« 父と子のコンサート | トップページ | この1年 »

2009年12月10日 (木)

静かな紅茶

Photo 昨日のふつう紅茶には、久しぶりの顔が不思議とあつまった。

春のとくべつ紅茶・ミステリーバスツアーで能登までの旅をともにしたひとたちと、半年ぶりの再会。あのバスツアーでガイドさんの大役をはたした、観光シーズンにはめったに紅茶に来れないKさんもなぜかやってきて。

Kさんとは、紅茶以前からのつきあい、息子さんとパンやさんをしていたOさんとは、紅茶がはじまって2年目くらいからのつきあい。

どちらも、紅茶の歴史を肌で知ってるひとたち。何年間、紅茶に来てなくても、またいつでもふらっと来れる場所なの、と、広島と京都からはじめてみえたお二人に、紅茶のことを説明してる。

広島からみえた若い女性は、バスで京都まで来て、そこからまたバスで金沢まで、というスローな旅びと。京都からの旅の若いひとも、スローな生き方、スローなビジネス、を選ぼうとしているひとらしい。きっとどこかで、人生の価値観をかえる出来事と出逢ったのだろうなあ。二人とも、すごくやさしい目をしてるのが印象的だった。

毎週、静かなドラマがある紅茶。はやっていないからこそ、ちいさな声に耳を澄ますことができる。混んでる日にはじめてきたひと、逆にごめんなさい、って時もあるし。

昨日は特に、はやってなくてよかった、って思える紅茶でした。

                  ***

今夜の夜行で東京へ。もどるのはたぶん月曜日の夜遅く。その間はメールが読めないので、お返事もおそくなること、お許しください。

|

« 父と子のコンサート | トップページ | この1年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父と子のコンサート | トップページ | この1年 »