« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

ことしのしまい紅茶

Ca0403dq しまい紅茶にあたる24日、いつもは静かな紅茶が、つぎつぎ訪れる新旧のなかまたちでいっぱいになった。

みんな、ことし最後の、ということで気合が入ってるのか、差し入れもはんぱじゃない。大判焼き・たい焼き・枝豆あんこのお饅頭・ふかし芋・芋けんぴ、それにたかちゃんのチーズケーキ、五郎さんのあんぱん、小矢部の畑からほりたての、青首のあたりがなんとも色っぽい大根!

大根はあんまりみごとなので、体重あてクイズにもなった。私が抱っこした感じは、翔を抱っこしたときよりはるかにずっしりと持ち重りがして、もっともっとあると思ったけど、実際には4キロ(なので、わたしは全然あたらなかった)。

              ↑ 

大根本体は風呂吹き大根+おなますに・皮はきんぴらに・葉っぱはかつおぶしとちりめんじゃこいりの炒りつけに。なおちゃん、ごちそうさま。

           ****

Photo ちょうど原始林窯のお茶碗が届いたばかりで、それを知らずに来たひとは、まるで思いがけないクリスマスプレゼントでもあたったかのような顔になる。

包みをほどくと、またしあわせな顔がさざなみみたいにまわりにひろがる。あ、わたしとおそろい。あ、それそれ、ほしかったんだぁ~、いいよねえ。その器ね、結婚のお祝いにしたんだよ。などなど。

ちなみに、私のことし求めた、青い海の波、と書く「せいかいは」のそばちょこ兼 紅茶カップは、松浦さん、ゆきさん、ゆみさん、幸さん、律子さん、章子さん、たちともおそろい。原始林さんはこうやって私たちのわがままな注文を聞きいれて、ひとりひとりの希望の器をつくる、という手間だけど、本当に幸せなしごとをしている、とお茶碗分けのたびに毎回思う。

待つのも楽しみのうち、届いた時がベストタイミングですよ、と、「ほめシャワ」の注文をくださったどなたかが書いておられたけど、まさにそう。24日にとりに来れなかったかたもどうぞ、そのきもちで年を越して、来れる時に紅茶に足をお運びください。それまでお預かりしてますから、あせらなくていいですよ。

             *****

Caio5w78 クリスマス紅茶といってもとくべつ何も考えてなかったので、前の日に娘からクリスマスプレゼントで届いた「まってる」というフランス生まれの絵本を読みました。赤い毛糸の糸が人生のたて糸、よこ糸をものすごく印象的にあらわしてる、心に静かにしみいる絵本。

あ!そういえば、これも、待つ、がテーマだ。ふしぎだね。

それから、「ことし、だれに一番、ありがとう、を言いたい?」の問いかけをして、いあわせたひとたちの、だれかへの感謝とほめ言葉のおすそわけをいただく。私の一番いいたい相手は、まず家族だけれど、今年はとりわけたっくさんのひとに、大きな声で言いたいなあ。  ありがとう!!!

                ****

大晦日の今日は、以前にもおしらせしたけど、紅茶はお休み。2009年は7日の水曜日からはじまります。

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日)

原始林窯の器たち、着

Photo 昨日、原始林窯のこりんちゃんからお電話。10月末の紅茶ギャラリー・原始林窯展でご注文いただいた方たちの、お茶碗やお皿ができあがったとのこと。

そして、たった今しがた、大きな段ボール箱が2つ到着。

注文された方には、こりんちゃんから、紅茶に届いてます、旨、ハガキでお知らせがいくそうだけど、私からもお知らせします。どうぞ、原始林の器を鳥に木がてら(もとい、取りに気がてら。とはいえ、勘違いの当て字もなんかすてき)、紅茶までどうぞ足をおはこびください。

