« 明日、紅茶shoppe | トップページ | 娘と私から                   ――― 「ほめ言葉のシャワー・ちょこっと英訳つき改訂版」について »

2009年7月 1日 (水)

shoppeという場

09 5回目の紅茶shoppe。
最終的には18ものお店がひらきました。

開店と同時ににぎわうお店、
ランチもすんで、1時近くになればどうやらひと段落して、静かになる、というのがこれまでだったけれど、
ことしはそれからもまだまだ、お店やさんとお客さんとのあいだでいくつもの島ができ、それぞれなごやかな語り合いが続いていた。

いくつものおしゃべりの島を眺めながら、
毎週の紅茶とはまた違う空間がここにあること、
shoppeという場そのものが育ってきたこと、を思った。

年にたった一度でも、回を重ねるってやっぱりおもしろい。

年に一度だけ、ここで会えるあのお店、
あのひとのあの味、あのひとのおなじみの作品、あたらしい作品。

はじめての人がはじめてのお店を出すわくわく感。
毎年、お客に専念してます、と欠かさず来ることで
shoppeを支えてくれてるひとたちもいる。
売る楽しみ、買う楽しみ、再会する楽しみ。

            ****

自分のお店を出すのがずっと憧れで、夕べ遅くまで、
プラ板のキーホルダーをつくっていたという女の子。

お母さんのケーキを買ってくれた人におみくじを引いてもらう、という
「おみくじやさん」をひらいた男の子は小学2年生。
なんとか自分もお店やさんをしたくて、
shoppeの前の晩に考えついて、景品をそろえて準備したそうだ。

ちいさな女の子も、男の子も、そりゃあ、おとな以上にわくわく、どきどきだったろうね。

はじめて陶器やさんをひらいた男のひとが、
帰りぎわに言ってくれた言葉、
「しあわせな時間を、ありがとうございました」。
なんてうれしい。それはほんとに、こちらこそ。

みんなのいい顔が、しあわせな時間をつくる。

                ****

Photo 今回もみごとな裏方さんしてくれていた夫。
紅茶キッチン、と名づけたおそうざいのとり方説明やら、
冷たい麦茶おかわり係、お皿のかたづけ、その他もろもろの目配り、気配り。

ちかごろの紅茶のおおきな場面は、
彼の助けなしにはもう考えられないくらい、頼りにしてる私がいること、この日はとりわけしみじみ感じていた。

|

« 明日、紅茶shoppe | トップページ | 娘と私から                   ――― 「ほめ言葉のシャワー・ちょこっと英訳つき改訂版」について »

コメント

紅茶の時間で、お店っていいなぁ!
その昔、私たちが今よりずっと若い頃に、夫の同級生たちで、つくっているг28会」(にっぱちかい)という会があったの。そしてね。こちらにある十二湖っていう観光名所になっているとこのお祭りで、その会の人たちで、出店を開いてたことがあったの。毎年、秋10月の第三の土日に開いていたの。焼き鳥を焼いたり、その時私自分の得意なこと
しようと思ってね。マドレーヌをたくさん焼いて、三個一袋にして一袋二百円だったかなあで、売った事あったなあ!
ずごく、評判良くてすぐに、なくなっちゃったことあった。
あの時のわくわくやどきどきを思い出しちゃったよ。
たのしかったなあ!あれはあれで。ひとりで、一日分が
60袋くらいも、焼きまくったなぁ。けど、並べた端から売れちゃうあの快感は、病み付きになりそうだったなぁ。しんどかったけど。ありがとう!懐かしいこと思い出させてくれて
嬉しい、懐かしさだなぁ、客引きのために、大声で焼き鳥
いかがですかぁーとか。ホームメイドのマドレーヌですよ!
とかいってたなあ。ああー懐かしい。昔々がありましたとさ
なんてねっ。

投稿: 津軽・today | 2009年7月 2日 (木) 15時38分

耕生です。

7月3日(水)の朝日新聞(大阪版)生活欄に「ほめ言葉のシャワー」が写真入りで掲載されました。

どなたかがコメントするだろうと思っていましたが、いっこうにその気配がないので、私がお知らせします。

掲載写真はスウさんと方衣さんが二人仲良く写っています。

この記事で「ほめ言葉のシャワー」の注文は飛躍的に増えるでしょうね。方衣さんはうれしい悲鳴をあげることになるかも。

新しくアップロードされたYouTubeの方もアクセス回数60回になりました。下記のアドレスです(再掲)。

http://www.youtube.com/watch?v=jDEJjfP4uIc&feature=channel


投稿: 耕生 | 2009年7月 4日 (土) 17時35分

todayさん

そちらにも、紅茶shoppeのような思い出がおありでしたか。60袋、というのはすごいことですね。

耕生さん

はい、お察しのとうり、ご注文が.comで、うれしい悲鳴です。先日お渡ししたあのバージョンはすでにご注文で完売いたしました。
次の、ちょこっと英訳つきバージョン原稿は、今印刷やさんにいっています。

youtubeもありがとうございました。
おかげで県外のかたも見ることができて、とても喜んでおられました。

投稿: sue | 2009年7月 5日 (日) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日、紅茶shoppe | トップページ | 娘と私から                   ――― 「ほめ言葉のシャワー・ちょこっと英訳つき改訂版」について »