« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月26日 (金)

あれからひと月。

今日は26日。「クローズアップ現代」放映中からはじまった、おおきなうねりのような日々。あれからちょうどひと月。

真っ先にほめシャワをご注文くださったかたたちのお手元へはどうにか冊子がとどいて、今週は、「届きました!」や、読んでくださっての感想メール、「いま振り込みましたよ!」と郵便局からのお電話やfax、そして中には、おっちょこちょいの私のミスで、「あの、振込用紙がはいってなかったんですけど・・」などのお電話(汗!!)も。でもみなさんのやさしい声に、お詫びしながら、救われています。

水曜日の紅茶も、ほめシャワ作業所と化してもう4週目。毎週、違う顔ぶれで見える誰かれが、せっせと手を動かして助けてくれるのがなんともありがたい。

何度も通ってくれた紅茶のHさんの魔法の手にどれだけ、助けられたかしれない。そして、私がバクスイ中の知らぬ間に、発送準備のできた冊子を、冊数ごと袋に入れたり、きちんと箱詰めしてくれてたりする夫にも、ありがとうがいくつあっても足りない。(目をさますとできあがっているので、まさにおはなしの、コビトのくつやみたい!)

そんな発送の日々から4日間はなれて、大阪と京都へ、4つの出前にいってきます。メールくださるかたには、もうしわけありませんが、その間、パソコンが見れないので、お返事も遅くなること、お許しください。

              ***

 ほめ言葉のシャワーのご購入についてはコチラ

  お取扱店さんについてはコチラをご覧下さいませ。

                ****

明日27日は、実は大きな動きのある日で。

ボートピアのない津幡町が好きです、を合言葉に、ギャンブル場の誘致に反対してきた市民グループ「風」の、大事な仲間のひとり、さっちゃんこと前田幸子さんが、4月の町長選に立つことになった。明日の朝、記者会見。

前田さんとは、前の津幡町立図書館の館長さんを彼女がしていたころからのおつきあい。この町ではじめての、ちいさなちいさな図書館を、たくさんのひとから愛されるセンス・オブ・ワンダーの図書館、とよばれるまでに育てたひと。

ボートピア、という場外舟券売り場の誘致計画があることを知った4年前から、いっしょに活動してきて、3年前の町会議員選挙にはじめて立って、トップ当選したひと。

議会の終わるたびに、「風」は「風つうしん」を発行し、「風」を応援してくれる町のひとたちにも助けてもらいながら、町内12000軒の家々に配達してきた。

ものすごく厳しい、困難な状況のなかで立ってくれたさっちゃん、できるかぎりの応援をして支えようと思っています。

              ***

 *追記

27日午前、記者会見が無事終了。おもいがけず多く集まってくださった町のひとたちも立会う中、前田さんが、町長選に立つ思いと考えを、ゆっくりと確認しつつ、自分の言葉で語った。夏の衆院選で国会議員になった、民主党の近藤さんも駆けつけてくださった。

市民グループ「風」と、民主と、これまでの町政のありかたを変えたいと願う、町のひとたちとの、共同・協働作業の選挙になりますように。

では、いまから電車に乗って、大阪へ、いってきま~~す。

|

2010年2月20日 (土)

ほめシャワの特等席

Miyawaki1_5   

宮脇書店(天童店)さんが、

『ほめ言葉のシャワー』に特等席をご用意してくれました。

(なんとなんと、直木賞受賞作の横だ!)