ただし、ご注文の品の一部はまだすこし時間がかかるそうです。問さま、前さま、もうちょい、お待ちくださいませ。

Photo_2 紅茶の時間は、24日はいつもどおり、1:00~6:00 open

翌週の31日は、大晦日のため、おやすみします。

新年は7日の水曜より、いつもどおり開いてます。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

ちょこっと改訂版のおしらせ

Caygydh2ほとんどの木が葉をおとした庭の木々。その中で、ちいさなブルーベリーの木が、いつもこの時期、魔法のようにうつくしい色をみせてくれている。ことしも。
          ***
                ****
12月に入ってからの日々は、まるで時が駆け足してるみたいだった。以前から、きもちのブログを読んでくださってる方たちにはとくに、ずいぶんやきもき、ご心配かけたかと思います。もうだいじょうぶだいじょうぶ。
ほめシャワに関するお問い合わせの、いちばんの大きい山.com はどうにか越えられたもよう。これからはおちついて、西宮からと津幡からと、両方で同時に、いよいよ本格的なお届け作業に入れることになったこと、ご報告します。
           *
10日ほど前のブログにも書いたように、ご注文いただいてる分だけで在庫がなくなることが途中でわかったので、急きょ、増刷の段取り。
最初のほめシャワができるまでの2ヶ月間、パソコンと長電話での編集会議を何度も何度も娘と重ねたけれど、そのミニ版を今回も。
            **
前回とおなじく、編集長は娘。あいかわらず厳しく、一語一語にこだわるていねいなページづくり。2日前、改訂版のなま原稿を、娘からいつもの金沢の印刷やさんに発送したところ。
                  ** 
「ほめ言葉のシャワー」ちょこっと改訂版は、
ページが4ページほどふえて、
ほめ言葉の数もちょこっとふえて、
表紙も今よりすこししっかりした紙になり、
だけど見た目と450円のお値段はかわらない、
これまでどおりの「ほめシャワ」。
刷り上り予定は1月下旬。
         **
いまからほめシャワご希望のかたは、改訂版が刷りあがり次第のお届け、ということでのご予約をお受けいたします。
お申込みは、紅茶の時間のHP http://www12.ocn.ne.jp/~mimia/sue.htm
のトップページの下のほうにある封筒じるしの、私のメールアドレスあてにお願いいたします。
       +++++
     ーーーーーー ++++ -----
                     +++++
問い合わせメールが娘に集中して、
長くお待たせすることのお詫びと、それでもご希望でしたら、
の返信メールをお出ししたところ、
多くの方が、「待つことに意味があると思います」とか
「最近、待つということをしていなかった、待たせてもらおうと思いました」と、
返信の返信をくださったという。
small&slow、二つのsがモットーの、
産直本屋+手作り本工房のmai worksの仕事の速度を、
そのかたたちにご理解いただいたようで、私までうれしくなった。
ありがとうございます。
               ****
また、一番忙しいときに、なにか手伝うことない?といってくれて、
実際に本当に大助かりのお手伝いーーwork sharing--をしてくれた、
紅茶のたかこさんや紅茶の仲間たち、
川越紅茶のジュンコさん、東京のきやさん、西宮のかなちゃん、
本当にありがとう。
わがやの家内制手工業、一番の担い手の夫にももちろん、感謝〃。
ここのところずっと、男の大きな手で、こまごま、ちまちました手作業をしてくれてること、うれしくありがたくあったかく。
                ***
12月の日々、わが家の老猫マーガリンは、いつものあのだみ声でごはん~~~、寒い~、かまって~~、抱っこ~~、と午前3時や4時に私の目覚まし時計になり、ふだんはそこからまた二度寝する私だけど今月ばかりはそのまま起きて、おかげでずいぶん仕事がはかどったという側面もあり。マガなりに、この時期、猫の手をかしてくれているのであります。

| | コメント (1)

2008年12月11日 (木)

ことし最後のサタデーナイト紅茶

12月のサタデーナイト紅茶は、今週の13日。

5:30~9:00@水野宅

夕ご飯をご一緒する夜の紅茶。持ちより一品、または手ぶら参加費500円。手ぶらのかたはご予約ください。

                  *****

今年のふつう紅茶は残すところあと2回。17日と24日(あ!クリスマスイブの日)。31日はおおみそかなので、紅茶はお休みします。

週一回、紅茶を開き続けて25年がたちました。いまだに、誰も来なかった日がない、の記録を更新中。

昨日の紅茶は、めずらしくはやってました。春からほとんど毎週きている若者。知らないひとたちの多かった紅茶にもかかわらず、昨日は自分から話しかけたり、会話にまじってたりしてた。笑顔もまえよりずっとふえてるよ。

新年恒例の「お薄の時間」は、日にちが決まったら、またこのブログでお知らせします。

| | コメント (3)

