« A shower of praise | トップページ | こころに森を持っている子どもたちへ »

2009年3月27日 (金)

4月、出前に行きます

Caf338dy 3月も末というのに、二日続きの雪の朝。白い大きな貝が目印の翔のお墓、そのぐるりに植えた能登のスミレが、葉っぱに雪をうけながらけなげに咲いている。

ウグイスの、ほんの短い初鳴きをきいてからほぼひと月。あれからずいぶん練習したんだろう、長い、上手なさえずりになったこと。

               ******

津幡とは反対側の金沢のおとなり、野々市町に、FM-N1という地域FM局がある。そこの「N1コミュニティ」というコーナーは、日替わりラジオ版井戸端会議、みたいなものらしい。

HPhttp://fmn1.jp/をのぞいてみたら、金沢に来たてのころからずっとエッセイを書かせてくれてたタウン誌の元編集長さんとか、親しいカウンセラーさんとか、津幡の紅茶に何年間も絵本を読みにきてくださってたとみこ先生とか、レギュラー番組のなかにお顔なじみがいっぱい。

その「N1コミュニティ」水曜担当の「ポテトシスターズ」さんの時間に、ほんの少し、生でおじゃますることになった。先日うちあわせでお会いしたら、ポテトのお一人は、14,5年前のとくべつ紅茶にいらしたことのあるかたで、その上、紅茶仲間からお父さんのように慕われている、五郎さんともお知り合いのかたで。

私がうかがうのは、エイプリルフールの4月1日(水)、午前10:15から。このFM-N1の番組は、去年6月から、サイマルラジオといってパソコンでも同時に聴けるようになったそうだ。全国、全世界、どこでも、というからすごい。ドイツの、アメリカの、カナダの友人にも、声がとどくといいな。

水曜なので、しゃべり終わってすぐにもどれば紅茶に間にあう。この日は三重から(と思ってたら、実家の岡山から、だった)、紅茶に来るのは二度目のかたが、石川の旅の途中に立ち寄る予定。前回は時間がなくて行けなかった野々市のフェアトレード・ショップalさんにも、今度こそは、と楽しみにしてる彼女だ。

              ****

あ、それともう少し先の予定もここに。

4月24日(金)、調布のクッキングハウスにことしもお話の出前に。

松浦さんからの今回のリクエストは、「ほめ言葉のシャワーから平和に」を親子で語ってーーー というわけで、娘と初の、二人で出前。

いつもどおり、ランチをレストランでいただいて、そこから駅に近い不思議なティールームまで歩いて、みなさんと一緒にティータイムをしたのち、2時ころから話し始めます。

くわしくは、4月初旬にでるクッキングハウスの通信でお確かめを。または、その後にupされるクッキングハウスのHPで。

 http://www.cookinghouse.jp/index.shtml

東京近辺のかたに逢えるのは、6月の川越や川口の紅茶までお預けと思っていたので、その前にも逢えそうなことが、うれしい、うれしい。

|

« A shower of praise | トップページ | こころに森を持っている子どもたちへ »

コメント

翔ちゃんのお墓の前のすみれ・・そっかそちらは、もうすみれの花もさいてたんだね。津軽も二日続きの雪で、我が家のベランダにささやかに植えているクロッカスの黄色のが
やはり雪に埋もれて、凍えそう。いつも、クロッカスが終わると、ムスカリがというふうに、春のバトンの渡しっこしながら私に春を告げてくれるささやかなベランダの花たち。去年も確か雪に埋もれてたっけ。

スウさんが、ラジオに?しかも、四月一日ってびっくり。だってその日は、実家の母の幸の日なんだもん。驚いたこともうひとつ、四月二十四日にクッキング・ハウスで、出前とか。日にちを見てまたまた、ありゃりゃ・・・とびっくりだよ。
次の日二十五日が、私の幸の日だから。二重のびっくりで
でも、なんか嬉しいの。縁というものを感じてね。
うれしい、びっくり、ありがとう!私も石川に行く日が、もうすぐ決まりそう。決まったら、お知らせするね。今日は
うれしいとびっくりが、たくさん。ありがとう!

投稿: 津軽・today | 2009年3月28日 (土) 13時01分

todayさん

そうでしたか、1日も24日も、幸の日とシンクロしそうなんですね。
松浦さんにはもちろん、todayさんのきもち、伝えますよ。
東京に来たならぜひ、調布に、って、あのとき言ってよかった!足を運んだtodayさんの行動力にも、パチパチパチ。

投稿: sue | 2009年3月29日 (日) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A shower of praise | トップページ | こころに森を持っている子どもたちへ »