« 宇治日和紅茶 | トップページ | しあわせ猫 »

2009年7月11日 (土)

ふうとも

Photo 七夕の日は、京都のおうちカフェふうさんでの紅茶。
ふうさんは、この場所でコミュニケーションの練習もしていきたいと思っていて、その名も、「ふうとも」というのだそうだ。おやおや、「ともの時間」に、いつのまにやらいもうとができていたらしい。
                   **
この日は「ほめ言葉のシャワー」のワークショップを中心に。集まった15人のかたたちは、ほとんどがふうさんつながり。なぜかそこに小学1年生の男の子も。サコ魔女サンバと私が敬意をこめてよぶ、あゆみ助産院の左古さんも娘さんと。
とっても充実した濃い3時間は、あっという間。
 097        
ふうとも中盤。
それぞれが、言ってもらったらうれしくなる言葉を書き出して、それを机の上にならべたところ。
いくつもいくつも、具体的な、そのひとならではの言葉がそこにあふれていた。
みんな夢中になって自分オリジナルのほめシャワbookを作ってる様子は、見てるだけで幸せなきもちになる。
    **
自分へのうれしい言葉を考える中で、自分の本当のきもちにあらためて気づいていく。このことが、ともの時間のたいせつなところ、といつも思う。
                   **
他のひとからすると、え、それがあなたの一番言ってもらいたい言葉なの?と意外に思える言葉も、尋ねてみれば、そうか、そんな深い意味があったの、そんな物語があったんだね、と言葉のわけが、すとんとおちていく。
誰より、その言葉をだしたそのひと本人の胸の奥へ。
                 *****
ふうさん、この場をプレゼントしてくださって、本当にありがとうね!以前は3月雛の日に、今回は七夕の日に、というのも、誰かが選んだわけでないのに、ふしぎだなあ。

|

« 宇治日和紅茶 | トップページ | しあわせ猫 »

コメント

なんてなんて中身の濃くて深くて心にしみじみの紅茶
でょう!すてきだなあ。こんな時間をともに味わう仲間の
集 う居場所づくり。自然発生的に、作れたらすてきだよね。
石川旅を終えて、いろいろと考えることが多いよ。
取りあえず、今の私は、自分の出来ることを心こめて
させてもらっているという感じかなあ。
夢をひとつ叶えて、諦めない自分に改めてありがとうって
思った。かなりしんどい精神状態に陥ったことも一度や
二度じゃなかった。けど、転んでも、転んでも何度も
立ち上がっていたら。転機がおとづれたんだ。
それは、いつも息子たちが運んできてくれるの。私の
場合はね!スウさんの今の居場所を見つけだしてくれたこと。奇跡!って思った。信じ続けた自分の夢。
だから、本当に感謝しているよ!
スウさんにも、息子たちにも、そして、私の相棒さんにもね。いつも、行きたいとこには、息子たちがなんらかの形で関与しているは、私の場合かなり密度が高く本当に
事実本当にそうなっちゃう。私がこれまでしてきた旅は
すべてそうだから。だから彼らに私がしてあげれることは
なんだろう?って考える。親だからも、もちろんそうだけど。
人としてって素直に思って今日までの日々を送ってこれた。そのことにも、素直にありがとう!やりたいなと思えることをひとつ、ひとつ大切に心の中で育んで、生きてゆく
私のスタンスは、変えない変えちゃいけない。それは、私が私でなくなることだから。とあらためて思えた旅だったし。また、会いにゆきます。きっとね。今年は今の時点では、無理があるから。来年、今年と同じ季節にと思って
います。無理はせずにゆっくり、Pace YourSelf で
進んでいっていいんだよね!そんなふうな想いのこの頃
ですよ。ありがとうの言葉。発すること本当に近頃。
すっごく、増えてるうれしい私です。

投稿: 津軽・today | 2009年7月14日 (火) 14時27分

todayさん

そう、pace yourself.この言葉、覚えててくれたんですね。あせらずに、きっといつかまた会えるでしょうから。

この書き込みは京都のかよさんも読むと想いますよ、ご本もお渡ししました。

それにしても、原始林さんのことをメールにかいていた日に、わが家にお二人が見えるというこのシンクロ、ほんとうにふしぎでなりません。

投稿: sue | 2009年7月15日 (水) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇治日和紅茶 | トップページ | しあわせ猫 »