日本一ちいさい産直本屋 mai works

地元テレビ局の夕方ニュースで、ほめ言葉の授業がとりあげられること、その授業をした先生とディレクターさんから、先週の紅茶で教えてもらっていた。

中学生たちが、たがいに相手のいいところをみつけて、カードにかき、それをそれぞれ自分専用のファイルにおさめていく。ともだちからもらったほめ言葉をよみあげる中学生の顔は、やっぱりとてもうれしそうだ。

この授業の参考にした2冊の本があって、というナレーションのあと、いきなり画面いっぱいにクローズアップされた「ほめ言葉のシャワー」の表紙。ページも何枚かめくられて、見慣れた娘の手描き文字が、これまたアップで。これを見たひと、どんなに大きい本かと思うかなあ。実際には、10センチ×15センチの、まさしくてのひらbookなんだけども。

         ****

                     *****

「ほめシャワ」が読売新聞さんで紹介されてから10日あまり。私の方は少しずつながらお送りする作業にはいれているけど、mai worksの娘のほうはまだまだ、お問い合わせへの返事、いただいたご注文への確認作業がつづいている。

そんな娘からの伝言。ご注文いただいたかたへのお返事メールを、ここに載せさせてね、と。

           ↓

「ご連絡が遅くなってしまい、大変、大変、申し訳ありません!

もしかしてメールが届いてないのでは…とご心配おかけしてしまっているのではないでしょうか。

超特急!といきたいところなのですが、大切なことですので、お一人様ずつご連絡させていただいております。

正式なご注文をいただいた順番に従って確認しておりますが、すでに在庫分については完売してしまいましたので、現在増刷をかけているところです。

発送順から考えましても、あなた様のお手元へお届けできる時期にさほど変わりはないかと思いますが、念のためご予約というかたちになりますこと、ご了承くださいませ。」

というわけなので、このブログを読んで私に申し込んでくださる方も、どうかお心積もりくださいませ。

まっ先に問い合わせてくださった3人の子のお母さん、というかたには、申し訳ないけど、娘に代わって私から今日、発送させてもらいました。

           *****

Photo mai worksは、おそらく日本一ちいさい産直本屋。一人でゆっくり、その分ていねいに、これまで細々とやってきた。mai works本来のスタイルと速度は、きっとこれからも変わらないんだろう。

だけど今は、とくべつなラッシュアワー。いつもとはだいぶ勝手がちがい、一時は蒼ざめてもいたけど、「気長に待ちますよ」「どうぞゆっくり」といったやさしい言葉たちに娘はいっぱい支えられている。もちろん、私も。本当にありがとうございます。

family work sharing、なんていうとかっこいいけど、実は、完全なる家内制手工業です。

|

2008年12月 5日 (金)

ふしぎ学校ふたたび

Photo

いつもはやらない静かな紅茶が、今週は懐かしい顔ぶれがたまたまそろって、ちょっとした同窓会のよう。

一番乗りは、加賀青年会議所のお二人。地域教育委員会のとりくんだ「思いやり1にちがっこう」が先週土曜で二校とも終わり、ていねいにあいさつにきてくださった。

  ****

目の前に柴山潟がひろがるK小学校で、おとなとこども、参加者全員でつくっていく一期一会のふしぎな学校は、私にとっても前回以上に楽しい時間になった。JCメンバーさんたちとのパートナーシップが育ったことと、今回は親ごさんたちもたくさん参加してくれて、親子でペアになって、最近のちょっとうれしい、を聴きあう「しあわせまわし」ができたこと。

今回は1年から6年までの子どもたちが参加したので、より、易しい言葉で、伝わる言葉で。目には見えない「きもちボール」を前回より長く飛ばしあいながら、コミュニケーションってキャッチボールなんだよ、ということを、大切にされるきもち/されないきもち、をからだで感じられるように、心がけた。

2限目の親ごさんたちとの時間では、「ほめ言葉のシャワー」も少し朗読。お子さんのいいところ、好きなところを見つけて、なにげないラブレターを書いてみる。

3限目は、親子一緒の時間に、いとうひろしさんの「おさるはおさる」を大型紙芝居で。大好きなまどみちおさんの詩集から、「ぞうさん」「おならは えらい」「ぼくが ここに」。

