« ボトルシアターにて | トップページ | 年のおわりとはじめに »

2009年12月31日 (木)

family hour 

Photo12月の出前が全部終わってから、2,3日、西宮で family hour。娘の誕生日とクリスマスの、日にちはちがうけど、二つまとめて合同祝い。

         ****

長くは家を留守にしにくい娘の都合もあって、このところ、私たちのほうから関西にでかけることのほうが多い。

それを実感したのは、夫のこのひと言。「もう子どもたちもいないことだから、こっちから時どき会いにいけばいいんだよ」

「こどもたち」・・・・そうか、彼のなかで翔だけでなくマーガリンも、そう呼ぶ存在になっていたのか。「子どもたちもいないことだから」。それだけ聞くとさみしい感じもするけど(事実、そうだけど)、私には、不思議なくらいあったかく響いた。

この何年間かは、その「子どもたち」のどちらかが老いて病気がちだったので、夫婦で泊りがけでは家を空けられなかった。

留守番役はたいてい彼で、ある時など、私のコレステロールの薬をマガに飲ませてしまって、大変っ!なんてこともあった。

でもそれも今はほろ苦い想い出、ほんとにいつもよく面倒をみてくれてたと思う。そんなことのつみ重ねで、猫は苦手だったはずの夫が、マーガリンのことも、いつのまにか「子ども」にしてくれていたんだ。

                 *****

家族3人+大切なともだちとで、一緒の夕ご飯の日曜日。

前々から行きたいと思っていた、和歌山桃山町のカフェ・muroさんを訪ねた月曜日。この日はちょうどカメリアーノさんの個展中。

カメリアーノさん展@神戸で、muroさんと娘が出逢い、それがきっかけでほめシャワもお店においてくださっている。何気なく自然体で、なぜかはじめて会う気がしなかったmuroママさん、ログハウスのお店は、まわりの風景ととけこんで、地域のひとたちに愛されていそうな、すてきなカフェだ。

Photo_2 カメリアーノさんにたのんで、家族のしょうどうが(衝動画)を描いてもらう。金沢に住んでるカメさんに、和歌山で会って、muroさんカフェで、私たち一家を描いてもらう、というのもまた記念すべきこと。

たまが駅長さんしている駅もおもいがけずに近かった。

たまさんにあいさつしたあとは、娘あこがれの和歌山のカフェ、はしごcafeさんへ。muroさんにみえてたお客さんが地図を描いてくださったおかげで、迷子にならずにたどりつけた。

もとは工場だったかもしれない、ゆったりとひろい空間を、それはすてきに工夫されてて、おしゃれな雑貨ももいっぱいならんでいる、はしごさんでした。http://blog.livedoor.jp/hashigocafe/

Photo 京都でほめシャワ取材中のMさんと一緒にランチ、の火曜日。娘は、電話やメールでいっぱいやりとりはしていたけど、Mさんと会うのは、この日がはじめて。私は3度目。

京都駅でのつかの間のランチタイム。でも、ほめシャワで伝えたい大切なことは、おたがいにもう共有できていることが、Mさんと直接会って話したことでいっそう、娘にも感じれたみたいだった。

                   ****

と、今年最後の「きもち」を書いていたら、もう新しい年まであとわずか。どうぞよいお年をおむかえください。

|

« ボトルシアターにて | トップページ | 年のおわりとはじめに »

コメント

まあさんがマガちゃんのことをこどもたちって思ってたって
とこに胸熱くなりました。それも猫ちゃんが苦手のはずだったのにってとこ。私は猫ちゃんもわんちゃんもへいきどころか大好きだし、実際我が家にも動物家族が二匹いるし。
過去に子供のことで辛い過去もあるのでなおさら私には
我が家の二匹は子供って思える。人間の子供も動物も
何故だか全員男の子っていうのがちょっと寂しいかも
知れないけど。けどそれだって縁だから。と今の私は
感じているよ。男の子だけっていうのも満更じぁありません
ってね。どの子もいとおしいもの。それぞれの子だけの
思いもあるしね。ただ、私翔ちゃんに会えなかったから
それがなんか悲しいかなぁ。ただスウさんたちから
たびたびお話伺っているから。なんか自分の中で
私だけの翔ちゃん像っていうのかな?が出来つつある
のだけれどね。ご迷惑かなぁ?紅茶の時間のわんちゃん
だもん。みんなをひっそり見守っているようなおとなしく
賢いわんちゃんのように感じる。普段はすごく活発でも
時間になるとしぃんとおとなしく少し離れたとこから
みんなを見守っている翔ちゃんみたいな気がする。
すごくそんな気がする。翔ちゃんまだ居る気がしたの。
今だからお話するけど。去年の五月紅茶の時間を
尋ねた時ね。ここに私いるよって・・・思えたすごく感じた。
動物がめちゃくちゃ好きだからかなぁ?本当に奇跡の時間
だったの。本には書かなかったけれど。私だけの胸に
しまっとくつもりだったけど。言っちゃった。告白しちゃった。

投稿: today | 2010年1月 3日 (日) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボトルシアターにて | トップページ | 年のおわりとはじめに »