« マーガリン皿 | トップページ | お待たせしました、 ちょこっと改訂版  »

2009年1月25日 (日)

Allen、all right 

Cacq5h01 海兵隊員として、40年前のベトナム戦争で戦ったアレン・ネルソンさん。帰還したあとも長いこと戦争後遺症に苦しみ、やがて、アメリカの中高生に、日本のひとたちに、本当の戦争、を語りはじめる。

90年代半ばに沖縄を再訪したとき、アレンさんははじめて日本に憲法9条があることを知り、それ以後は、日本人の私たちが戦争を知らないのは9条があるからだよ、というお話もその中に加わった。

アレンさんの非暴力トレーニングのワークショップに参加したのは、もう4、5年前になるだろうか、加賀のお寺で2日間。一番初めにしたのが、自分にポジティブニックネームをつけて自己紹介することだった。

僕の名前はAllen、Aで始まるから僕のニックネームは”All right”。

そのアレンさんが今、病と向き合っている。加賀のお坊さん、2月にニューヨークのアレンさんのところにお見舞いに行くという。そのお坊さんに、「ほめ言葉のシャワー」を持っていってもらおうと、実は先週あたりから、シャワーのなかのいくつかの言葉でアレンさんに贈りたいほめ言葉を、こうかなー、ああかなー、と首をひねりながら英訳している。

「生まれてきてくれてありがとう」とか「あなたを誇りに思う」とか「あなたがいつも一生懸命なの、知ってるよ」とか。

ページの余白にはいくつか、アレンさんに贈る言葉も書き込んだ。

たとえばー

「おめでとう!あなたの国の新しい大統領」

「あなたを尊敬しています、あなたの勇気とあなたの行動」

いうふうに。このきもちがどうぞ、アレンさんに通じますように。

|

« マーガリン皿 | トップページ | お待たせしました、 ちょこっと改訂版  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マーガリン皿 | トップページ | お待たせしました、 ちょこっと改訂版  »