この小さな冊子を、こんなにも大切に扱ってくださるって

本当に本当に嬉しい。

バーコードもないし、きっとお手間だろうになぁ。

お問合せくださる皆さんが

「書店さんに行ったけどなくって……」とおっしゃるたびに、

あぁ、ごめんなさい!と申し訳なく思っていただけに、

こうして少しずつでも、書店さんで並べていただけることは

なんて有り難いことだろうかと、しみじみ感じています。

そして、以前から置いてくださっていたリードさん笹部書店さんは、

私たちのてんてこまいぶりを見るに見かねてか、

私たちも気づかない内にこっそりと、強力な助っ人さんになってくれていました。

本当に、たッッッくさんの方との協同作業で、

ほめシャワが各地へと旅立っていってるんだなぁ。

この場を借りて、皆さんに心からのありがとう!を。

山形県内の宮脇書店さんには、

来週中にもまた追加で納品しますので、お近くの方は、

ぜひぜひ足をお運びいただければ嬉しいです。

mai works

   ****

 ほめ言葉のシャワーのご購入についてはコチラ

  お取扱店さんについてはコチラをご覧下さいませ。

|

50回目のせんだん

七尾市一本杉通りのおかみさんたちとの、ふた月に一度の夜の勉強会、「栴檀の集い」が50回をむかえた。超いそがしいおかみさんたちとの会が、たまにお休みの月もいれながら、それでも10年続くなんて、はじめは誰が思ったろう。

50、と文字入りのにんじんケーキやかわいらしいバースデイ?ケーキ、まるでみんなが50歳の誕生日を祝うように華やぐ。50かいきだ!なんていうひともいて(50回喜、だそうです)。

思いがけず、おかみさんの一人ひとりからラブレターをいただく。誰もが、以前よりずっと自分のきもちを表現するようになったこと、うれしいときにうれしい表情をするようになったこと、互いを認め合うようになったこと。せんだんの場では、おかみさんであると同時に、いや、その前に、一人のひと、になる。それもまた、場の持つちから。

毎年ゴールデンウィークから母の日まで続く、一本杉の「花嫁のれん展」、去年は紅茶のミステリーバスツアーで行ったっけ。おかみさんたちがどんなに心こめて、のれん展を準備してきてるか、それを知ってるだけに、今年も多くの方に見ていただけたら、と願っています。

                 *****

出前のおしらせ。

2月28日(日)10:00~12:30 コミュニケーション・ワークショップの出前。

@大阪堺市の大型児童館ビッグバン。参加ご希望のかたは、ビッグバンの原野さんまで telephone 072-294-0999

そのあと、こどもたちの卒業を祝う会へ。

3月にはいって、京都でちいさな出前紅茶をふたつ。でもほんとに文字通りのちい出前なので、お知らせする間なくいっぱいに。

                ****

というわけで、2月27日から3月2日の夜まで県外です。その間はパソコンにふれませんので、メールをいただいてもお返事が遅くなること、ご了承ください。旅の前に、早い段階で「ほめシャワ」をお申し込みくださったかたへの発送だけでもなんとか、と今せいいっぱいしています。

お手元に届いたかたからのご感想メールに、心がほっとする時間もたくさん。日をおかずお手伝いによってくれる紅茶のお母さん、娘のほうにも応援団?のみなさまの存在、本当にありがとうございます。

 ほめ言葉のシャワーのご購入についてはコチラ

  お取扱店さんについてはコチラをご覧下さいませ。

|

2010年2月12日 (金)

猫の手、犬の手

Photo ← 発送作業を、いつも見守ってくれてる翔とマーガリン。ちいさな黒いお地蔵様は、原始林窯さんからマーガリンに。

おとといの紅茶は、3週目にはいった紅茶作業所。お母さんと一緒にはじめてきた中学生の女の子も、小松からみえたお二人も、せっせせっせと、封筒貼り。

11日は、津幡図書館で、「詩を楽しむ」時間。毎月、ちっともはやらず、好きな詩を声に出して読むことをしているけど、きのうは7人もの参加。休日でふと訪れた男のかたも。内田麟太郎さんの詩集、「ぼくたちはなく」がどれもとてもよくて。きりりんさんは、ほんとにいい詩をみつけてきてくれる名人だ。

図書館に、あらら、いつの間にスウ・コーナーができていた。もう絶版になった「雪の手みやげ」や、紅茶3部作の本たち。「ほめシャワ」は予約待ち、とあったので、また少し寄贈しました(わたしの町の図書館なので)。

12日は、金沢の清泉中学へ。1年生のおやごさんたちにお話の出前。夕べもけっこう雪が降ったけど、市内は津幡ほどは積もってないだろうな。

               ****

   ほめ言葉のシャワーのご購入についてはコチラ

  お取扱店さんについてはコチラをご覧下さいませ。

|

2010年2月10日 (水)