最後に、きもちボールに子どもたちと一緒に息を吹きかけ、大きくふくらませたのを、「せえ~の!!」で窓の外に飛ばして、それがふしぎな学校の”そつぎょうしき”。授業が終わった後、次つぎ子どもたちがやってきて、とってもいい顔して、ありがとう、アリガトウ、っていってくれたのがすごくうれしいこの日のごほうび。

はじめてお会いしたつもりの校長先生は、以前に私の話を聞いてくださってた方で。13年ぶりの思いがけない再会をはからずもこの日の加賀で。校長先生の、「1にちがっこう」の単語な感想は、「たくさんのおくりもの」だったそうだ。

加賀JCさんとのほぼ半年にわたる1にちがっこう・ぷろじぇくとはこれで終わったけど、メンバーの何人かとはこれからも紅茶でつながっていけそう。きもちのいい若いひとたちといっしょに働けて、こちらこそ、たくさんのおくりものをもらったなあ、と思う。

           *****

七尾・鳥居醤油店のだしつゆの在庫がゼロになっていたので、急きょおかみさんに届けてもらう。そこにやってきたMさんと鳥居さんが、久々の再開。そういえば私がMさんとはじめて逢ったのは、4年前の鳥居さんちのコンサートでだったなあ。

そこに、ほめ言葉のシャワーの授業をクラスの中学生たちとしたYさんも顔を見せる。ディレクターのMさんが取材した、Yさんの授業風景の一部が、12月10日(水)のMROテレビ、夕方の6時台の地元ニュースで紹介されるとのこと。

          ↑

Yさんの11月29日のブログにその授業のことが。http://koshinene.blog59.fc2.com/ ここでは、12月3日の放映となってるけど、10日にのびました。

それにしても、このところは全然逢っていなかったMさん、Yさん、私、なのに、どうしてまさにこのタイミングでほめシャワ、というシンクロがおきるんだろう・・!

                ****

さて、いよいよ明日は(あ、もう15日になったから今日)、笠木透と雑花塾コンサート「70歳、いのちへのラブソング」が、7:00開演で 白山市松任学習センターコンサートホールにて。

切符はおとな2000円。当日売りは500円upなので、行くつもりのかたは、私までご連絡ください。ご予約でお受けします。3時頃までは家に。会場では、笠木さんたちのCD販売コーナーにいます。

|

2008年12月 1日 (月)

お願い、ふたたび

きのうに続いて、またほめシャワのことで、お願いです。

娘は、昨日から必死に、お問い合わせへのお返事メールをしている真っ最中ですが、返すそばからそばから、新しいメールがはいってくるので、その数がすこしもへらないのだそうです。

なので、お問い合わせはいただいたものの、まだお返事すらおだしできていないかたが大勢いらっしゃいます。どうかどうか、気長におまちくださいませ、と娘からの伝言です。

伝言がもうひとつ。携帯のアドレスからメールを送る方は、「指定受信」というのをできるよう設定してから送ってください、とのこと。でないと、お返事出しても、戻ってきてしまうのだそうです。

私の方へも、じょじょにご注文の数がふえてきたので、今後しばらくは、本が届くまでお待たせすることになるかもしれません。おゆるしくださいね。

        ****

それにしても、手渡し、くちこみ、というスタイルで、私自身、長いこと本つくりをしてきたので、突然の嵐にびっくりしています。めっちゃマイナーな娘にとってはなおさらでしょう。それでも、ひとつひとつにお返事していく超スローなやりかたはたぶん変らず。お待ちいただくかたには、ほんと、ごめんなさい。

さあ、私も今からほめシャワの発送作業にかかります。西宮と津幡で、これがほんとの、わーくしぇありんぐCa08w71z

|

ほめ言葉のシャワー.com と、とても大切な追伸

Photo

2011.1.12 追記

恐れ入りますが、こちらの記事の情報はすでに古くなっています。
『ほめ言葉のシャワー』の最新のご案内やご注文は、
mai works WEBSHOP をご覧くださいませ。

(記事中のご連絡先も修正させていただきました)

mai works より

----------------------------------------------------------------------

はじめの文章は08.12.1に書いたもの。

下の追伸部分は、それから7ヵ月後、09.7.4に書いたものです。

「ほめ言葉のシャワー」を検索すると、08年12月1日の文章がでてくるため、大切な追伸を書き加えました。長文ですが、どうぞお読みくださいませ。

         ******

手のひらサイズのミニブック、「ほめ言葉のシャワー」がでてから、ちょうど半年。口コミや手渡しからはじまって、その後はメールで、と、「ほめシャワ」はゆるやかにひととひとをつなげながら、でもどんどんひろがって、娘の手作業の印刷・製本では追いつかなくなり、印刷会社にお願いしたのが9月のこと。

