« 京都へ | トップページ | ふうとも »

2009年7月10日 (金)

宇治日和紅茶

Photo_2 窓の外は宇治川。川を越えた向かって左手は、平等院だそうだ。

フリースペース宇治日和さん。15人から20人ぐらいのほどよいコンサートができそうな、グランドピアノのある空間と、そのお部屋から続き間の、眺めのよいカフェ。

         **

7月5日、朝早く金沢をでて小松のさわこさんたちと4人で宇治へ。宇治日和さんで毎月よし笛の練習をしている「ひまわり」さんメンバーの順子さんが、この日のこの場を用意してくださった。

どうして私は今、ここにいるのだろう。そう自分に問うて、そのもとをたどる「ハートすごろく」。

それを私はよく自分一人でするけど、この日の午後の紅茶はまさしく、私はなぜ今ここに、の物語をみなさんに聞いてもらうこと。

午前中は、順子さんの弾くピアノにあわせて、歌の練習。そう、実はこのためにこそ、私はこの日、宇治に来たのだった。

5月の休日紅茶にきたさわこさんの耳元で、大好きな歌、graduationを思わず口ずさんだら、さわこさんが即、きまりっ、それ、ピース9で歌おう、ねっ、スウさん、といい、一緒に来てた京都の順子さんが、うん、私、ピアノ伴奏するし、っていい、私だけが目を白黒させてたあの日。

さわこさんの友だちの順子さんが、去年9月の向日町紅茶10年の紅茶にはじめて参加してくれたこと。
それよりさらにさかのぼる18年前に、臨月の大きなお腹でさわこさんが、そのころはまだ金沢のマンションでしていた紅茶にはじめて来てくれたこと。
ばらばらの一つ一つが、少しずつつながりながら、順子さん、さわこさんたちと一緒に歌をつくっていくよろこび、歌が育っていく不思議な物語へと進化していく。 この時間は文字通り、sing a song のワークショップ。

Photo_3

               ****
お昼ごはんは、10人のひまわりさんたちの持ちより一品。とくべつ紅茶のランチみたい。なごやかで楽しい、地域で集うお仲間たちからの、最高にうれしいおもてなしだ。3人のひまわり夫さんたちが参加してくださったことも、そのうれしさのうち。
  **
午後の宇治日和紅茶では、私の語りをはさみながら、さわこさんたちの歌とオカリナ演奏、ひまわりさんのよし笛演奏、加賀から車で私たちを運んでくれた岩さんのおしゃもじ人形劇、そして、練習したての「graduation」(もちろん、さわこさんたちに声の応援してもらって)と、みんなで歌った、クッキングハウスのテーマソング「不思議なレストラン」。
     **
折り紙をたたんでつくるこの日の名刺の自己紹介や、最後の、単語な感想までふくめて3時間あまり。
ひまわりさん+ひまわり夫さんたち+石川からの私たち+京都・大津の紅茶つながり、あわせて23人にとって、いつもの出前とは違う、音楽つき紅茶の時間になった。
もちろん、当の私にとっても。私がきっと誰より一番しあわせな時間をプレゼントしてもらった、と思う。
順子さん、ひまわりさん、宇治日和ご夫婦さん、さわこさん、かおるさん、岩さん、来てくれた紅茶仲間たち、ありがとうございました。
            ****
いしかわピース9フェスティバルは、県内で、9条や憲法を大事にして、活かそうと願うひとたち、9条の大切さを自由に表現しようとするひとたちのお祭り。
フォークやロック、ゴスペルなどの歌や演奏、詩の朗読、コント、peaceを表現する作品の展示などを、8月23日、金沢市民芸術村で。
               ***
さわこさんたちの「旬」も、順子さんたちのハーモニカ「らんかんず」も出演するピース9フェス。
うまい下手とわず、想いを表現することこそ大事に、の言葉にはげまされながら、この日、9 teas (9条+紅茶、5人のグループなので、sがついて、9 teas)も、はじめて歌います。            

|

« 京都へ | トップページ | ふうとも »

コメント

スウさん、宇治での素敵な時間を本当にありがとうございました。

宇治日和紅茶では、ひまわり、3人の夫さんたちも、静かに想い、振りかえる時間を過ごさせていただきました。


向日町での紅茶へ参加をさせていただいてから一年、不思議がいっぱいの流れの中で、今回、スウさんに宇治へお越しいただき、「graduation」をみんなで作り上げていったあの時間。
私が想う「音楽」を、再確認させていただいた時間でもありました。
本邦初公開(?)のスウさん訳の「graduation」の歌声。
想いがたくさん込められた、心に響く歌声でしたよ。
8月、「らんかんず」さんは、残念ながら前日のコンサート後に帰られるので、私だけが参加をさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

この場をお借りして・・・

お出かけ頂いた紅茶つながりの皆さん、お心遣いをいただき、本当にありがとうございました。「ひまわりさんたちは、本物のひまわりのように皆さん明るく、イキイキしていらっしゃいますね」
素敵なほめ言葉をかけて頂き、みんな喜んでいました。ひまわり、ますます元気になりそうです。これからも私たちらしく、楽しく毎日を過ごしていきたいと思っています。
又いつか、お会いできる日を楽しみにしています。

投稿: 順子 | 2009年7月14日 (火) 14時56分

宇治紅茶の様子を わくわく読ませていただきました。
ステキな特別な紅茶の時間だったのですね。私も一緒に歌いたかったなぁ。順子さんの伴奏で スウさん訳の「graduation」。 川越でも 来週 「うたいち」(歌の市場でうたいち です)という場で この歌 歌いまーす。順子さんとも いつか おめにかかれますように♪♪♪

