。
今は、私にもいろんな何かを運んでくれた大切なわんちゃんだよ。お姉さまのこともそう。私にも祈らせてね。遅く
なったけどね。ふたつのいのちにね。

「ねやまという家族のものがたり」を「きもち」の本に書いた
ことで姉と私の距離は、ずっとそれまでよりずっとずっと
近づいた。そうやって書いたことのおつりは、またいつの日
か、別のかたちで言葉になっていくのだろうな。とのスウさんの言葉に私もって、今感じてる。同じ想い。私は亡き祖母と寛子姉にだけれどね。

家族の肖像、素敵な絵ですね。ご家族で過ごされる時間の密度の濃さが、伝わってきましたよ。こちらまでなんか
うれしい。ありがとう。

17日の月曜日。我が家の試練の日になりました。
ベルが検査入院するの。朝から飲まず食わずの一日。
ベル自身にも試練です。その日は、私たち夫婦も十和田
市にお泊りして翌日、お迎えと検査結果を聞きに病院へ
いきます。その結果、手術するのか出来るのか判断する
と先生に伺いました。全身麻酔をかけるので、この小さな
いのちたちには、まさにいのちがけなのだそうです。弱いこは、そのまま麻酔から覚めることなくって覚悟でお願いしますって先生からお話が、ありました。ベルってわかる
みたい。真剣にこの間、ベットには、おやすみ出来ないの
っていったらね、きのうは、おねだりすることもなく。
サークルでおやすみしてた。お母さんは、すぐとなりで
ベルをいつでも見ていてあげるよ。とサークルに顔を
ひっつけて寝てたら額に今朝、しましま模様できてた。
何度も目が覚めてベルがいとおしくて何度もなでなで
したの。スウさんも祈ってくださいな。この小さないのちの
ためにね。お願いします。どうぞひとりでも多くの祈りが
ほしいベルのお母さんです。

投稿: 津軽・today | 2008年11月14日 (金) 10時09分

todayさん
もっとも個人的なことは、もっとも普遍的なことである、という言葉を聞きました。姉のことも、翔のことも、まったくわたしの個人的な、家族のことですが、でもこうして遠くのあなたとかさなる部分がたしかにあるのですね、個人的なことの中から、普遍をみいだす。私にもよくそういうことがあります。

今日17日は、ベルちゃんの試練の日。
津軽に祈りを送りますね。

投稿: sue | 2008年11月17日 (月) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたつのいのちの日 | トップページ | お知らせ特集 »