日曜日のとくべつ紅茶の放課後のこと

2月14日のとくべつ紅茶では、加賀のお坊様、佐野明弘さんをおよびすること、2.3日前にもお知らせを。

水野宅にて、2:00からのお話のあと、残れる人は、もちより一品夕ご飯の放課後を佐野さんと一緒にさせていただく予定でしたが、佐野さん、急にご用事ができて、5:00までのお話のあとは、加賀に帰られることになりました。楽しみにしてらした方に、本当にごめんなさい、とのことです。

佐野さんは、真宗大谷派の同朋新聞でも、天童荒太さんや高村薫さんと対談をされてるかた。お忙しい合間を縫って、紅茶に。そうおもったら、この日、とくべつ紅茶におよびできるって、すごいことなのかも。

                 *****

「ほめシャワ」のご注文の波は今もひきつづき。ブログを読んでメールくださる方のなかには、「待つことは承知です」「待つ、という楽しみを味わいます」「急がないでください」「ちゃんと寝てくださいね」などなど、あったかい、うれしいメッセージもいっぱい。

長くお待たせすること、私も娘もほんとうに申し訳なく思っていますが、手渡しの100冊から始まったちいさな「ほめシャワ」の冊子にこめられた大切な想いが、メールのやりとりの段階から、すでに生まれているような気持ちがしてなりません。

お待ちになることわかっているにもかかわらず、ご注文くださったうえ、こんなやさしい言葉をかけてくださると、「冊子お届けのずっと前から、わたしたちがもうほめ言葉をいっぱいいただいてる気がするね」と娘が申してます。待ってくださってて、本当にありがとう!

水曜日の今日は、いつもどおり1:00~のふつう紅茶。また、ここが作業所になります。

                 ******

    ほめ言葉のシャワーのご購入についてはコチラ

  お取扱店さんについてはコチラをご覧下さいませ。

|

2010年2月 9日 (火)

ほめ言葉のシャワー作業所のりんじ紅茶

今日は朝から夕方まで、にぎやかな作業所になったわが家。

ゆうべ、福井でのコンサートを終えたたかはしべんさんと、マネージャーのなみちゃんが、川越までの帰り道、津幡に途中下車してくれた。

なみちゃんは、ジュン子さんと一緒に10年前、川越紅茶をはじめたひと。私の今のてんてこまいを百も承知。けど、せっかく近くを通るのだから、ちょっとでも逢いたいな、すこしでも手伝いたいな、と言う。ほんなら、炊きたての玄米のランチを食べに来て。そしてどうぞお手伝いもして、と。

私は私で、せっかくべんさんが来るのだから、ほめシャワ手伝いがてら、もちより一品でランチに来ない?と紅茶仲間によびかけ、集まったお母さんたち+べんさん・なみちゃんとの10人で、せっせせっせと、発送の準備作業。3月6日に珠洲でべんさんコンサートを開こうとしてるYさんも、奥能登から2時間かけてやってくる。

こんだけ人手があるって、すごい。猫の手、なんてもんじゃありません。たちまち、ほめシャワ完成品が、山と積まれてく。

Photo_2 食後は、ランチのお礼に、とべんさんが生ギターとなま声で3曲歌ってくれた。なんとぜいたくな。紅茶20周年のとき、べんさんコンサートを一緒に開いた仲間も今日は何人か。あれからもう6年がたってるんだ、早いなあ・・・

ほんの2時間あまりの、つかの間の逢瀬。お土産は、和歌山のcafe muroさんからいただいたおいしい八朔と、柚子最中と、できたて16刷の「ほめシャワ」。べんさん、なみちゃん、寄り道してくれてありがとう。

べんさん、ご自分のブログで、NHKの放映のこと、べんさんブログの、「べんさんとべんさんの物語」にも書いてくださってた(1/24付け)

そればかりか、私がこのブログをかいてるのと同じころ、臨時紅茶のこともべんさんブログにこんなふうに!