投稿: ジュンコ | 2009年7月14日 (火) 18時51分


順子さんとジュン子さん、二人の書き込みがならんでいて、なんだかとてもうれしい。紅茶でつながり、歌でつながり。

ひまわりさんたちは、あの日の誰かさんが言ったとおり、ほんとうにその名にぴったりの雰囲気でしたね、またお会いになったときにくれぐれもよろしく。宇治日和さんにもね!
ピース9までのこるのは、そうでしたか、順子さんだけなのですね。残念。22日夜のコンサートに駆けつけるのは、ちょっとむずかしそうだなあ・・・。

投稿: sue | 2009年7月15日 (水) 00時46分

ジュンコさん、はじめまして。京都の順子です。

スウさんから「ジュンコさんと共通点がいっぱいありますよ」と伺って、そのたくさんの「一緒」に驚きました。

先日、宇治でジュンコさんのお写真を拝見させていただきました。
ジュンコさんが開かれていらっしゃる紅茶の場所。
遠いのか近いのか、土地勘がないのでわからないのですが、娘が今、同じ県に住んでいるのです。
なので又、何かの機会にジュンコさんとお会いできることもあるのでは・・・と、密かに、期待をしています。

「graduation」、うたいち での発表。素敵なハーモニーになりますように。楽しんでくださいね。

投稿: 順子 | 2009年7月15日 (水) 07時35分

順子さん、ありがとう!スウさんのブログで 初めてのごあいさつ。ウフ とってもうれしいです。 いつもとびっきりステキなキューピットスウさんです。娘さんが こちらの県に?いつか ぜひぜひ 川越の紅茶も お訪ねくださいネ。京都は 母のふるさとです。小さい頃 夏の大文字を見に よく出かけました。小路をたくさん歩いたり 境内で遊んだ暑い夏の思い出があります。うたいち♪ のことも またお話させてくださいね。

投稿: ジュンコ | 2009年7月16日 (木) 06時38分

あの日参加させていただいたkayoです。
あれからずいぶん時間が経ってしまいましたが・・・
じんわりとこころ和む 素敵なひとときを
ありがとうございました。

スウさんの初めて聴く「graduation」の響きも
順子さんのピアノの優しい音色も
ひまわりの皆さんの葦笛演奏と笑顔も
さわこさんとお仲間の「たんぽぽ」とオカリナも
楽しいおしゃもじおじさん?の人形劇も
みんなみんな 素晴らしかったです。

そして美味しいゆずティーと静かな場所を提供
して下さった宇治日和のご夫妻、ひまわり夫の皆様
あの空間を一緒に紡いで下さった 紅茶のお仲間
みなさんに、心よりの感謝をこめて。

初めて伺った場所、それも初対面の方ばかりとは
思えないほどリラックスした、愉しい時間でした。
明日への元気につながる~。

ご縁を下さったスウさん、順子さん、さわこさん、
ほんまにありがとう。

投稿: 京都・kayo | 2009年8月 2日 (日) 07時11分

かよさん

コメントをよみながら、私も宇治日和でのあのやさしい時間を思い起こしていました。

8月23日には、金沢市民芸術村で、9条への想いを表現しよう!という石川の仲間たちとともに、私たちは私たちのできること、9teasのきもちを歌で、あらわそうと思っています。宇治のときのように、順子さんがピアノで伴奏してくださるのです。なんて有り難い。
まだまだ心細い9teasだけど、さわこさんたちも途中からgraduationを応援してくれるし、不思議なレストランは、最初から一緒に歌ってくれるので、心強いかぎり。

11月には、京都でまた会えるのを楽しみにしていますね。

投稿: sue | 2009年8月 4日 (火) 10時27分

Kayoさん
昨年の向日町での特別紅茶、そして先日の宇治日和さんでの時間。きっと自然な流れの中で、出会わせていただけたのだなぁ・・と、感じています。

ひまわりのみんなにとって、宇治日和紅茶で紅茶つながりのみなさんとご一緒できた時間は、得るものがいっぱいの学びのひとときになりました。
何歳になっても、何かを感じ、学んでいくことはとても大切なことで、そういった機会を与えていただけることは何より幸せなことなのだと思います。

私たちのモットーは、無理をしないこと。
出来る人が、出来るときに、出来ることをする・・・
きっと、そんなふんわりとした関係だからこそ、今のひまわりの雰囲気があるのかもしれませんね。
たくさんの方々にいつも支えて頂いている私たち。
そのことに感謝をしながら、これからも「かしましく、たくましく」老いても仲良く集っていきたいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

スウさん

昨日、長旅から戻ってきました。
ぼちぼちと、「石川モード」に切り替え、素敵なコンサート「9teas」の皆さんのお手伝いをさせていただきたいと思います。
お宿での美味しい海の幸、今回のアッシー君である、「ひまわり夫の会」の連れ合いが、その「おまけ」を楽しみにしています。


投稿: 順子 | 2009年8月 5日 (水) 16時24分

順子さん
長旅から、無事にお帰りなさい!!お疲れはでていませんか。急に、じゃなくて、ほんと、ぼちぼちと、のモード切り替えで。日本の蒸し暑い夏に体が慣れるのにも、時間がかかると思うので。

昨日の紅茶にはさわこさんとかおるさんが見えました。Graduationの3番の、下のパートを二人で歌ってくださいましたよ。
ほんとに、たのもしい、応援団さんです。もちろん、順子さんも!

投稿: sue | 2009年8月 6日 (木) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都へ | トップページ | ふうとも »