« 好きなこと | トップページ | まるびぃのミュージアムショップ »

2010年3月24日 (水)

ある日のともの時間で

月いちのともの時間に、来だしてまだ3回目の若いひとが、ふりかえりの時間にぽろりと言ったこと。

「ここって、いつも必ず明るいきもちになって帰れるところ」

へえ~!そんなふうに思ってくれてたんだ。うれしいなあ、でも不思議だなあ。ここでは誰も、誰かを励ましたり、ポジティブthinkingを押し付けたりはしてないのにね。

ともの時間のことをいちおう、コミュニケーションの練習をする場、とひとには言ってるけど、本当は、自分のきもちを見つめるところ、そして静かに聴いてくれる仲間たちの存在に助けられながら、自分のきもちに少しずつ気づいていくところ、と私は思ってる。

そしてまた、「たい」をとても大切にするところだとも。

その若いひとがこの日、「自分の思ってることをちゃんと、伝えたい相手に、伝わるように、伝えたい」といったものだから思わず、そうそう、その「たい」が大事!って拍手してた。

「たい」からはじまることが、いっぱいいっぱいある。

「たい」は、希望だったり、願いだったり。具体的な、その「たい」に向かって、仲間たちの知恵や経験をわけてもらいながら、具体的な練習もする。一人じゃとても思いつかない、名案、珍案。そこからまた笑い声と一緒に、あたらしい気づきも生まれてく。

|

« 好きなこと | トップページ | まるびぃのミュージアムショップ »