            ↓

http://www2u.biglobe.ne.jp/~neb/ben-home2.html

                 ******

西宮の娘の方にもご注文がいっぱい!相次ぐお問い合わせやご注文に、お返事がとうてい追いつかず、とうとう手も痛みだし、いっそう焦りまくっている様子が伝わってくる。

でも、なんてありがたい。彼女の発信したsos!をキャッチしたともだちが、それぞれできることで応援しに来てくれてるようだ。遠くから駆けつけて、パソコン作業を手伝ってくれた大切なともだちは、まさに、such a big help!私からも、ほんとにありがとう。

                  ******

私や娘からのお返事が遅いことで、私の@niftyアドレス、娘の@yahooアドレス、両方にお申し込みくださった方も少なくないと思います。どうかお手間でも、ご一報ください。それをもって、どちらか一方でのご注文、とさせていただきますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします(深いお辞儀)。

                  ****

   ほめ言葉のシャワーのご購入についてはコチラ

  お取扱店さんについてはコチラをご覧下さいませ。

|

2010年2月 7日 (日)

2月の、いろいろ紅茶のお知らせ

紅茶からのお知らせいくつか。

***

来週2月14日(日)は、とくべつ紅茶。
加賀のお坊様、こうせんぼうご住職の佐野明弘さんのお話。
「涙をとりもどすとき

~ベトナム戦争元帰還兵の、アレン・ネルソンさんと出逢って」
2:00~5:00 @水野宅 参加費 700円 tel:076-288-6092

(放課後は持ちより一品夕ご飯会 残れる方、どうぞ)

9条の意味を、佐野さんにあらたに教えてくれた、ネルソンさん。
出逢って5年のお二人、ネルソンさんは去年3月に亡くなられましたが、
お骨は、ネルソンさんの希望で、佐野さんのお寺に納められました。
お二人の出逢いのなかにどういうことがあったのか、
涙をとりもどす、って一体どういうことなのか、
ゆっくりお話していただこうと思います。
どうぞ、佐野さんのお話、聴きにいらしてくださいな。

***

2月21日(日)は、紅茶なWOW(ワウ)

月に一度の、ワークショップ自主勉強会「WOW」、早春には毎年、オリジナル・プログラムで拡大版WOWをします。

今年のテーマは「うしろ向きのきもち」

@水野宅 参加費 100円

9:30 open 10:00~4:00 お昼もちより一品ランチ

参加ご希望のかた、水野までお申し込みください。

***

2月28日(日)は、大阪府堺市にある大型児童館ビッグバンへ、コミュニケーション・ワークショップの出前に行きます。10:00~12:30 30名まで。

|

2010年2月 6日 (土)

ともとも 満5歳

Photo 月いちのコミュニケーションの練習の場、「ともとも」が誕生して、2月で満5歳。仲間たちがいつもこの月を覚えて、それぞれ一本ずつ花をもちよって、もちより花束をつくって、お祝してくれる。

紅茶仲間の一人から、紅茶とは別枠の、コミュニケーションの練習をするための時間をつくって、とリクエストされたものの、すぐにはyesが言えなかったあの時。それでも、紅茶内外のひとたちが、切実に、コミュニケーションの練習をしたがっていることは、痛いくらいにわかってた。

それまでの紅茶の積み重ねのなかで、聴く練習をしてきたことや、ワークショップの勉強や、ピアカウンセリングや、それにクッキングハウスのSSTの学びなどなど。私の引き出しだけではとうてい足りそうもないけど、練習し「たい」という仲間たちの「たい」に助けてもらいながらなら、きっと一緒に学んでゆける、そう思ってはじまったともともだった。

5年たった今、仲間たち一人ひとりの変化がすばらしい。感じるアンテナの感度がよくなった。仲間のことも、自分のことも、すこしずつ認められるようになってくる。そして仲間の誰かが辛いときには、ごくしぜんにみんなでほめシャワをそのひとに注げるようにもなった。

コミュニケーションはキャッチボールなんだ、っていうことを、毎回毎回、繰り返し学ぶ。そうか、あのひとのあの態度は、私のこういうコミュニケーションのクセがあれを引き出してたんか、と気づく瞬間の表情が、みんなとてもいい。

ともとも5歳の日に、ひとりのお母さんが口にした、「ここは、私の秘密基地なの」という言葉、私にはとても印象的だった。

|

2010年2月 4日 (木)

