« 身の丈みのたけ、のおまじない | トップページ | 娘たちの時間 »

2009年4月28日 (火)

ほめ言葉のシャワーから平和へ

Cam06d48

  ティールームのこの日のケーキは、9のにんじんケーキ!

クッキングハウスのティールームは、40人の、お客さま+メンバー+スタッフで超満員。初の親子二人三脚での出前紅茶、私はともかく、娘はどんなに心臓ばくばくしてたろうか、と思う。

       ****

これまでの「ほめ言葉のシャワー」のワークショップで、私がみなさんからお預かりして手元にある300近くのほめ言葉を、本にすることになったのが去年の4月。

その言葉たちを一度に目の前にしたとき、娘は、さあ、ここからいったいどうやって本にしていったらいいのだろう、と途方にくれたそうだ。

自分で自分をほめるなんてことが、実はとってもとても苦手な娘。そんな自分がうっかり?本づくりを引きうけてしまった・・・!

いっぱい涙したり、悩んだり、考えたり、さんざんまわり道をしたそのあとで、 やっとこんなふうに ーー たとえどんな自分であっても、わたしはほかの誰ともとりかえがきかない存在なんだ、わたしはわたしを大切に想っていいし、あなたもあなたを大切に想っていい、その大切さはたがいに行ったり来たりなんだ、と思える地点にたどりつくまでの、こころの旅の話。

まるいあたまの私と、しかくいあたまの娘、親子ながらこんなにも違う二人が、不思議な化学反応をおこしながらの協働作業で本をつくっていった過程についても。

出前のおはなし、後半部分では、「わたし」からはじまる娘オリジナルの憲法解釈が、実にダイナミックに展開していき、それはそれは不思議な、でも、今回の松浦さんからの出前注文、「ほめ言葉のシャワーから平和へ」という題にふさわしい、中味の濃い時間にもなっていき。

めっちゃキンチョーしながら、でも誠実に自分を見つめて、ひとつひとつ言葉をえらんで語ってた娘に、めちゃめちゃ感動しながら熱い拍手を送ってた私。

そしてまた、そんなきもちを経て、あの本づくりが娘の中で進んでいったからこそ、読んでさびしい気持ちになるひとがどうかいませんように、の願いがこめられ、いろんなひとのこころをやさしく開く鍵にもなる、あの本ができあがっていったんだろな、ってつくづく思った。

              ****

何より、このテーマを選んでくださった松浦さんの目の確かさと、どんな話をしても、その奥にあるきもちを本当にていねいに聴いてくれるクッキングハウスという場の持つちから ーー それは去年、私が自分のこころの平和についての話をしたときにもいっぱい感じたことだけど --  いつもそれを信じられることが、大きな安心だし、まさにすごいことだなあ、と今まで以上に深く深く。

娘も、はじめてこんなにたくさんのひとの前で自分を語ったけど、それができたのはきっとクッキングハウスだったから、と。

うん、その場に満ちてるやさしいちからが、ひとのこころに勇気をださせてくれるんだろうなあ、としみじみ思いました。

           ****

なんとも貴重な機会をプレゼントしてくださった松浦さん、私たちを待ちに待っててくださったメンバー、スタッフ、そして遠くからも聞きにきてくださった方たち、ありがとう。

川越紅茶のジュンコさん、なみちゃん、きやさん、川崎のマキコさんとほめシャワ「ちょこっと改訂版によせて」に登場してくれたお母さん、石川から運よくこの日に来れたmizuhoさん、池袋の「たまにはtsukiでも眺めましょ」の高坂さんのパートナーさん、それにそれに、私を中学生のときから知ってて、水野の父とも姉とも深いつながりの鎌倉の弁護士さん・敏子先生まで!

お名前書ききれないけど、あの時間を共有してくださったお一人ひとり、本当にありがとうございました。

|

« 身の丈みのたけ、のおまじない | トップページ | 娘たちの時間 »