« べんさんコンサートまで、あと2週間! | トップページ | 和歌山県の muroさん »

2009年9月13日 (日)

福音館の本屋さん

Photo_4 金沢中央公園の四高記念館で、ちいさな集まり。その帰りに、信号渡ってすぐの福音館書店さんに寄ったのだった。友人のかるべめぐみさんが、谷川俊太郎さんの文に絵を描いた「死」という絵本を買いたくて。

             ****

お店のかたは、私の顔を覚えていて、ものすごくなつかしがってくれた。そのなつかしがりようで、どのくらいこの本やさんにごぶさたしてたか実感する。

思えば、娘がまだちいさいとき、どれだけ親子で福音館さんに寄っては、長居して、立ち読みして、絵本の世界を楽しませてもらったかしれない。

あのころは金沢に住んでいたから、自転車のうしろに娘をのせて、ほんの10分、絵本のたくさんあるこのお店にちょくちょく来れた。この本やさんで買ったたくさんの絵本たちの顔もつぎつぎ思い出した。

なつかしい立ち話のあとで、なにげなくバックから「ほめシャワ」をだしたら、え、一体どうして!?と、そのかたがとてもびっくりされたので、今度はこっちがびっくり。

聞けば、ずっと探してらしたのだそうだ。たぶんテレビで見て気になって、でも題名もわからず、金沢の大きな本屋さん何軒かで、「なんとかシャワーってありますか」。もちろん見つかるはずもなく、もうあきらめてたのに、いきなり目の前にその本が。ましてそれが、20年も前のあのちいさな女の子が、おとなになってつくったものだったと知って、いっそうびっくり。

                 ****

こんなちいさな冊子を本屋さんであつかうのはさぞかしご面倒だろうし、たくさんの本の間に埋没しそうだし、と、一般書店においていただくことは考えたこともなかったけど、こんなご縁がうれしかったので、ふと、お願いしてみた。

窓辺の椅子にすわって、じっと広坂通りを眺めてらしたかたは、実は福音館書店の会長さんだった(びっくり)。私とお店のひとの会話を黙って聞いてらして、ほめシャワをごらんになって、「いい本だね」と言ってくださって、即、決定。

会長さんは昭和16年生まれ。金沢の、この場所でお生まれだそうだ。お父様がカナダ人の宣教師さんと深いおつきあいがあり、そのかたが日本を去るとき、お父様にキリスト教関係の本屋さんをしてくれるよう頼んだことが、福音館書店のそもそものはじまり。だから、この場所が、福音館の発祥の地。

福音館書店、というと、「こどものとも」や「かがくのとも」やすぐれた児童書の出版社、として知られているけど、金沢に長く住むものにとっては、中央公園前の、絵本がいっぱ~いある、なじみの本屋さん、でもあって。

それにしてもふしぎなこと。会長さんは東京にお住まいで、私のお会いした日の前日に金沢にこられ、その翌々日にはまた東京へ、というスケジュール。しかもずっとお店におられるわけもなく。そのほんの数十分の間の、みじかい出逢い、みじかい会話、シンクロの出来事。

福音館書店さんは、金沢市片町1丁目1−33
tel:076-231-5088 11:00~5:00 水曜定休日 

|

« べんさんコンサートまで、あと2週間! | トップページ | 和歌山県の muroさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« べんさんコンサートまで、あと2週間! | トップページ | 和歌山県の muroさん »