« 収穫祭と金大祭 | トップページ | 街角本屋のリードさん »

2009年11月 2日 (月)

問いを投げる

隣町の母子保健推進員(略して、ボスイ、というのだそうだ!)さんたち14人が、紅茶の時間の”視察”にみえた。

といっても、ふつう紅茶の日にそれだけの人数がその目的でみえると、逆にふつうの紅茶っぽくなくなっちゃうので、水曜日でない日に、臨時紅茶を。

私が一方的にお話するんじゃ、なんだかなあ、って思っていた。みなさんがわが家に入ってこられるお顔を見たら、予想以上に、わくわく!不思議な場所!ここはいったい何?!っていう、いい感じの表情をなさってたので、「せっかく視察にみえたんですから、知りたいこと、不思議に思うこと、なんでも訊いてください。たとえば、トイレはどこですか?からはじめてもいいですよ」と、私を質問攻めにしてもらうことにした。

・津幡を選んだわけ・名前のこと、本名ですか?・紅茶はいつしていますか・どんな両親、どんな家族でしたか・どんな子どもだったの?・ブルーなお母さんが来たとき、どう接したら・自分が元気ないときは、などなど、質問がぽんぽんとびだしてきた。

答えられるものについてだけ応えているうちに、いつのまにか、問いと問いがリンクして、家族のものがたりが浮き彫りになり、紅茶のものがたりへとつながってくるおもしろさ。

あっという間に時間がたって、しまい間際に、「しあわせまわし」―― ごく最近の、ささいなうれしいことを、二人一組になって、話す、聴く、というワークをしてもらって、視察は終了。

問いは、おもしろい。投げかけられて、はて、と考えることから、思いがけないことを想い出したり、新しい意味を見いだしたり、自分の気持ちを見つめたり、確認したり。ボスイさんたちがみえたこの日も、はからずも、そうなった。たくさんのすてきな、素朴な、率直な問いに、感謝。

               ****

Photo_2 ある週の紅茶にはじめてみえたひとと話していて、途中で、「ん?」と思ったことを、彼女に尋ねなおしたことがある。その問いのボールを、そのかたは聞き流さずに、受け流さずに、そのあとも、胸の中で何度もころがしたみたいだ。

ずっとあとから、あの日の問いに、彼女があたらしい答え(のようなもの)を出したことを知った。やっぱり投げてみて、よかった。

もちろん、問いは、かならずしも答えを要求しない。立ちどまって考えることが、きっと大事、なんだろうと思う。

|

« 収穫祭と金大祭 | トップページ | 街角本屋のリードさん »

コメント

昨日は、関西での『出前』のメール、ありがとうございます。
同じころ、私が関わっている『子供情報研究センター』の「チャイルドラインOSAKA」から、これからの活動の企画ややりたいことないですかーという、メールが入ってきました。
これは、シンクロだ♪と、スウさんの事、伝えました。

そして、今朝、久しぶりにここに来てみました。
はじめて「紅茶」にいらした人のお話・・・。
10年近く前、スウさんに私が問われたこと、あの「FAX紅茶」と、いっしょだな~と、うれしくなりました。

その人を尊重して、「ん?」と思った事を言葉にする事って、すごく勇気がいることですよね。
でも、とても、ありがたい「ん?」のこころです。
あのスウさんの私への「ん?」・・・とてもたいせつな、私の宝物。
それからも、悩み、迷い、混迷の日々(笑)ですが、真っ暗けじゃなくなりましたよ。

スウさんは、私の「変」に、気付いてくれた初めての家族以外の人です。
人前では、明るく元気でいましたから・・・。

私は20年前の事故以来、毎月寝込みます。
鬱のような、気持ち・からだ、になるのは、それ以来なのですが、医師からは鬱ではないと、また別の医師には、パニック障害だと言われたり・・・。
高次脳の情報がいろいろ届き、私のような症状も関係するのかなと、もう一度、医師に相談してみようかと、思ってます。
わかったからといっても、元のからだになるわけじゃないのですが・・・「私」をたいせつにしてあげたい、ですから・・・。
これも、私を尊重した「ん?」を投げかけてくれて、たいせつにしてきたお陰ですね。ありがとう♪♪

投稿: なごみの子 | 2009年11月 3日 (火) 11時23分

さっきのお便りで、間違いをしました。

私が関わっている『子ども情報研究センター』。
『子供情報・・・・』となってしまいました。
『子供』ではなく『子ども』です。
お「供」ではない、「ども」です。

小さなことですが、たいせつなことなので・・・。
ややこしいこと、訂正お願いで、すみません。

投稿: なごみの子 | 2009年11月 3日 (火) 14時05分

なごみの子さん

子ども、ですね、了解。大切なことですね。

10年前の「ん?」、まあ、覚えててくださったんですか。あのときは、こちらこそ、いっぱい学びました。
でも、問いがそんなふうにうけとめられるのは、うれしいことです。そうやって、大事にその問いのボールを考えてくださったこと、心からありがたく。
そのあと、あなたはいろんな厳しい状況をくぐりぬけながら、とっても成長してこられたように思っていますよ。

投稿: sue | 2009年11月 4日 (水) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 収穫祭と金大祭 | トップページ | 街角本屋のリードさん »