昨日の紅茶

Photo

「今日、午前中から行っていい?仕事ない日だから、なにか手伝えることあるかと思って」と、朝方、紅茶仲間から電話。昨日のブログを読んでくれてたんだ。うれしい&おお助かり!こんな日は、もちろん、1時前でも紅茶をあけちゃう。おかげで、封筒のカード入れも封筒貼りも、あっという間。

紅茶にきたひとも次々、封筒のはんこ押し、ほめシャワの封筒詰め、などなど。人手があると、作業のなんと早いこと。みなさま、ありがとう。

近所のTさんと娘さんが、双子の赤ちゃんをつれて、生後3ヶ月の紅茶デビュー。朝から手伝っててくれたお母さんは、やはり双子の娘さんを育てた先輩母さんで、双子の母同士ならではの、子育て話をひとしきり。

夜は、bookshopリードさんが、能登の学校まわりの帰りにうちによって、また追加の「ほめシャワ」を持っていってくださる。

うちの近所の、地元の気さくな本屋さん・スガイ書店さんからも「ほめシャワ」のご注文あり。お近くのかたはスガイさんにどうぞ。telは、076-289-4131

月曜は、とても意外な二人が、ランチがてらうちに寄り、発送助っ人をほんの少しの時間でもしていってくださるという。それを口実に逢えることも、またお恵みのよう。

    ほめ言葉のシャワーのご購入についてはコチラ

  お取扱店さんについてはコチラをご覧下さいませ。

|

2010年2月 3日 (水)

今日の紅茶は・・・

「クローズアップ現代」の火曜日から、今日で一週間たった。まだお返事しきれていないメールもいっぱいで、焦りまくる。faxやお手紙にいたっては、とてもお返事のしようがないので、ふかぶかとお辞儀して、「待っててくださいませ!」と念じるしかなく・・・。みなさん、待っていてくださいね!

お申し込みやお返事メールで、「急ぎませんから」「ゆっくり待ちます」「返信はいりませんよ」などなど、気遣ってくださる言葉に出逢うたび、ほっとします。ありがとう。

今日の紅茶にみえるかたへ。お手伝いしてほしい、こまごましたことがたくさんあります。いのみら通信の刷り上ってきた日みたいに、明日は、手作業日になりそう。あ、でも、雪がもしひどかったら(80センチ降る!とか天気予報で聞き)、決して無理に来ないでくださいね。

私に似ず、help!と、ひとに助けを求めるのが苦手な娘も、今回ばかりは切羽詰って、お願いの声をかけている。手を貸してくれるともだちのいるありがたさ。電話で支えてくれる存在のありがたさ。迷惑かけあう仲って、いい。かけあえる関係こそ、大切、って思う。支えてくださる方たち、ありがとう、と石川から。

明日は、金沢大額の、bookショップ・リードさんが本をとりにきてくれる。野々市のフェアトレードショップalさん、片町の福音館書店さん、鶴来のもく遊りんさん、宇吉堂さん、コニーズ・アイさん、にも、今なら在庫があると思います。金沢ちかくのかたは、どうぞそちらへ。

  ほめ言葉のシャワーのご購入についてはコチラ

  お取扱店さんについてはコチラをご覧下さいませ。

|

2010年2月 1日 (月)

お詫びとお願いです

大変申し訳ないことに、  

ただ今のところ、『ほめ言葉のシャワー』のご注文が殺到しており、

それぞれの方に、お届けの時期をはっきりとお約束することができません。

2ヶ月先か、3ヶ月先になる可能性もあります。

ご迷惑をおかけいたしますが、個人での作業となりますので、

ご理解いただけましたら幸いです。

※注※

水野と中西と、どちらもご注文をお受けしておりますが、

離れて暮らしているため、ご予約リストをつき合わせて確認することができません。

どちらにもメールをいただいた場合、それぞれのリストに追加され

重複してご注文をお受けすることになりますので、

メールの宛先は、ひとつに絞ってのご連絡をお願いいたします。

これまでに重複して送られている可能性のある方は、

お手数ですが、その旨ご連絡ください。

mai works 中西

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »