« ふうとものほめシャワbook | トップページ | 初尾道 »

2009年10月21日 (水)

珠洲へ、風の旅

Photo 奥能登へ泊りがけの旅。津幡の風仲間のおうちが珠洲にあって、前々から誘ってくださっていたのが、今回やっと実現して、7人で。

能登にはご縁がいっぱい。20年前から何度行ったかわからない。まだ仔犬だった翔と出逢ったのも、17年前の珠洲のキャンプ場。能登のいろんな学校にもほんとうによく出前によんでもらった。

家族で行く以外はいつも自分で運転していくので、今回みたいに車のうしろにのせてもらったら、もうそれだけで、なんと豪華なドライブ。空も海も紅葉の木々もゆったり眺めて、おしゃべりも交わせて、ひとりで行く何倍もの豊かさ。

          **

珠洲のおうちは、話には聞いていたけど、このおうちを建てられたご夫婦の生き方が、そのまま、かたちになったおうちだった。ひとがつどい、楽しく、遊ぶこころで学ぶための、もうひとつのまなびや、と呼びたいような。

Photo_2 田鶴浜で仕入れた牡蠣、珠洲高屋漁港で仕入れたきときとの魚やサザエ、おうちの囲炉裏に炭をおこして、炉ばた焼き。

海は荒れて、夜は風と波の音、ああ、冬に向かう海だ!と思うまもなくzzzzz.

              ****

能登への道々には、なつかしい大好きなひとたちがいっぱい住んでいる。

田鶴浜のヒロさんとこは、10月はじめに出前紅茶で行ったばかり。ヒロさんとは前にも会ってる風の仲間たちだけど、突然7人でおとずれて、今回もっとしっかり出逢えたのがうれしかった。珠洲の湯宿、新ちゃんとこでは、コーヒータイム。と、いろいろ寄り道しながらの旅。翌日寄った、輪島の朝市通りのお店も、20年来のおつきあいで、17年前に買った服はいまも私のお気に入り。

思えば、能登のひとたちと20年前からつながってこれたのは、あるひとつの共通点のおかげ。津幡の風仲間たちをつなぐのも、これまた別の共通点がきっかけ。

どちらも、楽しいこと・うれしいことからはじまった仲ではなくて、むしろその逆、できれば関わりたくないことからのスタートだった。だけどそのおかげで、こんなすてきなひとたちと出逢えたし、つながってこれた。いわば、しんどいことから始まってきた、人生の贈りもの、のような、ひととひとの結びつき。

そのことをしみじみ感謝した、珠洲への旅でもありました。

                    ****

Photo_3 今回の旅の最高にすてきなおみやげ。

珠洲の浜辺でひろった、すべすべの石。まるで赤い色鉛筆で、ハートをうっすら描いたような・・。(ちいさな写真なので、はっきり見えないけど)

浜辺には、宇宙そのものを感じさせる石がそこにも、ここにも。

土星や木星、名前のまだない惑星も。私たちのなかにも、ある宇宙、惑星たちのことを想いながら、夢中でいくつかひろい集めた。

この日の海にはことし初らしい、波の花が舞っていた。ざんぶと砕けちる波しぶきから離れて、ふわふわ舞っていた、冬のしらせの波の花。

                *****

今日21日の夕方の列車で関西へ。土曜日まではメールを読めません、あしからず。

|

« ふうとものほめシャワbook | トップページ | 初尾道 »

コメント

心の深いとこでつながりあっている仲間との旅されたのですね!よかったですね。波の花・・・同じ日本海だしね。
こちらでも、すでに見られましたよ。この間の台風の時も
その前の風の強い日も。この海で、この空で、そして
大地でつながっている。私も紅茶の時間とそう思うことで
心が弱くなることからかろうじて踏みとどまっています。
寒くなるこれからが、私にとっては試練の時。
いつも心の中は荒れ模様に突入するのです。
毎年のことだから、舵取りはなれましたけどね。
しかし油断大敵心してこの時を越えなきゃと思います。
けど、去年の自分より昨日の自分より今の自分が
大好きと思えているから・・。ほめシャワ効果だよ。
すごいことです。この心の変化に深く感謝している私です。今は旅したい気持ちがすごくざわついてて。
けど、家庭の事情で出来ないのでそれが辛い・・・。
だからきもちを他に向けようと必死です。それがなかなか
しんどい作業。何にトライしても心が満足しなくて。
それがくせものなんだなぁ。私の場合。けど積極的に
いろんなことして見る自分がいる。何もリアクション起こせなかった私が。それもすごい進歩だと思ってるよ。
まあ、焦らずpace、yourseifなんだな!12月から年明け
1月・2月が一番しんどいの津波がわーっと押し寄せるから。けど、いつものことだし・・。だなぁ!

投稿: today | 2009年10月25日 (日) 12時57分

todayさん
ご無沙汰しました。旅して帰ってくると、どうしてもすることがいつものペースでなく、なかなかpece myselfとならず。

この一年の大きな変化に、自分で気がついてるって、大事なことですね。心の中の貯金が底をつかないように、真冬にむけて、どうかたくさんためておいてくださいね。きっと越えられますように。

来週のいまごろは大津です。またすこしごぶさたしたら、ごめんなさい。

波の花は、そちらでも。つながっていますね、たしかに。

投稿: sue | 2009年10月30日 (金) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふうとものほめシャワbook | トップページ | 初尾道 »