« 49回目のいのちの日 | トップページ | 娘と私から ほめ言葉のシャワーご購入について »

2010年1月26日 (火)

ともさん満2歳

Photo コミュニケーションを練習する場としてはじまったともの時間。ともとも、結とも、それに続く、3つ目(だから、とも+3)のともさんは、去年12月で満2歳になった。

前々から、2年たったら、ともさん言葉をみんなで出しあって、自分オリジナルの、ぱたぱたbookをつくろう、と約束していた。

ともさん言葉、というのは、ともの時間に来るようになって、気づいたこと、印象的だった仲間の言葉、学んだこと、大切なこと、発見したこと、自分や家族の変化、ともさんに関する言葉なら何でも、一枚にひとつづつ書いてみる。

集まった言葉は約60。それを一枚一枚、仲間たちの声で読みあげていく。まるで2年分の走馬灯みたいだ。

そのなかから、さらに自分にぴったりくる言葉をあらたに書き写して、編集して、自分だけのぱたぱたbookをつくる。

どれをとっても、大事なともさんのキーワード。学びの総集編。

私自身の記録のためにも、その中のいくつかをここに。

自分のきもちに気づくところ/思ったことの言葉化/どう言う、の前に、どう感じてる/気分調べの習慣化/自分のパターンを知る/仲間から違う考えをもらう/したことないこと、やってみる/ほんのちょっと努力すればできることから/ちいさな練習を積み重ねて、少しずつ変わる/いくつもの段階/いいとこみっけ/言ってみたい、和解したい、「たい」が大切/SSTに”失敗”はない/弱さの情報公開/応援してくれる仲間がいること/一人ひとり違うけど、重なるとこいっぱい/うれしいことを共有できる/深いところでコミュニケーションしてる気がする/よく涙が出たなあ、私のことで、ひとのことで/涙をいっぱい安心して流せるところ/静かに聴いてくれてありがとう/一人ひとりが自分のしあわせを捜している/みんな大好き!/場のチカラ

to be continued・・・まだまだ、ある。う~~ん、なんてすごい財産だろう。一人のちからでは、けっしてこれだけ気づけないし、学べないし。

                  *****

紅茶の時間があって、クッキングハウスと出逢って、やがてともの時間がはじまった。

その3つの場の基本にあるものを具体化することのひとつが、ほめ言葉のシャワーのワークショップで、何度も重ねたワークショップの延長線上に、「ほめ言葉のシャワー」の冊子が生まれたのだと思う。

その「シャワー」の波紋を、番組の中で紹介するNHKクローズアップ現代は、今日26日の夜7:30~。再放送はBS2で、深夜0:10~。

                                          ******

今朝、クッキングハウスの松浦さんからもお電話。番組を楽しみにして、見てくださるという。

ほめ言葉のシャワーのワークショップを教えてくださったのは、松浦さんなので、NHKのディレクターさんは、12月にクッキングハウスにもでかけて、松浦さんのお話もお聞きしている。ただ今回は「ほめシャワ」の冊子が、予想もしなかったいろんなかたのところへ飛んでいった、というあたりを追っているので、番組に松浦さんが登場されることはないけれども。

毎年の、クッキングハウスへの出前紅茶の日も、4月23日(金)と、今日きまったばかり。

去年は、「ほめ言葉のシャワーから平和へ」というテーマで母娘のリレートークを聴いていただいた。今年は、読んでくださったかたたちからのさまざまな声や想いを、できるかぎりお届けしたいと思っています。

|

« 49回目のいのちの日 | トップページ | 娘と私から ほめ言葉のシャワーご購入について »