     ****

あまりのちいささから、大きなメディアでは埋もれてしまいそうで、これまでどこにも送っていなかったのだけど、たまたまあるかたに久しぶりにお手紙書いて、「ほめシャワ」も一緒にお送りしたところ、心にとめてくださって、先日、読売新聞の若い記者さんが取材に見えた。「ほめシャワ」が生まれるまでの話、その後の話、とてもていねいに長時間、また西宮の娘にも長電話取材してくださって、いつ、どんなふうに載るのだろうね、と母娘で楽しみに待っていた。

明日の紙面に載りますので、と、最終確認のお電話をまた何度もいただいたのが、おととい夜のこと。

朝になって、義兄の法事で静岡に行っている夫から、faxで新聞記事のコピーが送られてきた。ん??いったいどうして静岡から。

娘がパソコンをあけて、さらにびっくり。岩手からも愛媛からも東京からも兵庫からも、お問い合わせメールがはいってるよ~~!

地元版での紹介、とばかり思っていたのです・・・

昨日は、娘はそれからずっとお問い合わせの返事メールにかかりきりだったそうで、(これがほんとの、.com = どっと混む!)まだまだ当分、発送にまでたどりつきそうになく、とても申し訳ながっています。ご注文いただいた方には、お手元に届くまで長らくお待たせすることになりそうなこと、どうかご諒承ください。(ぺこり)

                ****

Photo_2

「ほめシャワ」の本は一冊でしたら、本代450円+送料80円で、メール便にてお届けします。郵便局の振込用紙を同封しますので、お支払いは本が届いてから、どうぞ。

         ***

ほめシャワを紹介してくださったかた、ありがとう。記事を書いてくださった記者さん、ありがとう。彼の感性と表現力もすてき。彼はこの記事を書いてる途中で、東京へ転勤。記事のお礼を電話で伝えながら、東京に行ったからにはきっと調布のクッキングハウスにもでかけてくださいね、と。

ーーーーーーー**********---------

          ここから、大切な追伸です。

             ↓

09年7月1日付け・朝日新聞大阪本社版の生活面では、「紅茶の時間」から「ほめ言葉のシャワー」への道すじ、この本を親子で共同制作したこと、本を読んだ方たちの感想などもくわしく載り、これまでとはまた違う視点で、金沢支局の記者さんがていねいな記事を書いてくださいました。

記事をお読みになった方々から、たくさんのご注文、本当にありがとうございます。順次、発送作業にとりかかっております。

ただ、たいへん申しわけないことに、09年7月4日現在、「ほめ言葉のシャワー」は7月3日までにご注文いただいた方の分で完売いたしました。

                 *
今後のあらたなお申し込みにつきましては、すでに印刷中で8月初旬にはできあがる予定の、「ほめ言葉のシャワー・ちょこっと英訳つき改訂版」(500円)のご予約のみの受付、となります。
                    *
この冊子をご存じない方のためにすこし説明させていただくとーーーー

「ほめ言葉のシャワー」は、手のひらサイズ・80ページ、78の手描きのほめ言葉と、9つのみじかいコラムからできています。
                      *
あたらしい改訂版は、コラムはそのままで、日本語のほめ言葉にそれぞれ英訳をプラスしたもので、改訂にともない、定価をこれまでより50円あげさせていただきました。
                       *
もしも、これまでの日本語版(450円)をご希望の方、もしくは早急にごいりようの方は、たいへんに心苦しいのですが、ご希望に添えませんこと、どうかご了承くださいませ。
               *****

お値段の変更と、長くお待ちいただくこと、この二つをご理解くださったうえでご希望のかたには、ご予約の順番にしたがって冊子をお届けいたします。
                    ***
なかに振込用紙を同封しますので、冊子がお手元に届きましたら、本代(500円)×冊+送料(2冊まで80円、あとは冊数によって変わります)をご確認のうえ、郵便局からのお振込みをよろしくお願いいたします。
ご連絡は mai works - てのひらブックと紙モノ雑貨(中西)まで。


     ↑
ここまで、09・7・4 記。
(10.1.29 ご連絡先変更)

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »