« 7月のおしらせふたつ | トップページ | モノづくりびと »

2009年7月22日 (水)

送りだす歌

Photo_7 とうとうわが家にカブトムシがあらわれた。

今や大木になった庭のクヌギ、この木の樹液はオオスズメバチだけでなしに、カブトムシの大好物らしいし、積んである薪の山にもクヌギがまざってるから、もちろんいても不思議はないのだけど。この子の勇姿だけ写して、すぐ庭に放しました。

****

NHKディレクターのSさん、もう転勤の日が目の前だというのに、この日の紅茶にわざわざご挨拶にみえた。彼が「ほめシャワ」を二つのお店で見つけて、これ何だろう?って思って取材にきてくれたおかげで、あの冊子のことがローカルと全国放送とで紹介されたのだった。

いつもは静かなふつう紅茶がなぜかにぎやか、初対面のひとも多かったので、Sさんがつくったローカル版の映像を、もう一度みんなで見た。

本物のウグイスの鳴き声、紅茶の風景、BGMで流れる「Graduation」、中学校の授業の様子、それから、感謝の言葉が輪唱のように重なる場面、「ありがとう」の文字、飛び立つタンポポの綿毛・・・映像が終わったとたんに、見ていたみんなから、期せずして拍手。

時間がなく長居のできないSさんが席をたつと同時に、CDから流れてきたスーザンさんの「Graduation」。(なんとよく気のつくまあさん!)そう、この曲で卒業してくんだ、この歌で送りだすんだ、って誰かが言って、またみんなで拍手しながら彼を送り出した。

知り合って3ヶ月くらいのおつきあいだったけど、何度も紅茶に足をはこんで、映像にうつらない部分の紅茶もいっぱい感じ取ってくれた若いディレクターさん。この歌で送るのが、一番ふさわしい。私もなんだかじーんと来ました。

転勤先の東京でも、どうかいい仕事をしてください。クッキングハウスにも行ってみてね。

               *****

この日、紅茶にはじめて見えた箕面のUさん。数年前からいつか紅茶に、と来れるタイミングを待っててくださったそうだ。

何してるひとだろう、よくひとの話が聴けて、的確に答えるひとだな、と思っていたら、紅茶の誰かが質問してくれて、謎がちょっととけた。母乳育児のサポートを、ボランティアで24年間もしてるひとだった。

彼女がお手伝いしてる団体の名前は、私も聞いたことがある。

ラ・レーチェ・リーグ日本 http://www.llljapan.org/index.shtml

日本の各地に、ラ・レーチェ・リーグの集いがあって、母乳育児をしたいお母さんたちの集いをひらいているとのこと。

Uさんの話にはネバ・ベキ(母乳で育てねば・べき)論がなくて、安心して聞けたのと、母乳に関する間違った思い込み(刷り込まれた思い込み)にもいっぱい気づけたことなど、紅茶の後半は突然、ちょっとした授業の時間になった。

居合わせた人のなかには、娘さんのお腹にいま赤ちゃんがいる人や、もうじきそういう可能性のありそうな娘さんのお母さんもいて、自分たちの世代では間にあわなかったけど、次の世代には、こんな情報もあるよ、と教えてあげたい、と思ったみたいだ。

          **

ラ・レーチェ・リーグの本で一番お勧めなのが、
「改訂版 だれでもできる母乳育児」とのこと。
メディカ出版発行 2,520円(本体2,400円+税)A5版 約400頁

いつか何かのご参考までに。

|

« 7月のおしらせふたつ | トップページ | モノづくりびと »

コメント

なんて素敵な卒業式でしょう!
自然発生的に、拍手が沸きあがったってとこもワンダフル
まさに、紅茶の時間の居場所ゆえの卒業式って
感じました。遅まきながら、私からもぱちぱち拍手です!

いろんな方がいらっしゃるんだなぁと
ブログを開くたびごとに思います。
どの方のお仕事も大切な大切なお仕事だから。
そんな方がいらっしゃるということを知るそのことも大事と
思えるよ。だから、この場【ブログ】も私には大切な大切な
情報収集の場でもあります。だから、かかさずせっせと
覗かせていただいておりまぁす!

投稿: 津軽・today | 2009年7月27日 (月) 13時05分

today さん

はい、ほんとうにすてきな瞬間でした。意図せずそうなったのが。
紅茶に来る若者は、いろんな生き方してるいろんなひとに出逢う、という得がたい体験をきっとしてるのだと想います。

投稿: sue | 2009年7月28日 (火) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月のおしらせふたつ | トップページ | モノづくりびと »